先日の外来で、多発関節炎を主訴にした初診の若年女性患者さんの診察を行いました。
両手指のPIPJとMPJの7関節、および両肩・膝関節・前足部に腫脹を認めます。


単純X線像でも手指のMP関節で関節裂隙の狭小化を認めました。ACR/EULAR分類基準は血液生化学検査が未なので4点ですが、高い確率で6点を越えることが予想されます。


抗CCP抗体等の血液生化学検査の結果がでるのに数日かかるのですが、初診の段階で関節リウマチの治療を開始する前提で診察を進めました。


1週間後に血液生化学検査のデータが出揃った時点でMTX投与を開始するつもりなのですが、若年女性の場合はひとつの問題があります。


それは「MTX投与中は妊娠してはいけない」ことを告知する必要があることです。若年女性の場合には挙児希望が無くても妊娠する可能性があります。


MTXは極めて催奇形性が高いです。MTXガイドラインでは妊娠希望の場合、少なくとも3ヵ月前にはMTXを中止する必要があると記載されています。


しかし、私的には3ヵ月では気持ち悪いので、できるだけ半年前からMTXを中止するようにしています。計画的に妊娠・出産する場合でさえも気を使わざるを得ません。


MTX投与中に前触れなく妊娠してしまった場合には、計画的に妊娠・出産する場合の比では無いぐらい大変なことになります。


そのまま出産することは極めて重大な結果を引き起こすため、患者さん・主治医ともお互いに非常に大きな精神的な負担になってしまいます。


このようなことを念頭に置いたうえで、MTX服用中の妊娠は絶対に避けるべきことをあらかじめ説明しておくことが必要だと思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                            関節リウマチ治療実践バイブル