整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(国内)

2008年以前のクソREITがほぼ根絶された!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、J-REITが復調しているようです。私がJ-REITに投資したのは、2008~2009年と2020年の 2回だけであり、普段はほとんどウォッチしていません。


年に 2回ほど証券会社から紙ベースの報告書が届くので、その際にまじまじと確認するのですが、所有している J-REITの中で「クソREIT」が減少していることに気付きました。


具体的には、ショボいスポンサーからレピュテーションの高いスポンサーに変更している銘柄が多いのです。


  • プレミア → NTT都市開発投資顧問(NTT都市開発)
  • MIDリート → MCUBS投資法人 → 日本都市ファンド投資法人(三菱商事)
  • DAオフィス → 大和証券オフィス投資法人(大和証券)
  • 日本賃貸住宅、プロスペクト、日本ヘルスケア → 大和証券リビング投資法人(大和証券)



2007年以前に乱造されたクソREITは、ケネディクスと平和不動産を除いて、ほぼ既存の大企業に捕食されてしまったようです。


2012年以降に誕生したクソREITはまだ元気ですが、超長期目線では大企業に捕食される可能性が高いと考えています。


不動産業界を 20~30年スパンでみると、新興系が勃興して丸々と肥え太った時点で危機が発生し、既存の大企業が新興系を捕食するパターンを繰り返しています。


最後に残るのは財閥系不動産会社、総合商社、鉄道系不動産会社などの資力に勝る企業です。この事実は、就職を控えた人は覚えておくべきことだと思います。


一方、投資家目線では、現時点でクソであっても超長期では大企業傘下に化ける可能性があります。REITの制度設計上では破綻は無いと言われています。


2008年10月にニューシティーレジデンスが破綻した実績はありますが、日本国の財政破綻がない限り、国の威信をかけて J-REIT破綻は食い止めるはずです。


このことは、J-REITにはモラルハザード的要素が内蔵されている可能性があることを意味します。絶対に破綻しない銘柄が存在する場合には、必勝法が存在します。


それは、何らかの原因で投げ売りされて暴落した場合、破綻可能性ゼロなので、目をつぶってでも大量の資金を投入して買い尽くせ!という考え方です。


実際、2020年3月のコロナショック極期には、私は上記考え方で大量の資金を J-REITにブチ込みました。通常株と異なり、破綻可能性ゼロなのでアグレッシブになれます。


投資銀行行員のモラルハザード(リスクはレイオフに限定されるがリターンは青天井)はリーマンショックを引き起こしましたが、矮小化した図が J-REITにも存在すると思います。


そして弱体化したクソREITは、長い年月をかけて優良REITに生まれ変わる可能性が高いです。当初のクソ物件群は、優良REITに代わる過程で浄化されます。夢のある話ですね!


尚、この戦略が通用するのは投げ売りされた阿鼻叫喚の状況だけなので、現時点の J-REITには一切当てはまらないことを明記しておきます。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




Go Go!北海道電力!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は北海道電力が珍しく高騰しました。
全電力株の中で最も業績が悪いため、株価もまったく冴えません。


超低空飛行が常態化している北海道電力ですが、突然狂ったように株価が上昇しました。その理由は、予想外の黒字決算と、年間10円から20円への増配です。



210430 - コピー




このニュースは久し振りに嬉しかったです!その理由は、私の投資戦略(配当目的逆張り投資)が偶然にも当たったからです。最近では、2021年2月のHSBC復配がありました。


その時にも説明しましたが、配当目的の超長期逆張り投資では、業績悪化で株価暴落+無配転落 → 業績回復 → 復配 → 高利回り配当というサイクルが一般的です。


ひとつのサイクルが回るのに5年ほどかかるケースもありますが、北海道電力はまさにその典型例だと思っていました。


北海道電力の置かれている状況は過酷です。大手電力会社は、東京電力を中心に再編機運が高まっています。しかし、北海道電力だけは取り残されています。


その理由は、北海道電力を買収するメリットに乏しいからです。北海道電力は人口密度の低い広大な土地に電線網を張り巡らせています。


降雪地帯が大半という過酷な状況なので、インフラを維持する費用が膨大です。同じような境遇の企業として JR北海道があります。


JR北海道はインフラ維持の負担に耐えかねて廃線を進めていますが、未だに上場できないままです。膨大なインフラ維持負担にもかかわらず健闘してる北海道電力は立派です。


北海道電力を応援するために株を購入しているわけではないですが、インフラ企業なので倒産は無いと考えて、2020年は激しく買い下がりました。


もともと北海道電力に投資していたこともあり、株数は優に 10000株を超えるものの、平均取得株価は 463円に過ぎません。


それでも今回の増配+株価上昇で購入時利回りは4.32%に上昇し、含み益も大台越えしそうです。永久保有なので利益が実現化することはないですが、ATM誕生は素直に嬉しいです。


