最近、私は投資戦略を若干修正しています。
具体的には投資するタイミングを従来よりも少し早めにしているのです。


これまでの私であれば、金融資産投資・不動産投資とも 10年以上の超長期においても最安値圏に沈んでいるセクターに逆張り投資していました。具体例は下記のごとくです。


  • 1999年 金(ゴールド)現物
  • 2001年 資源国通貨
  • 2004年 不動産
  • 2008年 J-REIT
  • 2012年 不動産、電力株
  • 2015年 産金株
  • 2016年 欧州銀行株
  • 2020年 J-REIT、資源株
  • 2021年 地銀株


不動産はそこそこコンスタントに買っていますが、金融資産に関しては余程投げ売りされない限り投資しないことを信条にしています。


しかし、2020年に発生したコロナ禍に対して主要国家が空前の規模で財政出動をしたことで、日本円も含めた各国通貨への信認に疑問符を抱くようになりました。


行き着く先は全通貨価値の下落だという大胆な仮説に至ったのです。これまで cash is kingなので、現金は宝石だとみなしてきました。


しかし今では現金は「クズ」という感覚が抱いてしまいます。クズ通貨の筆頭は米国ドルやユーロですが、日本円も含めて安心できる通貨はほとんどありません。


この大胆な仮説から、早目に現金を「真に価値のあるモノ」に交換しておこうという戦略を採るに至りました。


今回の m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第41回では、アフターコロナは不動産と株式を買え!と題して私の考えを詳述しました。


今回の投資戦略の変更がどのような結果になるのか現時点では不明です。杞憂に終われば世界はハッピーですが、守るべきモノがある人は一度私の考えを検証してみてくださいね!







★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1