整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

ビジネス・起業

安くなったニッポンでは人材のコスパが最高!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、本屋さんで立ち読みしている際にキャッチ―なタイトルの書籍を発見しました。安いニッポン 「価格」が示す停滞 です。







2020年1月まで宿泊業を経営していた私にとって「日本は安い
は常識ですが、やはり書籍になるとインパクトがあります。まがうことなく、日本は「安い」国になっていたのです。


当時から、要求水準が高いのに 1泊しか予約しない日本人をできるだけ回避して、いかにして長期滞在してくれる外国人観光客を獲得するのかが経営上の最大の課題でした。


決して同胞を卑下する意図ではなく、自分の事業収益最大化のために冷静に下した判断でした。まだ廃業して 1年半ですが、コロナ禍の激動で遠い昔のような感覚です...。


話が脱線しましたが、日本が安くなったのは、
  1. 労働生産性の低さ
  2. 正社員の解雇が極めて難しい

ということが原因のようです。いずれも雇用に関する問題であり、突き詰めて言うと弱者(?)を守ろうとする意識が強すぎたために国全体が地盤沈下したという笑えない話です。


一度正社員にすると解雇が極めて困難であるため、企業は防衛のために給与水準を低く抑える必要があります。このため、優秀な人材の給与が不当に抑制されてしまったのです。


現在社会では、個人的能力のピークは20歳台、人脈や社会経験も含めたピークは40歳台前後と思われますが、実力に応じた給与体系になっていないことが日系企業の問題点です。


日本の未来を考えると、もっと簡単に解雇できる法制度に改革して社会の流動性を高める施策を採るべきでしょう。解雇推進と言うと各方面からお叱りを受けそうですが...。


ただ、場末の一般人の立場では、今の閉塞した日本社会でうまくやっていく方策を考えなければなりません。その際に考えることは「今、何がお買い得なのか」でしょう。


現在の日本の状況は、世界水準からかけ離れた物価の安さや給与所得の低さです。この特徴から最大限の利益を得る属性は、経営者であることは論を俟ちません。


会社経営を行うにあたって最大のコストとなる優秀な人材確保が、極めて高いコスパで可能なのです。おそらく世界でも屈指のアドバンテージではないでしょうか。


こうなると、やるべきことは優秀層をいかにして雇用するかに尽きます。卑近な事例では、国内最高峰大学の優秀人材を、東証一部企業の新卒給与の2割増し程度で獲得できました。


当たり前の話ですが、優秀層は同じ人間とは思えないほどのハイパフォーマンスを叩き出します。東証一部上場企業の給与の2割増しと言っても、世界水準ではたかが知れています。


コスパを考えると今獲得するべきは、不動産でも株式でもなく超優秀な人材なのです!かつてドン・キホーテの安田会長は不況時に好立地不動産を確保して隆盛の基礎を築きました。


ニッポンが安くなった今では、不動産よりも優秀人材の確保を最優先するべきでしょう。小さな企業でも、東証一部上場企業の2割増し程度で超優秀層を確保できるのですから...


不動産や株式だけしか見ていないのでは片手落ちです。世の中で不当なほど評価されていない人材という宝物を積極的に獲得することが成功のセオリーではないでしょうか。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




菅総理に届け!e-Govがクソ過ぎて使えない

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、e-Govってご存知でしょうか?
e-Govとは、行政手続を電子申請するシステムです


日本は電子政府を標榜しています。そのフラッグシップ的なシステムが e-Govなのです。ところが、紙とハンコで動いていた行政もようやく変わった! と思うのは早計です。


法人経営していると社会保険関係のさまざまな書類を提出する必要があります。うちは医師以外のスタッフが 8名しか居ないので、社会保険労務士と顧問契約を締結していません。


このためいつも訳の分からない書類と格闘して社会保険庁や労働局に提出していますが、これからは電子申請で業務効率化だ! と張り切って e-Govに取り掛かりました。


ところが、e-Govは予想をはるかに上回るシロモノでした。行政の提供するサービスなので UIがプアであることは予想していましたが、その劣悪度は想像を絶するモノだったのです。


まず、e-Gov利用にはアプリをインストールする必要があるのですが、そのアプリをインストールする場所が見つからないのです...。


延々とアプリのインストールの仕方を解説するページがあるのですが、そのどこにもダウンロードするボタンが無い(苦笑)。仕方なくGoogleで検索してようやく発見しました。


さて、何とかアプリをデスクトップ上にDLして作業開始です。しかし、なぜローカル環境にDLするのか意味不明です。何かの嫌がらせなのでしょうか???