東日本大震災以前の年間配当50円にはまだまだ遠いですが、もし実現すれば配当利回りは10%を超えます。電力株で配当利回り10%なら永久保有に値するのではないでしょうか。


2021年4月30日現在でチャンスの窓は閉じていますが、2020年3月のような滅多に無いチャンスをつかんで着実に「資産」を積み上げていこうと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




インフラファンドとインフレの不都合な関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインサロン内でインフラファンドへの投資是非の話題がありました。非常に良い視点の着想だったのでご紹介させていただきます。


インフラファンドとは、発電所、空港、道路、鉄道、学校などのインフラに投資して、そのインフラから得られる収益を分配金として配当するファンドのことです。



インフラファンド - コピー

日本取引所グループHPより転載



現在、日本では7つのインフラファンドが上場していますが、いずれも再生可能エネルギー発電設備への投資です。


インフラファンドの仕組は REITと似ています。また、配当利回りも比較的高いため、株式やREITの代替品とみなされることもあるようです。


それでは、投資家としては、インフラファンドへの投資も検討するべきなのでしょうか?ここではもし自分ならインフラファンドに投資するか? という視点で検討してみました。


インフラファンドの原資は固定価格買取制度(FIT)なので、一見収益は堅そうに見えます。しかし、実際の太陽光発電は、機器故障や自然災害リスクと常に向かい合います。


FITのために収益性には天井があるにもかかわらず、故障や自然災害によるダウンサイドの脅威に晒され続けます。


また再生可能と言うものの発電設備は老朽化するため、最終的な価値はゼロに向かいます。特に可動部分のある風力発電はメンテナンス費用が割高です。


更に、通貨が減価するとFITであることが仇になります。デフレ時代のFITは良い制度ですが、インフレ時代のFITは通貨の減価にしたがい、収益性が毀損され続けます。


例えば、インフレのために物価が 2倍になっても買取価格は変わらないので、実質的には買取価格が 1/2になってしまうのです。これからの時代は留意しておく必要があるでしょう。


一方、株式は企業の成長に、REITは不動産市場に連動するため、インフレが発生すると株価や収益が上振れする可能性があります。


特に本格的なインフレトレンドに転換すると株式やREITには追い風ですが、FITが収益源のインフラファンドには強烈な逆風が吹きます。


このように、商品の構造はREITと似ているものの、収益性や商品の特徴は REITと根本的に異なります。インフレ転換するか否かをよく考えてインフラファンドに向き合いましょう。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




株式市場の動きでインフレの胎動を考えよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中、まだまだ新型コロナウイルス感染症関連の話題でもちきりです。ワクチンの副作用や緊急事態制限解除のニュースが多いですが、株式市場では大きな変化が出現しています。


  1. 米国市場では娯楽関連株が高騰
  2. 長期金利上昇によってグロース株が下落
  3. 長期金利上昇によって金融株が上昇


上記①~③は、ちまたではほとんど話題にもなりません。長期金利上昇自体は多少ニュースになっていますが、卑近なニュースが大多数を占めています。


しかし、私はこれらの動きを注視しています。ワクチンの副作用や緊急事態宣言解除等よりも、よほど日本経済に大きな影響を与える可能性が高いからです。


まず①ですが、航空株、テーマパーク株、クルーズ株が上昇しています。私は 2020年10月ごろに CCLとRCLに投資しましたが、幸い株価は 2倍になっています。


まだほとんど収益を上げていないにもかかわらず株価が高騰しているのは、半年以内でのコロナ禍克服を織り込んでいるのでしょう。実際、米国は集団免疫獲得に邁進しています。


