THAや TKAの症例で、術後1週間を超えても創部から少しずつ浸出液が漏出し続けることをときどき経験します。創部に発赤は認めないものの何となく暗赤色っぽい色調です。


熱発はなく、血液生化学検査でも CRP/WBCとも術後感染を疑う結果ではありません。それにもかかわらず浸出液が少しずつ漏出し続けるのは気持ち悪いものです。


このような症例では、私は思い切ってクラビットもしくはミノマイシンを処方してみることにしています。ICTラウンドで見つかってしまうとキツクお叱りを受けそうです...。


しかし、ほとんどの症例で、処方を開始してから1~2日で創からの浸出液漏出が収まり色調も正常化します。これってマイルドな表層感染なのでしょうか???


本当は浸出液を培養に提出するべきなのかもしれませんが、仮に細菌が検出されてもコンタミと区別することは困難です。


人工関節全置換術後 1週間を超えても浸出液が漏出し続ける場合で明らかな PJIでなければ、マイルドな表層感染と考えて抗生剤処方もアリかもしれないと考えています。


各方面からお叱りを受けそうな過激な意見だと思いますが、チキンな私はやむを得ず抗生剤を処方してしまいます...。






管理人 お勧めの医学書

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。