整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

感染

過度の感染予防対策は免疫力を弱める?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナウイルス感染症の裏側で、インフルエンザ、感染性胃腸炎、水痘、手足口病、流行性角結膜炎などの感染症が激減したことは良く知られています。


その理由として、ウイルス干渉という仮説を唱える人もいますが、新型コロナウイルス感染症の有病率や罹患率が極めて低い日本においては該当しない可能性が高いです。


おそらく、マスク着用、手洗い、社会的距離の実践などの新型コロナウイルス感染症対策が、他の感染症流行の抑制に効果があるのでしょう。


一般的に、感染症流行激減は喜ばしいこととして受け止められています。しかし、本当に社会にとって望ましいことなのでしょうか?


私は整形外科医なので、小児科や内科などの感染症激減が経営に直結する科ではありません。このため、第3者の立場で意見を述べてみたいと思います。


まずこの1年間で自分の身に起こったことを振り返ってみます。新型コロナウイルス感染症対策が実施され始めた2020年3月から今年初頭までは、感冒症状が全くありませんでした。


ところが、3月ぐらいになってから熱発しないまでも軽い咽頭痛などの感冒様症状をときどき自覚するようになりました。


2020年3月以降はウイルスや細菌に暴露される機会が激減したため、極論すると無菌室に居るような状況でした。このため以前に比べて免疫力が落ちたのではないかと考えています。


この状態が1年続くと、免疫力が落ちた状態が恒常化してしまうため、より少ないウイルス量でも感冒症状を惹起するようになったのではないでしょうか。


このことは幼児で特に問題になりそうです。例えば、水痘ウイルスに暴露されて免疫を獲得するべき時期に、過度の感染対策のために暴露されず将来に禍根を残す可能性があります。


今のような異常な状況が永続するとは思えません。いずれかの時期に withコロナとなって、現在の状況が緩和されるはずです。


その時には、社会全体で低下してしまった免疫力のために感染症が大流行してしまうことを危惧しています。何事もやり過ぎは大きな副作用を産んでしまうと思います。


私は、1990年台にインド、中国、アフリカなどに1~2ヵ月の間、バックパッカーとして何度か行きました。当時は衛生状態が極めて不良だったので渡航当初は体調を崩しました。


しかし、1ヵ月も現地に滞在していると身体も不衛生な環境に慣れてしまいました。このような経験から、私は日常的にウイルスや細菌に暴露されることに寛容です。


単に衛生観念に乏しいと言ってしまえばそれまでですが、過度の感染予防対策は種としての免疫力を弱めてしまう可能性があることを危惧しています。


もう少し、ウイルスや細菌などの汚いモノ
(?)に対して、寛容になってもよいのではないでしょうか。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、私も新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種しました。三角筋に打つと肩が結構痛くて腕があがりにくくなるとのことなので、中殿筋に接種しました。


新型コロナウイルス感染症のワクチンごときで、日々の日課(筋トレ)を中断するわけにはいかないのです(笑)。


さて、今回は筋注なのですが、多くの注射は皮下注です。病棟の看護師さんに訊いても、ソセゴンやフェノバールぐらいしか筋注の経験は無いそうです。


ちょうど、日本医師会が筋肉注射の手技を解説していたので、備忘録として記載します。

  • 注射部位は三角筋の肩峰より2~3横指下中央
  • 三角筋をつままず、広げて皮下組織を固定する
  • 注射針は皮膚に直角に刺入
  • 刺入の深さは13~2mm
  • シリンジ陰圧確認は行わない
  • 抜針後は揉まない


体型によって刺入深度が変わるところがポイントだと思いました。私たち整形外科医は、関節注射や腱鞘内注射の際に、日常的に針先で組織を感じながら刺入します。


このため、筋膜を貫く感覚は分かるのですが、大量に接種する場合はイチイチ筋膜を貫く感覚を確認しながら刺入しないかもしれません。


刺入深度が深くて骨に当たっても問題ないですが、
三角筋に関しては整形外科医的には肩峰下滑液包内に誤注入することを危惧します。その意味でも中殿筋がベターだと思いました。


