整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

金融資産投資(国内)

忘れ去られた地銀株がソロリとテイクオフ?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

地銀株が地味に上昇傾向にあります。
おそらく誰も地銀株には興味が無く、忘れ去られた業種と言ってよいでしょう。


投資していると告白することさえ恥ずかしい将来性ゼロの終わっている業種ですが、私は物好きにもコツコツと買い進めてきました。もうホント、我ながら変な人です(笑)。


地銀株は全部で 70銘柄ほどありますが、千葉銀行、横浜銀行、静岡銀行、京都銀行、ふくおかFGなどのごく一部の優良銘柄を除くと地を這うような株価です。


昨年の年末から地銀株の研究を重ねてきましたが、調べれば調べるほどダメな業界です。当初、PBRが破壊的に低いのは大きな投資妙味と考えていました。


しかし通常の企業と異なり、銀行の PBRはアテになりません。その理由は銀行の資産は融資残高(融資先への債権)だからです。不動産と異なり全く根源的価値が無いのです。


不動産投資家の間では常識ですが、仮に融資先が焦げ付いたときには簿価の1%程度でサービサーに売却されます。つまり銀行のPBRは 0.01ぐらいになってもおかしくありません。


2021/9/3現在で最も PBRが低いのは栃木銀行で0.11です。おっ、安いと感じますが、さらに1/10ぐらいになっても不思議ではないのです。


銀行株に投資する際には PBRはほとんど参考になりませんが、不動産投資家の立場で考えると、どんな地銀下位行であっても融資を引くのに四苦八苦することに気付きます。


つまり銀行は堅い貸し出し先にしか融資をしないのです。私も某地銀の PBRの分母を構成する微小パーツですが、自分が PBRの分母の一部ならそれなりに安定しているかも(笑)


というわけで、クソみたいな地銀も含めて約30の銘柄に分散投資を行いました。どの銘柄も驚くほど配当利回りが高いですが、意外と株主優待も充実している銘柄が多いです。


1年以上保有の条件が多いものの、群馬銀行、めぶきFG、池田泉州HD、四国銀行、山口FGは保有期間制限がなく、群馬銀行は地ビール、池田泉州は日本酒の古酒をいただきました。


株主優待目的の投資は邪道ですが、地銀に関しては株主優待を実施する体力のあるところはそれなりに安定的な銀行なので、ひとつのスクリーニングになると思います。


まぁ、世の中で地銀に投資して喜んでいるバカは私だけの可能性が高いと思います。数年後には泣いている可能性が高いので、賢い人は地銀株に近寄らない方が良いでしょう。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




海運の超絶好況で郵船のタダ株化達成か?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、時間があったのでオペレーティングリースの復習をしていました。オペレーティングリースの主な原資産は、①航空機 ②船舶 ③コンテナ です。


今回は鉄板の①航空機だったのですが、②船舶もそこそこあるようです。ただし、航空業界と異なり、海運は市況業種なので収益性の浮き沈みが激しいです。


興味本位に海運関係の状況を調べると空前の好況であることを知りました。コロナ禍での人手不足の問題も影響して、コンテナ船の運賃市況が高騰しているのです。



210814 - コピー



上記は日本郵船(9101)の超長期チャートなのですが、コロナ禍以降の株価上昇がハンパ無いことが分かります。2021/8/13時点の株価は8040円です。


ちなみに私も申し訳程度に日本郵船を400株だけ所有しています。2012年に当時としては20年来安値に沈んでいた郵船株を平均株価1747円(投資額 698,996円)で購入しています。


今期の予想配当は700円/株なので現在の株価でも配当利回りは8.7%ありますが、私の場合は今期配当が28万円となり、購入時利回りが 40%を超えていました。


可能性は高くないですが、この空前の好況があと 1年続くと、配当だけで日本郵船が「タダ株」化します。


私が所有しているタダ株は J-REITおよび牛丼関係の株式ですが、今回のような爆発的な好業績にリンクした配当激増によるタダ株化は初めてです。


もちろん海運は市況株なので、高率に来年は株価が下落すると予想しています。このため現時点で100株売却することで、配当を考えるまでもなくタダ株化する選択肢もあります。


しかし、B&Hによる譲渡益課税の先送り、およびピケティの r>g を盲信にしている私は、今回も売却せずに郵船株を所有し続けようと思います。


一般的な株式投資家からすれば「アホなんですか?」という感覚なのでしょうが、今後 20年以内にもう 1回ぐらいは海運業界の超絶好況が到来する確率はあると考えています。


S&P500やTOPIXなどの指数の B&Hと異なり、個別株はいくら日本郵船と言えどもそれなりのプレッシャーはあります。


しかし、たくさんの銘柄に分散投資(ほとんどが20~30年来安値で取得)しているため、仮に日本郵船が倒産して紙切れになっても、他でカバーできると信じています...。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




株価下落時に配当を得る権利を大量に収集しろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国株式市場では指数自体は高値圏を維持しているものの、その内訳をみると大きな変化が観察できます。それはグロース株の復権とバリュー株の退潮です。


相対的に日本株はバリュー株の比率が高いため、日本株の指数は軟調な展開です。私が主に取り組んでいる電力株と地銀株も、例に漏れず下値を試す展開です。


この1ヵ月で 2000万円ほど時価評価が下がりましたが、それ自体は過去最高点からの下落なのであまり気になりません。それよりもこの情勢下でのアクションについて検討中です。


私の株式投資戦略は超長期逆張り投資なので、下落局面で大底に向かって買い下がっていくスタイルです。なぜ買い下がっていくのか?