一方、日本は新型コロナウイルス感染症患者さんがほとんど居ないことが逆にアダになっています。リスクベネフィットを考えると先頭切ってワクチン接種する意味はありません。


ところが、コロナ感染者が極めて少ないことが災いして、先進諸国では集団免疫獲得が最も遅い国になることがほぼ確定的です。これは経済回復に取り残されることを意味します。


②③は米国長期金利上昇が原因です。もちろん、長期金利上昇の原因は空前の財政出動と金融緩和です。2021年になってから世界中の金融株がハイペースに値上がりしています。


米国銀行はもちろんのこと、欧州銀行株や日本のメガバンク、そして見捨てられたはずの地銀株まで株価が上昇しています。振り返ると、地銀株への投資は絶妙なタイミングでした。


このように、米国の長期金利上昇はいろいろなところに大きな影響を及ぼしています。私たちの生活に直結する日本国債にまで影響が及ぶと重大な変化が起こるかもしれません。


今回振り返ってみて改めて感じたのは、不動産・株式にかかわらず、私のポートフォリオの大部分は長期金利上昇に賭けたものです。


現物不動産や J-REITにとって、長期金利上昇は
短期的には逆風ですが、長期目線では物価上昇に伴い資産価値は上昇します。


電力株も含めてすべてインフレ対策と言ってよいでしょう。これまで上がるはずはないと言われてきた日本の長期金利ですが、もし本格的に上昇すると破壊的な影響が発生します。


日本の社会全体を揺るがす事態にもなりかねませんが、場末にひっそり生きる一庶民としては、粛々と長期金利上昇対策を講じ続けたいと思います。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




HSBC復配にみる配当目的逆張り投資の醍醐味

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、HSBCの復配が発表されました!HSBC(香港上海銀行)はロンドンを拠点としており、言わずと知れた世界最大級の金融コングロマリットの旗艦銀行です。


私は HSBC好きで、下がっては買うを繰り返しており、ほとんど「銀行預金」の感覚です。そして今回のコロナショックでは、HSBCに対して過去最大級の投資を敢行しました。


香港市場は0.1ドル、NY市場のADRは0.75ドルの復配なので、コロナ禍以前の 2019年の 1/3程度の配当金額です。まだまだコロナ禍の傷は癒えていないのでしょう。


それでも復配したことは喜ばしいことです。私の金融資産投資の根幹を成すものは配当です。配当目的で株価暴落時に買い下がるので、復配は投資の折り返し地点なのです。


さて、2月末なので今月も金融資産投資の時価評価を行いました。下記は配当目的で購入した海外株式の資産リストです。購入時換算の利回りはなかなか良い数字だと考えています。



666 - コピー




まず目を引くのは、産金株(黄色行)の利回りの高さです。金価格高騰のおかげで、2015年と比べて収益が増大しました。配当も順調に上昇しています。


一方、株価はすでにピークアウトしており、普通の感覚であれば売却するべきだと思います。現にバフェットも産金株は売却済みのようですが、私はホールドし続けます。


産金株は市況株なので、2015年のような株価になる可能性はあります。しかし産金株 ≒ 金現物と考えて永久保有するつもりです。配当の出る金現物や ETFはありませんから...。


次に、石油メジャーや鉄業株ですが、こちらは収益性回復途上ではあるものの、株価は回復しつつあります。配当はコロナ禍前から維持されているため、復配イベントはありません。


今回のコロナ禍は、特に製造業においてはリーマンショックほどではなかった可能性があります。投資家的にはまずまず満足できる経過でした。


最後にHSBCをはじめとする欧州銀行株です。こちらは、HSBCや BCS(バークレイズ)の英国勢を筆頭に、SAN(サンタンデール)やBBVAなどのスペイン勢も復調が著しいです。


欧州銀行株の先陣を切って、HSBCと BCSが復配発表しましたが、スペイン勢もこれに続くと思われます。銀行株のストーリーは思い描いていた通りなので嬉しさもひとしおです。


これまで見てきたように、配当目的の超長期逆張り投資では、業績悪化で株価暴落+無配転落 → 業績回復 → 復配 → 高利回り配当というサイクルが一般的です。


ひとつのサイクルが回るのに5年ほどかかるケースもありますが、滅多に無いチャンスをつかんで着実に「資産」を積み上げていこうと思います。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。