この1ヵ月ほどひどい腰痛に悩まされています。「ミイラ取りがミイラになる」の典型例ですが、この体験で患者さんはなぜ医師の言うことを聞かないのかが分かった気がしました。



腰痛外来アルアルは、

  • こちらが鎮痛剤を処方したのにきっちり服用していない
  • ある程度の安静指示にもかかわらず守らない
ではないでしょうか。


私も結構な腰痛だったにもかかわらず、例に漏れずロキソニンを服用し忘れていました。あと、腰痛が残存しているにもかかわらず、ボクシングジムに行ったりしています(苦笑)。


ロキソニンを服用し忘れるのは、仕事が忙しくて気付けば寝る前だったというつまらない理由です。また一晩寝るとロキソニンを服用することをすっかり忘れてしまいます...。


毎日コレの繰り返しで気付けば1ヵ月近く経過していました。さすがに心配になって腰椎 MRIを施行したのですが異常所見が無かったので輪をかけていい加減になりました。


腰痛が続いているのに鎮痛剤も服用せず、ボクシングジムに定期的に通う等の不良患者さんが来るとイラっと来ますが、それを地で行っているのが自分です。


毎日忙しくて腰痛なんかに構っていられない!というのが正直な気持ちです。完全に開き直っていますが、意外と困った外来患者さんもこのように考えているのではないでしょうか。







管理人 お勧めの医学書

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です