先日、人工股関節全置換術(THA)後の頻回脱臼症例に対するライナー交換の手術がありました。ライナー交換などカンタンと思いがちですが軟部組織を温存すると難しい手術です。


さて、今回の手術ではインプラント設置角度に大きな問題はなく、カップやステムの入れ替え適応はありません。股関節の緊張も緩くないのでネック延長も不要そうです。


このため、これまでのフラットライナーをリップ付きライナーに交換するという術前計画になりました。リップ付きライナーを見るのは久し振りです。


ひと昔前は
リップ付きライナーが主流でしたが、最近の傾向としてはフラットライナーが選択されることが多いと思います。


フラットライナーでは前方脱臼の心配が減るので気楽です。これまでフラットライナーで困ることは無かったので何の疑問も無く使い続けていました。


しかし、今回久し振りにリップ付きライナーを使用すると、股関節の安定性が格段に向上することに気付きました。あれっ、リップ付きライナーも意外と良いかも...。


トライアル段階で股関節の後方安定性にやや不安のある症例では、フラットではなく、昔のようにリップ付きライナーを使用するのも良いかもしれません。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です