気を取り直して e-Gov内で必要な書類を検索するのですが、なかなかお目当ての書類を探し出せません。手許にある紙ベースの申請書と見比べてようやくそれらしきモノを発見です。


まず書類の設定ですが、役所独特の整理番号的なモノを入力しなければいけませんが意味の分からない項目が多過ぎです。すべてネットで調べながらなので遅々として進みません。


ようやく本体に到達すると、なんと数字はすべて手入力で、自動計算機能が無いではないですか!!!去年まではエクセル版が提供されていましたが、e-Govに統一されて廃止です。


凄まじい入力量をガマンしながらなんとか完了しましたが、10段階ほどある工程を手入力したので計算結果が間違っている可能性があります。電卓で計算して手入力って冗談ですか?


e-Govと格闘を開始して1時間以上経過してようやく1つの書類を完成させましたが疲労困憊です。さぁ、ようやく提出という段階で、電子署名が必要なことが発覚しました...。


電子署名には認証局での事前認証が必要で、その際に必要な公的書類は個人・法人の謄本や印鑑証明などフルセットです。


はぁ??? なんで労働局職員の業務代行するために、わざわざお金を払って法務局と区役所をハシゴしなきゃならないの。しかも証明費用として毎年〇万円課金されます...。


DocuSignの洗練された UIやリーズナブルな価格に慣れ親しんでいる身にとって、e-Gov電子署名のハードルの高さは驚異的です。これって日系大企業への利益誘導でしょうか???


私は普通のクリニックの年商を上回る規模の事業会社を完全リモートワークで展開していますが、e-Gov導入の難易度は私のレベルを超越していました。あまりにもアナログ過ぎる!


調べてみると、e-Gov支援サービスがたくさん存在するようです。すでに大企業は義務化されていますが、使いこなすのが困難なので支援サービスを使わざるを得ないのでしょう。


仮に導入に成功しても e-Govは紙で申告するよりも多大な時間を要し、しかも費用もかかります。どう考えても公務員の入力業務を民間に押し付けただけです。



菅総理への陳情

  • 行政のデジタル化にかこつけて公務員の業務を民間に押し付けるのは止めてください
  • デジタル改革は大賛成ですが、大企業ではなく有能な若手起業家を登用してください
  • 中小企業やスタートアップにもメリットのある行政のデジタル化を希望します
  • 行政のデジタル化と言いながら、アナログ作業のオンパレードは勘弁してください


今回も日本の後進性を痛感してしまいましたが、e-Govはクソだと愚痴を言っても始まりません。皆さんは、絶対に e-Govを使用しないでくださいね!!!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




求む! ビジネスパートナー【精神科医師】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年6月26日 午前8時追記
現時点で7名の精神科の先生方からメッセージをいただきました。このため、今回の募集はこれにて終了させていただきます。早々にご連絡いただき誠にありがとうございました!



今日は、精神科領域のビジネスパートナー募集のお知らせです。これまでに何度か、現在展開している医療系事業のビジネスパートナーを募集してきました。




いずれの科もたくさんの先生方からご応募いただき本当に感謝しております。今回は、精神科の先生を募集したいと思います。


私たちのグループは 5年前に創業しました。地上戦と空中戦を駆使して販路を拡大した結果、コロナ禍にもかかわらず今期は前年比で 1.5倍の年間売上をほぼ確実にしています。


事業拡大に伴い、ご協力いただく医師数も増加しています。本日時点での提携医師数は約100名で、ほとんどすべての科を網羅しています。


今回は、私たちと一緒に仕事をしてくれる精神科の先生を 2名を追加で募集いたします。募集要項は下記のごとくです。


  • 日本精神神経科学会専門医
  • 医学博士が望ましいが必須ではありません



業務はクラウド上でのやりとりになるので、日本全国どこに住んでいる先生でも OKです。また、勤務医・開業医を問わず、副業的に参加いただくことが可能です。


時間の制約も無いので、空き時間や余暇に少しだけ参加していただくことも可能です。形態としては、ほぼ完全なリモートワークとなります。


個人はもちろんのこと、法人所有の先生も大歓迎です。個人所得税の支払いに辟易している先生であっても、法人経由での支払い OKなので節税効果も見込めます。


少しでも興味のある先生がいらっしゃれば、当ブログのメッセージ欄から連絡先を送信してください。折り返し私からメールさせていただきます。


我こそは! と思う先生は、是非私あてにご連絡いただければ幸いです。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




