昨日、16物件目となる古ビルの決済が完了しました!
コロナ禍が猛威を振るう中、決済に立ち会えたのは我ながら褒めてやりたいです。


周囲の人が次々と新型コロナウイルス感染症に罹患していく中で、私だけケロッとしているのは普段の行いが良いからでしょう(笑)。


さて、周囲の医療機関ではエゲツない数の職員や患者さんが、新型コロナウイルス感染症に罹患しています。実態は、絶対に第7波を超えているはず。


いつ自分が罹患してもおかしくない緊迫した状況下で、決済日を迎えるのは初めての経験でした...。これで安心してコロナに罹患できるかもです。


冗談はさておき、物件決済後には業務が目白押しです。決済完了後に息をつく暇もなく物件に直行します。と言っても、自宅から徒歩2分ほどなのですが(笑)。


不動産業者様と、売主様の居なくなった居住スペースの確認をします。物件の説明と鍵の説明を受けて、募集方針について軽く話し合います。


その後、不動産業者様と入れ替えで、工務店の方と改装工事の協議を行いました。ぐるっと物件を回って、共用部も含めた改装工事を実施する部分を指示します。


これだけで決済完了から2時間以上経過してしまいました。すでに入居中のテナント様は営業開始しているので、あいさつ回りは後日にしました。


ヘロヘロになって帰宅してから、軽くジョギングに行きました。やはり1日1回ぐらいは汗を流さないとなぁ...。


工務店との協議では、最近の資材価格高騰が話題になりました。私が本格的に改装工事を実施したのは、2020年2月の自宅1号が最後です。本当にずいぶん昔の話です。


今とは全然状況が変わっています。サビ付いた改装工事の相場観をキャッチアップしながら、慎重に改装工事するポイントを取捨選択していきます。


ホント資材価格の高騰具合はハンパではありません。2020年までに改装工事した物件群のありがたみが身に沁みます。まだ工事費の安い時期にやっておいて良かった...。


さて、夜はお楽しみの祝杯です。物件購入や売却などのイベントがある時には毎回欠かさず祝杯をあげています。今回はミドボンで作った自家製のスパークリングワインですが(笑)







管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