先日、脛腓骨骨幹部骨折の髄内釘を施行しました。この手の外傷は久し振りだったのですが、少し間を置いていたからこそ気付いた点がありました。


下腿髄内釘のキモは何だと思いますか? 今回の手術で感じたのですが、脛骨近位の髄内釘エントリーポイント決めが最重要ではないかと思いました。


脛骨近位の髄内釘エントリー部の位置が至適だとさまざまなメリットがあります。まず髄内ロッドの刺入が容易であるため手術時間の短縮につながります。


またエントリー部の位置が遠位過ぎると脛骨前方皮質が縦骨折してしまい心臓に悪いです。そのような種々の術中トラブルを回避するため、エントリー部の位置を術前検討しました。


健側脛骨の骨軸を2方向で計測して、患者さんに即した位置を決定します。今回の症例では、正面像で脛骨外側顆間隆起でした。


術中透視でその位置を確認して、その直上で皮膚切開を加えます。意外と膝蓋腱の中央だったのでそのまま繊維方向でスプリットしました。


以前は膝蓋腱を傷つけないように側方に排除していましたが、これではエントリーポイントが至適になりにくいです。今回はそのようなストレスなくスムーズに手術が終了しました。


下腿髄内釘のコツは他にもいろいろあると思いますが、やはり脛骨近位のエントリーポイント決めが最も重要ではないかと感じています。





管理人 お勧めの医学書


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。