それは限られた資金で「配当を得る権利」をできるだけたくさん収集するためです。売却することは滅多に無く基本的には永久保有意向なので、含み益は問題ではありません。


それよりもいかに「たくさんの」配当を得る権利を収集するのかに神経を集中しています。このため、下落局面で狼狽する一般投資家と異なり私は喜々とします。


それは負け惜しみではないのか?と言われそうですが、心の底から
「配当を得る権利」をできるだけたくさん収集するという投資戦略を遵守しているため狼狽する要素がありません。


これは株式優待目的で株式投資している人にも通じるところがあります。もちろん、いくら株主優待目的で投資をしている人でも大きな含み損になれば平静では居られないでしょう。


株価が下落するということは業績悪化の前兆であることも多いので、そうなると必然的に株主優待から手を付けられることになるので、平静では居られない気持ちは理解できます。


一方、私のような配当狙いの投資家にとっても業績悪化は短期目線では脅威になります。株主優待ほどではないですが、配当も業績悪化によって削られるリスクが高まるからです。


しかし、インフラ系の企業や経済に深く組み込まれている業界では破綻することは想定されず、数年スパンでみると配当が復活することが多いです。


減配時期に大量に仕込んだ銘柄が次の時期のメシの種になる...。私はこのパターンを20年以上続けて現在のポートフォリオを構築しました。


私は不動産投資家でもあるので資金需要を株式投資だけに絞るわけにはいきません。たびたび両面展開を強いられて苦しい時期がありますが仕方ないと割り切っています。


株式と不動産の間で資金を循環させながら、可能なかぎりたくさんのインカムゲインを得るために日々奮闘しています。


流動性が低くタマの少ない不動産投資では下落する市況で買い下がるという概念を描きがたいですが、株式投資では20年間この信念を貫いてきました。


少なくとも株式投資では
「配当を得る権利」をできるだけたくさん収集するために超長期にわたって逆張り戦略を敢行することに、ひとつの勝ち筋はあると思います。


売却によるキャピタルゲイン狙いが株式投資の王道ですが、人の行く裏に道あり花の山という投資格言のとおりインカムゲインに注力する投資戦略もアリだと思います。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




銅は脱炭素社会の新しい石油になるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は毎月末に保有している金融資産の時価評価をしています。こちらは手入力ですが、マネーフォワードも導入しているので、国内投資に関しては自動で時価評価を計算できます。


このため日課のように資産推移を眺めています。先週半ばから連日200万円ずつ下げていることに気付きました。6/16~6/18の3営業日だけで、600万円も減少していました。


金額だけでいうと割と大きな下げです。原因をさぐると、どうやら米国の利上げ観測の影響のようです。特に株価下落が顕著なのは、産金株、鉱業株、原油株などの資源株です。


資源株は一般的に市況株に分類されるため、インフラ株を主力に据える
私の金融資産投資のメインストリームではありません。しかし、昔から憧れをもって眺めていました。


おそらく私には accumulatorとしての収集癖があるのでしょう(笑)。特にインフレが懸念される局面では、長期的な視点では資産株の価値は高まります。


すでに産金株と原油株はお腹いっぱい抱えているので、今は鉱業株に視線を注いでいます。コロナショックの頃は、BHPなどの鉄鉱株をちょこっと買いましたがごく少量です。


実は鉱業株としては鉄鉱だけではなく銅もあります。銅はモロに市況の影響を受けるため、銅価格はドクター・カッパーと言われ、景気動向の判断材料にされています。


現在はコロナ禍の回復局面にあるため、世界は空前の好況に沸いています。このため銅価格は史上最高値に近く、銅鉱山株も高騰しています。


当然のごとく私の投資戦略ではとても買えない状況なのですが、いつかは欲しい株としてFreeport-McMoRan(FCX)をウォッチリストにいれています。



fcx - コピー



フリーポート・マクモランは、チリのコデルコ社に次ぐ銅生産における最大級の資源メジャーです。コデルコは国営企業なので、個人が投資できる対象としては実質的に最大です。


