日整会誌95:622-627 2021に興味深い教育研修講座がありました。金沢大学の加畑先生による Crowe group Ⅲ/Ⅳに対する人工股関節全置換術 -術前計画と手術の実際- です。


なんともマニアックなお題ですが、股関節外科医的にはとても興味を惹かれます。冒頭で高位脱臼股の疫学を解説されています。


1970年代以降は乳児検診が一般化したことで、Crowe group Ⅲ/Ⅳの患者さんは激減しました。患者さんの高齢化も顕著で、あと20年すると日本人症例がゼロになるかもしれません。


おおっ、それは股関節外科医にとって朗報だ!と思ったのですが、加畑先生は発展途上国では依然として症例数が多く日本人医師が治療機会を失うことは無いだろうと述べています。


う~ん、Crowe group Ⅲ/Ⅳなどまっぴらごめんと思っている場末病院の股関節外科医と、大学の看板を背負っているスペシャリストの感覚の違いは大きいですね(苦笑)。


話は具体的な手術手技のコツに進みます。最大のヤマ場である寛骨臼のリーミング部分では、かつて執刀した症例を思い出してしまい、読んでいてドキドキしました(笑)。



たしかに Crowe group Ⅳのカップ設置では、寛骨臼後壁の張り出している部分を大胆に削るのが正解なのですが、紙上にもかかわらず痺れますね~。


診察の空き時間に拝読していたのですが、ひとりで手に汗握ってしまい苦笑いしてしまいました。久し振りにエキサイティングな瞬間でよかったです。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です