整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

感染

2類では最後のコロナ感染症対応ガイドラインが公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症の第8波が、そろそろピークを越えつつあります。今回はとんでもなく多かったですね。身近な医師もほとんどの人は、これまでに 1度は感染しています。


いよいよ4~5月には 5類に引き下げられる見込みです。このタイミングで日本環境感染学会は医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第5版)を公開しました。


私も一読してみましたが、現場に即した平易な内容でした。というか、ガイドラインに載っていることは、ほぼすべて日常業務にルーチン化されている事実に今更ながら驚きました。


これまで私はガイドラインを読んでいませんでしたが、院内の感染症対策を取り仕切っている医師が、これらの情報を適宜院内に適応してくれていたようです。


これまで、こんな事実にさえ気付きませんでしたが、本当に頭の下がる思いです。不勉強でアホな私たちを導いてくれていることに感謝しかありません...。


そして、今回のガイドラインが公開されたのは2023/1/17ですが、5類引き下げで内容が劇的に変化することが予想されます。


引き下げられてすぐにガイドラインが公開されれば混乱も避けられそうですが、なかなかそういう訳にはいかないでしょう。次回のガイドライン第6版は要注目ですね。





管理人 お勧めの医学書

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

整形外科医がレムデシビル処方するほどコロナは蔓延している

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症の感染爆発すごいですね...。統計データでは第7波に及びませんが、周囲の医療機関の状況を見ていると、肌感覚では確実に第7波を上回っています。


私の患者さんも続々と新型コロナウイルス感染症に感染しています。これまでは無症状や感冒症状の患者さんだけでしたが、遂に私の受け持ち患者さんで重症化しそうな人が...。


熱発とともに酸素飽和度が下がり始めたので、COPDの既往があったこともあり、速攻でレムデシビルを投与しました。まさか整形外科医の私がレムデシビルを処方するとは。


しかし、どこの医療機関もコロナ患者さんで溢れているので、いちいち内科医師にコンサルトしている余裕はありません。皆自分の受け持ち患者さんだけで手いっぱいです。


超高齢者の新型コロナウイルス感染症患者さんは治療の選択肢があまり無いので、治療方針の判断で迷うことはありません。レムデシビル処方して後は天に祈るのみだからです。


新型コロナウイルス感染症は弱毒化しているので、ほとんどの人にとってはただの風邪です。高齢者の中でもさえも、新型コロナウイルス感染症で重症化するのは一握り。


しかし、自分の受け持ち患者さんが重症化していくのを見ると何とも言えない気持ちになります...。とにかく回復を祈るばかりです。






管理人 お勧めの医学書

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です




整形外科研修ノート 改訂第2版



すでに潜在的感染状況は第7波のピークを越えているのでは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染者数が激増していると感じています。肌感覚では、おそらく過去最多規模です。しかし、ニュースでは新規感染者数は第7波を大きく下回ります。


その理由は、おそらく医療機関では無症状の人にまで濃厚接触者は全例抗原検査を継続しているため、無症状や軽症者が一網打尽にされるからでしょう。


実際、メイン勤務先の新型コロナウイルス感染者のほぼすべてが無症状~熱発のみです。そうは言っても、新規患者が発生すると出勤停止などで甚大な人的被害を被ります。


一方、周知のように世間では新型コロナウイルス感染症の制限がほぼ解除されているため、皆さんの感染症に対する心理的ハードルは劇的に下がっています。


街中に人が溢れており、多くの人が感染症に対してほぼノーガードと言って良いでしょう。マスクしていると言っても会食の機会が増えたので、ほとんど意味がありません。


ちなみに、私はこの世間の風潮を揶揄する意図は全くありません。私も彼らと同様に新型コロナウイルス感染症に対して比較的ノーガードに近いカタチで生活しています。


ただ、病院などのインフラ系施設では9月以前と同じ基準で動いているにもかかわらず、世間がノーガードなので、ギャップが大き過ぎて身動きできないことを問題視しています。


おそらく世間には第7波時以上に新型コロナウイルス感染症が蔓延しているはずです。数としてあがってくるのは氷山の一角に過ぎない。


その状況下で、医療機関だけこれまで通りの制限をかけていると、職場から人が居なくなるのは自明の理です。これ、かなりヤバイ状況だと思うのですが...。






管理人 お勧めの医学書

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

BCGワクチンのオフターゲット効果がファクターXなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneに興味深い記事がありました。
実証!BCGワクチンのコロナ予防効果 です。


BCGワクチンは結核予防のため世界的に広く用いられ、既に30億〜40億人が接種し、毎年1億2,000万人の新生児が接種しているという。これまでにランダム化比較試験(RCT)や疫学調査により、BCGワクチンは上気道感染症、ハンセン病、マラリアなど多くのウイルスおよび細菌感染症の予防効果を有することが明らかになっており、この広範な感染予防効果のメカニズムについて、現在活発に研究がなされている。



本研究の要旨は下記のごとくです。
  • BCGワクチンにはオフターゲット効果(結核予防という本来の目的を超えたウイルスおよび細菌感染症予防)が示唆されている
  • BCGワクチンの予防効果は92〜100%
  • 初回接種から2年で感染予防効果が最大となる


n数が少ないことが気になりますが、BCGワクチンは、いわゆる「ファクターX」の要因のひとつなのかもしれません。


もしそうであれば、BCGワクチンのオフターゲット効果は、未知のウイルスに対する最初の防波堤になる可能性が高そうです。古い医療も捨てたモノではなさそうです。







管理人 お勧めの医学書

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

未だにコロナはインフルエンザよりも死亡率が高い?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネットに新型コロナウイルス感染症とインフルエンザとの比較に関する興味深い記事がありました。新型コロナvs.季節性インフル、年齢別死亡リスクを比較/奈良医大 です。


気になる今回の研究の結論は下記のごとくです。

    • 80歳以上で1万7,192例vs.7,531例(同:9,661、95%CI:9,285~1万36)となった。
    • COVID-19とインフルエンザの年間死亡者数の差は、69歳以下では大きいものではなく、70歳以上で有意に大きかったため、高齢者を優先した感染対策が重要となることが示唆されている。


つまり、若年者にとって新型コロナウイルス感染症はインフルエンザと差は無いものの、70歳以上では、新型コロナウイルス感染症は2倍程度の死亡率になるという結果です。


今回の研究期間はオミクロン株が流行した時期です。「軽症が多い」と思われているオミクロン株ですが、依然としてインフルエンザよりも死亡率が高いようです。


今回の奈良県立医大の研究は、新型コロナウイルス感染症=インフルエンザという認識が広がっていることに対する一種の警鐘に思えます。


そうは言いつつも、インフルエンザの死亡率に近づいてきていることも事実です。全体のバランスを考えると、コロナよりも経済を回すことを優先するべきでしょう。


かなりインフルエンザに近づきつつあるものの、未だに高齢者の死亡率はインフルエンザを上回る。正確な知識で日常生活を送ろうと思います。






医学知見探求サービス


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。