10億円分の笑顔が欲しい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、10億円というフレーズがマイブームです。年商 10億円を何とかして達成したいと心の底から思うようになったのです。


実は、10億円がマイブームになったのは、今回で 2回目です。初めて 10億円を意識したのは、2015年に初めてリアルでセミナーを開催したときのことでした。


懇親会の席で「最終的にどのレベルを目指しているのか?という質問に対して、深く考えずに純資産で 10億円と答えてしまったのです。


当時はそこそこいい感じの資産規模でしたが、具体的に 10億円のイメージを抱いたことはありませんでした。ところが不思議なもので、一度口にすると急に具体的になります。


数年間、事あるごとにイメージしていたのですが、一度クリアすると急激に興味が無くなります。このため、しばらく 10億円というフレーズをイメージすることは無くなりました。


ところが、ふと本屋さんで手に取った下記の書籍で、再び 10億円というフレーズが蘇りました。そう、いま目指すべきは具体的な年商なんだ!







結構うすっぺらい本なのですが、書いてあることは予想に反して濃かったです。多くの記載はどこかで見たことある内容なのですが、多くの書籍を集めたレビューの仕方が秀逸です。


この書籍を読んでから、年商 10億円という目標を意識し始めました。今度は年商で 10億円を超えてみよう! 一方、当然のごとく同じ 10億円と言っても軽重が異なります。


  1.  総資産
  2.  純資産
  3.  年商


上記のうち最もハードルが低いのは①総資産であることは論を俟ちません。医師免許さえあれば、心理的リミッターを外すことで短期間で容易に達成できます。



世の中のギガ大家さんやメガ大家さんと言われる方のほとんどは、①をクリアしているにすぎません。一方、②純資産は真水部分なので、劇的にハードルが上がります。


そして③年商はどうかと言うと、肌感覚では②純資産での 10億円達成とは別物です。業種によって達成困難度は大きく違いますが、おおむね②純資産と同程度に難しいと思います。


自分の能力を鑑みると、投資>事業なので今回の挑戦はなかなかハードルが高いと思っています。そして年商 10億円は、それだけの感謝をお客様からもらうことを意味します。


これはなかなかハードル高いですね(笑)。しかし、年商 10億円というシンプルな数字ではなく、10億円分の笑顔が欲しいとなると、いろいろ考えるべきことが押し寄せてきます。


一度きりの人生です。世の中のごく一部の人からであっても、できるだけ多くの笑顔を集めることで、年商 10億円の壁を越えたいと思います!





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




大学スタッフがラーメン店主へ華麗に転身?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネットの連載企画【医師のためのお金の話】第 45回が、昨日アップされました。お題は勤務医と開業医の二択じゃない!お金と時間が手に入るキャリアパス です。



210609 - コピー





今回は友人の博士@整形外科医がラーメン店を開業したことをネタに、医師のキャリアパスについて考えてみました。


今でこそネット芸人(失礼!)の彼ですが、出会った頃はアカデミアのど真ん中で奮闘しており、まさに仰ぎ見るような存在でした。


オンラインサロンを立ち上げた頃からタダ者ではないと感じていましたが、そんな彼がラーメン店主に転身したことにはワケがあります。けっして単なる気まぐれではないのです。


昨年夏にサシ飲みしたときにラーメン店開業計画を聞いた時、私は不動産投資の方が確実性があるのでお勧めだという話をしました。


その理由は、過去に父がラーメン店で失敗したからです(苦笑)。鳴かず飛ばずで1年ももたずに廃業したのです...。ラーメン店は難しいという刷り込みが出来上がりました。


ところが、彼のラーメン酔拳代打は俺は、素晴らしい滑り出しです。さすがアカデミアで切磋琢磨していただけあって、周到に開業準備したことによるロケットスタートです。


今回は本人インタビューをベースに記事にしました。3分で読了可能なので、ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 45回を訪問してくださいね!





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。