最近、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進んでいることを感じます。外来通院している患者さんでも、接種済みや具体的な接種日が決まっている人が多いのです。


このような状況になってくると、予定手術の日程とワクチン接種の関係を患者さんから聞かれる機会が増加しました。日本麻酔科学会のHPに下記資料がありました。






上記は厚労省の正式な発表ではないのですが、日本麻酔科学会なのでそれなりの信頼性がありそうです。


上記によるとワクチン接種から予定手術までの期間は、CDCではワクチン接種から2週間、英国RCS(Royal College of Surgeons of England)では数日空けると記載されています。


いずれもエビデンスがあるわけではないのが注意点ですが、あれだけワクチン接種が進んでいる両国の事例はおおいに参考になるでしょう。


今回のファイザー社製ワクチンは 2回接種が原則なので、2回目のワクチン接種が終了して 2週間経過すれば予定手術解禁というのが現実的だと思います。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です