新型コロナウイルス感染症の裏側で、インフルエンザ、感染性胃腸炎、水痘、手足口病、流行性角結膜炎などの感染症が激減したことは良く知られています。


その理由として、ウイルス干渉という仮説を唱える人もいますが、新型コロナウイルス感染症の有病率や罹患率が極めて低い日本においては該当しない可能性が高いです。


おそらく、マスク着用、手洗い、社会的距離の実践などの新型コロナウイルス感染症対策が、他の感染症流行の抑制に効果があるのでしょう。


一般的に、感染症流行激減は喜ばしいこととして受け止められています。しかし、本当に社会にとって望ましいことなのでしょうか?


私は整形外科医なので、小児科や内科などの感染症激減が経営に直結する科ではありません。このため、第3者の立場で意見を述べてみたいと思います。


まずこの1年間で自分の身に起こったことを振り返ってみます。新型コロナウイルス感染症対策が実施され始めた2020年3月から今年初頭までは、感冒症状が全くありませんでした。


ところが、3月ぐらいになってから熱発しないまでも軽い咽頭痛などの感冒様症状をときどき自覚するようになりました。


2020年3月以降はウイルスや細菌に暴露される機会が激減したため、極論すると無菌室に居るような状況でした。このため以前に比べて免疫力が落ちたのではないかと考えています。


この状態が1年続くと、免疫力が落ちた状態が恒常化してしまうため、より少ないウイルス量でも感冒症状を惹起するようになったのではないでしょうか。


このことは幼児で特に問題になりそうです。例えば、水痘ウイルスに暴露されて免疫を獲得するべき時期に、過度の感染対策のために暴露されず将来に禍根を残す可能性があります。


今のような異常な状況が永続するとは思えません。いずれかの時期に withコロナとなって、現在の状況が緩和されるはずです。


その時には、社会全体で低下してしまった免疫力のために感染症が大流行してしまうことを危惧しています。何事もやり過ぎは大きな副作用を産んでしまうと思います。


私は、1990年台にインド、中国、アフリカなどに1~2ヵ月の間、バックパッカーとして何度か行きました。当時は衛生状態が極めて不良だったので渡航当初は体調を崩しました。


しかし、1ヵ月も現地に滞在していると身体も不衛生な環境に慣れてしまいました。このような経験から、私は日常的にウイルスや細菌に暴露されることに寛容です。


単に衛生観念に乏しいと言ってしまえばそれまでですが、過度の感染予防対策は種としての免疫力を弱めてしまう可能性があることを危惧しています。


もう少し、ウイルスや細菌などの汚いモノ
(?)に対して、寛容になってもよいのではないでしょうか。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。