先日のコンピューター支援手術(CAOS)の話題の続きです。股関節領域のCAOSで、最も導入しやすいのは、ポータブルナビゲーションです。


さすがに、1台数千万円するナビゲーションシステムはなかなか導入できませんが、ほぼ無料で導入できるポータブルナビゲーションは使わない手はない、とも言えます。


TKAは knee alignment 2、THAでは AR-Hipなどが有名ですが、これら以外にも各社がポータブルナビゲーションを提供しています。


TKAに関しては、私は knee alignment 2ユーザーです。コレ無しでは手術をしたくないと思うほど信頼を寄せています。


一方、THAに関しては、未だに本格的には導入していません。その理由は、使用機種が限定されることと、腸骨稜にピンを刺入する侵襲性です。


これ以外にも、ロッドに取り付けたスマホの重さが気になります。何度かポータブルナビゲーションを使ってみましたが、どうも knee alignment 2のように導入する気になれません。


そしてTHAのポータブルナビゲーション最大の弱点は、距離や脚長のナビゲーションができない点です。THAのキモのひとつは、脚長差です。


これを計測するためには、ポータブルナビゲーションでは不可能です。この点をクリアできるものが登場すれば、すぐに導入するのですが...。






管理人 お勧めの医学書

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です





人工股関節全置換術