ゴールデンウィークの終盤に差し掛かりました。
昨年に引き続き緊急事態宣言下のエリアもあり、先の見えない状況が続いています。


米国、イギリス、イスラエルなどでは、ワクチン接種率が集団免疫達成に近いレベルにまで進んでいることから規制が緩和されつつあり出口が見えつつあります。


中国では膨大な人口を抱えているため接種率こそ低いものの、管理社会なので徹底的に新型コロナウイルス感染症を抑え込んでおり、米英と同様に規制緩和に向かっています。


各国のそれぞれの状況が異なるので、出口の見えない日本との差異について一概に言えませんが、ひとつ言えることは、コロナ禍で日本の弱さが白日の下に晒されたと思います。


既に蔓延期に突入おり、ワクチン接種速度も遅いため、緊急事態宣言を繰り返しても根本的な解決には至らず単なる問題の先送りに過ぎません。緊急事態宣言の先に何も無いのです。


緊急事態宣言という、竹やりでB25を撃退する的な精神論に近い対応に始終するだけでなく、米英や中国との差異を研究するべきでしょう。


やはり、その際の検討項目は
  1. 低い軍事費の見直し(例:モデルナは戦時の生物兵器対策として米軍から経常的に補助を受けている)
  2. 非科学的なワクチン論争を排する(例:子宮頸がんワクチン)

の 2点だと思います。国力が低下した日本では、強い意志をもって効率的な資源利用を考えるべきだと思います...。




前振りが長くなりましたが、GWは立山黒部アルペンルートに出かけています。例年は GWに旅行など考えられないですが、コロナ禍では人が少なくガラガラです。


前から行ってみたかったのですが、長期休暇では海外やビーチを優先するため、中途半端な距離の国内は後回しにしてきました。それが今回のコロナ禍で生きてきました。


今回は長野県側からアプローチですが、関電バスの改札のおじさん曰く、例年は切符を購入するだけでも 1時間半待ちだそうです。切符売り場はあまり人が居ずガラガラでした。



1



前日が猛吹雪で欠航していたため多少人が増えたはずですが、それでもこの状況です。上の画像のように黒部ダムもほどんと人が居ませんでした。


立山黒部アルペンルートのハイライトである雪の大谷では、4月に行ったニセコよりも雪質が良く、文字通りのパウダースノーでした。



2



例年は長野県から富山県に抜けるのに7~9時間ほどかかるようですが、今回は待ち時間がほぼゼロだったので 5時間弱で抜けてしまいました。


富山市では駅前に宿泊しましたが、緊急事態宣言下のエリアと異なり、営業時間の制限がありません。20時過ぎても営業していることに感動しながら居酒屋で海の幸を堪能しました。


やはり、コロナ禍では非常に生活の制限を受けていることに改めて気付かされました。雑踏に出ないことを徹底しながら、人の行く裏に道あり花の山を実践しようと思います。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