先日、膝関節前方不安定性の画像評価を行う機会がありました。KT-2000などを使用したのではなく、徒手的にストレスをかけたのは場末病院のご愛敬ということで...。


さて、ストレス下の膝関節側面像を撮影しますが、左右を比較するとどうしてもある程度の回旋が生じてしまいます。


このような場合には、大腿骨内外顆の中点/脛骨内外顆の中点を通過する関節面垂線を作図し、その 2線間距離を用いて前方引き出し不安定性を測定するそうです。


つまり、下のような計測は、大腿骨顆部はほぼそろっているものの、脛骨に回旋がある状態を補正していないため誤りになります。


1 - コピー




正確には下のような計測となります。こちらは脛骨内外顆の中点を通過する関節面垂線になっています。この2つの画像での測定結果の誤差は 5mmにも達します。


2 - コピー



これだけ大きな誤差だと検査を行った意味がありません。膝関節の前方不安定性を計測するときには大腿骨・脛骨顆部の回旋には注意しなければいけませんね。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。