ちなみに中殿筋への接種では、クラークの点(上前腸骨棘と下前上後腸骨棘を結んだ線の前方1/3)が摂取部位の目安となります。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



Girdlestone手術では筋弁を忘れずに

このエントリーをはてなブックマークに追加


人工股関節全置換術(THA)は非常に完成された治療法ですが、時として重篤な合併症を併発することがあります。代表的なものは感染でしょう。


比較的頻度は少ないものの、発生した時には治療に難渋します。TKAの術後感染より若干予後が良い印象は受けますが、楽観視できる状態ではありません。


通常は力業で感染を制御しますが、いろいろな患者さん背景のため、最終的に感染コントロールできない症例も散見します。


こうなってしまうと、人工関節をすべて抜去して、いわゆる Girdlestone手術を施行せざるを得ません。しかし、Girdlestone手術を施行すればそれで OKというわけにはいきません。


人工関節後感染の本態は骨髄炎なので、単にインプラントを抜去しただけでは骨髄炎を制御できないからです。腐骨を掻爬しても、寛骨臼~大腿骨近位部に巨大な死腔が残ります。


この死腔が存在するかぎり感染制御は難しいです。このようなケースでは股関節内にできた大きな死腔を埋める必要があります。具体的には筋弁です。


残存している筋肉を有茎で股関節内に持ってくることで、①死腔を充填 ②血行のある組織なので感染制御に資する という効果が期待できます。


股関節外科医にとって絶対に施行したくない手術ですが、どうしても感染制御できずに Girdlestone手術を施行せざるを得ない症例では、筋弁を忘れないようにしましょう。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が股関節外科の基礎および治療体系を学習するにあたり最もお勧めの書籍です。日本を代表する執筆陣が股関節外科に関するあらゆる事項を、非常に分かりやすく解説しています。この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できると思います。


         




医師なら自分の HBs抗体価を測っておこう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


針刺し事故は一定の確率で発生します。
このため、われわれ医療従事者はB型肝炎の予防接種を受けておく必要があります。


おそらく、ほとんどの方はB型肝炎の予防接種を受けているはずですが、私のようなベテラン(笑)は、ワクチンの効果が切れている可能性があります。


B型肝炎ワクチンを接種すると、血中でHBs抗体が産生されます。医療関係者のためのワクチンガイドライン第3版によると、
HBs抗体価が 10mIU/mL以上で免疫獲得とのことです。


B型肝炎ワクチンは若年者であるほど免疫獲得しやすいです。乳幼児であればほぼ100%獲得しますが、40歳未満では92%、40歳以上では84%に低下するようです。


一度免疫を獲得すると、30年以上も発症予防効果が認められるそうです。そうは言っても確実ではないので、ワクチン接種から年月の経った人は、HBs抗体の測定をお勧めします。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

ウレタンマスクは伊達メガネと同じだった!

このエントリーをはてなブックマークに追加


東洋経済オンラインで興味深い記事がありました。実験で新事実「ウレタンマスク」の本当のヤバさ です。ややキャッチーなタイトルですが、ウレタンはダメだなと実感しました。



555 - コピー



東洋経済オンラインより転載



国立病院機構仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター長の西村秀一先生の研究によると、結果は上グラフのごとくでウレタンマスクがほぼスカスカであることが分かります。


飛沫の飛散防止の観点では、ウレタンマスクは全く意味が無いようです。このグラフがリアルワールドでも近似しているとすれば、ウレタンマスク=マスクしていない、と同義です。


たしかにウレタンマスクの人は非常に呼吸が楽そうです。不織布マスクでボクシングを 1ラウンドすると海底に居るほど苦しくなりますが、ウレタンマスクの人は全然平気です。


ウレタンマスクがスカスカで意味の無いことが実験的に示されたわけです。この事実は、私たちの日常診療に重要な示唆を与えます。


それは、ウレタンマスクの人はマスクをしていない人として扱う必要があることです。ウレタンマスク患者さんは飛沫が飛びまくるので、フェイスシールドが必須となります。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。