チャートをみると分かりますが、米国の利上げ観測が浮上してからフリーポート・マクモランの株価は下げ足を強めています。


でも、銅なんて単なる市況商品なんでしょう?という声が聞こえてきそうですね。しかし、銅は歴史的な曲がり角に差し掛かっている可能性があります。


米国のゴールドマンサックスは、世界が脱炭素に邁進する中、銅は「新しい石油(new oil)」になるというレポートを配布しています。


脱炭素社会実現のツールとして EVや太陽光・風力発電は重要ですが、ここで決定的に重要な役割を担うのは銅です。EVや再生可能エネルギーは銅を大量に消費するのです。


このように長期目線では銅に価格上昇圧力がかかるのは必至の状況ですが、短期的にもコロナ禍回復局面で価格は上昇傾向でした。ところが米国の利上げ観測です。


もしかしたら、銅を買えるチャンスがやってくるかも???銅に投資するにはETFは不適です。原油ETFで大やけどを負った経験から、銅なら銅鉱山株と決めています。


銅鉱山株として実質的に投資対象となるのは、フリーポート・マクモラン、BHP、リオ・ティントでしょう。スイスのグレンコアは商品取引も行うためやや投機的な会社です。


まだまだ買える状況ではないですが、さらに株価下落傾向が鮮明になればフリーポート・マクモラン、BHP、リオ・ティントを大人買いできる日が訪れるかもしれません。





★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




2002年からの超長期株式投資の成績を検証!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は毎月末に金融資産の時価評価を行っています。2002年1月から開始しているので、かれこれ 20年ちかく継続しています。毎回 1時間以上かかるので結構な手間です。


なぜこんな面倒なことを延々と続けているのでしょうか? その目的は、投資戦略を検証するための過去データ集めです。今回は株式投資の検証をしてみました。


検証対象は
  1. すでに投資自体が終了している
  2. 最低でも 5年以上のトラックレコードが存在する
を満たしている銘柄としました。


上記を満たしている各銘柄を下記に分類しました。
  • 高パフォーマンス群:購入時換算配当利回り10%以上、もしくは株価上昇が 5倍以上
  • 低パフォーマンス群:株価上昇が 2倍以下


まず総投資額の最も多い J-REITです。今回のコロナショックで新たに投資した銘柄は除外しています。投資時期が2008~2009年なので、総じてパフォーマンスは良好です。



1 - コピー



水色が高パフォーマンス群ですが、J-REITとしては中~下位の銘柄が目立ちます。ADR、都市ファンド、産業ファンドは一流のスポンサーですが、物件自体はイマイチです。


一方、低パフォーマンス群は、GORや JREなどのピカピカの銘柄です。上場Aリートも実質的には NBFやJREなのでピカピカ銘柄に準じます。


NBF、日本ロジスティクス、日本アコモなどの各ジャンルのリーディング銘柄は、低パフォーマンスには該当していないものの、ポテンシャルの割にはイマイチな成績です。




3 - コピー



次は日本を代表するいわゆるブルーチップ銘柄群ですが、こちらは散々な成績です。ベネッセの 57%(含み損!)は論外ですが、それ以外にも低パフォーマンス群ばかりです。


数少ない高パフォーマンス群は、日本郵船、NTT、富士フィルム、ソニーです。この4銘柄のうち、NTT以外は業績上昇のために、株価と配当利回りが上昇しました。


NTTに関しては、業績は横ばいですが配当性向の上昇とともに株価も上昇したようです。ブルーチップに関しては、投資対象としてはイマイチですが成長企業なら可なのでしょう。





3 - コピー




最後は、お楽しみ(?)の株式優待銘柄です。微妙な感じですが、やはり業績が停滞していて高値掴みしている銘柄は低パフォーマンス群です。


ブルーチップ銘柄ほど悪くないですがイマイチです。しかし、吉野家、ゼンショー、マクドナルドに関しては株主優待+超長期保有で投下資金をほぼ回収済みです。


残念ながら、株主優待目的の銘柄に関しては勝ち筋を見つけることができません。あえて言うなら業績成長銘柄ですが、成長は結果論なので事前に発見するのは難しいですね...。




ここまで検証した結果、私の投資手法で結果を出しているのは、
  • 本来の価値よりも大幅に安値に下落したタイミングで購入した銘柄
  • 結果的には稼ぐ力が安定的だった銘柄
  • 一流ではない銘柄


のようです。一流銘柄のパフォーマンスがイマイチなのは、下落時にもそれなりに評価されているため、株価が下げ切らないことが要因でしょう。


ちなみに、現在進行形で投資継続中であるため検討対象としていませんが、電力株のように超長期で下げ続けている銘柄に関しては(現時点で)パフォーマンスは良くないです。


現在注力中の地銀に関しては、電力株以上に超長期での下げが顕著です。30年スパンでみると 1/10程度にまで下げている銘柄が多く、収益性の劣化も著しいです。


電力株の経験からは、地銀株に投資することはリスキーと言えるでしょう。ただし、電力株は原子力政策の迷走が、地銀株はオーバーバンキングが解消されれば収益性が向上します。


電力に関しては国の命運を左右する問題なので、政権の腹の括り方しだいです。国家が良い方向に進むことで、自分にも利益が転がり込むような投資方針を考えたいと思います。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

30歳代で経済的自由を達成した医師起業家です。 年商10億円企業を目指して日夜奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。