人工股関節全置換術(THA)を施行する際、私は術中ナビゲーションを使用しないので、術前の体位設定には細心の注意を払っています。


実際にはこちらのような感じで体位設定していますが、術後画像を確認すると、ときどき「術中に動いたかも?」と感じることがあります。


使用している universal lateral positionerはかなり強固な固定を期待できるため、ちょっとやそっとでは動きそうにないのですが...。


試しに術前の体位設定を終了した段階で、透視下に股関節を外転したり屈曲内旋してみて、骨盤(寛骨臼)が動くか否かを確認してみました。


その結果、、、なんと股関節外転するだけで、そこそこ寛骨臼が動くではないですか!どうやら universal lateral positionerは完全に骨盤の動きを制御していないようです。


もちろん、肢位を戻すと骨盤も元に戻ります。しかし、寛骨臼にカップを設置する際には、微妙に術前の体位設定とは異なる状態になっている可能性を否定できません。


どれぐらい骨盤が動くのかは、術中透視で確認しても微妙過ぎて分からないでしょう。しかし、術者は骨盤が
多少動いている可能性があることを意識しておくべきだと思いました。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です