米国株は史上最高値圏で推移していますが、その他の地域は軟調です。日本株も例に漏れず弱含みしています。要因は複数あると思いますが、そのうちのひとつが中国株の低迷です。



上海 - コピー



上記は上海総合指数ですが、この1週間で大きく調整しているのが分かります。オンライン家庭教師事業の非営利化が検討されていると報道されたことがきっかけです。


他の業種にも拡大される懸念が連想されました。このところ IT企業への政府による締め付け圧力が増大しています。彼らの至上命題は政権維持なので経済的合理性は関係ありません。


ここまでは単なる外国の市場分析ですが、中国のオンライン家庭教師事業の非営利化(=共産党による民間の富の収奪)のニュースにほろ苦い感覚を覚えました。


つい先日、世界最速ビジネスモデル 中国スタートアップ図鑑を読んだばかりで、若き中国人起業家の熱いストーリーに感動したところだったからです。






中国スタートアップの第3世代の登場人物のひとりが、米中を繋ぐオンライン英会話サービス「VIPKID」を創業した Cindy Miでした。


VIPKIDは非上場ですが、共産党によるオンライン家庭教師事業の非営利化が実施されると、苦労して築き上げたユニコーンを国家に収奪されることになります。


アリババのジャック・マーでさえも、共産党の前ではゴミ同然の扱いです。独裁的権力の前では、世界的な成功者と言えども無力であることを痛感しました。


それは中国という強権国家の特殊例でしょ、と言いきれないことが悩ましいところです。日本や米国においても、国家は強面な側面を持っています。


日本の場合、苛烈を極める税制のために資産を次の世代に遺すことが難しいです。いくらがんばって社会的成功を収めても、次の世代に遺せないとモチベーション維持が困難です。


米国では一度米国市民権を持ってしまうと、世界中のどこに住んでいても税を取り立てられます。世界最強国家の前では、スイスのプライベートバンクでさえ膝を屈したほどです。


日本では左翼系マスメディアの力が強いため、国家権力の力が矮小化されがちです。しかし、国家権力の強力さを見誤るとトンデモナイ災難が身に降りかかります。


卑近なところでは警察権力や課税庁ですが、彼らの前で目立つことは自殺行為と言ってよいでしょう。繰り返しますが、国家権力を甘く見てはいけません。


人生を上手く渡っていくためにも、表立っては国家権力に逆らわないように充分注意する必要があると思います。院内で医師は最強かもしれませんが世の中コワイ人だらけなのです。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー