日経新聞で興味深い記事がありました。
医師・看護師を一元把握、緊急時に備え マイナンバーで です。


厚労省によると19年末時点の国家資格保有者は医師が57万人、看護師が207万人だ。死亡者を含む数字で厚労省は「遺族の9割が届け出ていない」と推測する。

18年末の看護師の就業者数は121万人だ。19年末の207万人とは90万人近い差があるが、その中に死亡者や復職の可能性がある人がどれだけいるかはわからない。



これには本当に驚きました。この程度のことが管理されていないとは...。医師免許保有者が57万人ということは、現在の医師数の約 2倍です。


これほど数が増える理由は、死去しても医師免許が返納されないことが原因です。たしかに、死亡したら(家族が)医師免許を返納したという話は身近で聞いたことがありません。


当然のごとく、勝手に医師免許も抹消されるものと思っていましたが、縦割り行政ではそのようなことさえもが出来ていなかったようです...。


よく考えると、家族が死亡した際には、各役所にいろいろな届け出を提出する必要があることを思い出しました。数が多くて混乱してしまいます。


特に社会保険関係は、これまでも死亡したにもかかわらず家族が年金受給停止を申告しない例が全国的に多発していました。すべて縦割り行政の弊害と思われます。


そして今回判明したことは、縦割り行政のために医師数も把握もしてこなかったという信じ難い状況です。いろいろ議論はありますが、マイナンバー導入が急がれますね...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします