先日、大学の先生と一緒に人工股関節全置換術(THA)に入る機会がありました。一流の術者と一緒に手術ができるのはありがたい環境です。


さて
同門とは言え、所属施設が異なる股関節外科医が集まると話題になるのは、どのインプラントを使用しているの? です。


私はセメントレス派、かつ 3Dポーラスは嫌い派です。3Dポーラスのカップは初期固定性が良いのですが、少し経過すると高率にカップ周囲の Radiolucent lineが出現します。


Radiolucent lineの出現は、某社の招待で米国のニュージャージーに行った際に、各大学の股関節外科医から相次いだ意見でした。


その印象もあったので 3Dポーラスは嫌い派になったのですが、最近では大学の先生も 3Dポーラスのカップに懐疑的になっているようです。


ソースは、がみたけ先生のブログでもご紹介されているフィンランドの国家レジストリーをもとにした報告なのでしょう。


現時点で成績が出ているのは Tritaniumだけですが、他のカップも怪しいです。3Dポーラスのカップがダメな理由はよくわかりませんが、結果は厳粛に受け止めるべきだと思います。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です