整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

投資戦略

結婚 vs 独身 vs 賃貸 vs 持ち家の勝者は誰だ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週号の週刊ダイヤモンドの特集では、もう 1点発見がありました。資産形成における、結婚 vs 独身 vs 賃貸 vs 持ち家の勝者はいったい誰なのかの結論が記載されていたのです!






その答えは本特集の58ページから始まる「Part 6 あなたの FIRE可能年齢」でシミュレーションされていました。


このパートでは40歳での年収別の表があります。ここでは医師の平均像と思われる40歳で年収1500万円の例を見てみましょう。


  1.  夫婦と子供2人の4人家族+持ち家
  2.  夫婦と子供2人の4人家族+賃貸
  3.  単身者+持ち家
  4.  単身者+賃貸



上記の4パターンについて、
  • 30歳時の貯蓄額500万円
  • 30歳からの運用利回り2%

という条件での60歳時の資産総額がシミュレーションされています。


栄えある勝者は...やはり ④単身者+賃貸で、3億5602万円でした。いや~、独身強いですね。しかし私が驚いたのは、勝者が単身者+賃貸だったからではありません。


最下位は ②夫婦と子供2人の4人家族+賃貸でしたが、その金額が3億1613万円もあったのです! 勝者である ④単身者+賃貸との差はたった4000万円しかありません。


感覚的には4人家族を養うハンディは巨大に思えるのですが、じつは意外なほど資産形成に与える影響は軽微なようです。


しかし、このシミュレーションにはどこか違和感を感じます。その理由は持ち家と賃貸の差がほとんど無いことです。


これってリアルワールドとはずいぶん異なりますよね。医師の多くは比較的人口の多い都市部に住んでいると思われますが、都内や政令指定都市では地価上昇が顕著です。


2013年のアベノミクスが始まって以来、都市部の持ち家派と賃貸派の間では絶望的なほどの格差が発生したことは周知の事実です。


つまり、本来なら③単身者+持ち家のパターンがぶっちぎりの勝者であるはずなのですが、シミュレーションでは全く反映されていないのです。


これは一体どういうことなのでしょうか? 導き出される結論は、今回のシミュレーションは全くアテにならないというオチでした(苦笑)。


そう、コロナ禍における某大学教授「8割おじさん
の予測がまったく参考にならなかったことと同様に、リアルワールドではこの手のシミュレーションは通用しないのです。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




医師にも収入源対策が必要?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍は医療関係者にとっても常識を覆される出来事でした。想定外だったことのひとつに医師の経済的安定性の崩壊があります。


2030年頃に医師数が需要を上回る見込みなので、あと10年ぐらいすると医師の収入は漸減するのかなと予想していましたが、正直言って遠い未来の話だと思っていました。


ところがコロナ禍でのアルバイトの雇止めや大学病院を中心とした出張禁止命令のために、結果的には一時的であったものの将来への不安感が噴出しました。


私は場末病院に居るため直接の被害を被っていませんが、臨床の第一線でがんばっている大学や公的基幹病院の先生方の苦境をみると何とも言えない気持ちになったものです...。


コロナ禍のパニックも収束し、むしろワクチン接種バブルが発生しましたが、医師の経済的安定性が意外と脆いものだと感じた方は多いことでしょう。


あらかじめ経済的自由な状態にしておくことが理想ですが、達成するには長期にわたる努力が必要です。それまでにコロナ禍のようなイベントが発生しないとも限りません。


今後もしコロナ禍のような不測の事態が発生し、自分の身に経済的災難が降りかかった場合のことはあらかじめ考えておく方がよいでしょう。


収入源に直面した場合、勤務医と開業医では採るべき対策が異なります。それぞれの対策をケアネットの連載企画第 49回収入減!勤務医と開業医、それぞれの対策で詳述しました。



log_carenet



3分で読了可能なので、ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 49回を訪問してくださいね!






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




投資成功のポイントはカラーバス効果での自動成長にあり!

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資で成功するためには、ひとつのことを掘り下げることが有効だと感じています。何事も習うより慣れろです。知識や経験値が増えるほど勝てる可能性が高くなります。


ひとつの領域を研究し始めると知識の「核」ができます。その領域の基本的知識が「核」になりますが、深く掘り下げていくと更なる知識や経験が核の周囲に添加されていきます。


そしてある一定の知識量に達すると、知識の核は自動的に成長し始めます。自動的に知識や経験が成長し始める原因はカラーバス効果によるものです。


カラーバス効果とは、特定のことを意識し始めると日常の中でその特定のことに関する情報が自然と目に留まるようになる現象のことを言います。


例えば今日のラッキーカラーが「黄色」だったとします。すると、普段以上に黄色のものが目に入ってきた経験はないでしょうか。これがカラーバス効果の実例です。


カラーバス効果が発動し始めると、意識的にその領域の研究しなくても無意識のうちにどんどん脳内に知識が蓄積されていきます。


日常生活しているだけでターゲットとする領域の知識がどんどん増えていく...。何だか魔法のような話ですね! しかし経験上ではカラーバス効果の効能は明らかに存在します。


例えば私の場合には、下記領域に関しては世の中の多くの人よりもかなり深い知識を持っています。もちろん一流の域に到達していませんが、確実に上位10%には入っています。


  • 不動産業界
  • 電力業界
  • エネルギー・資源業界
  • 地方銀行業界
  • 太陽光発電(具体的な設備面)
  • 宿泊業界
  • チームビルディング


カラーバス効果の効能は知識の自動的膨張だけではありません。超長期にわたって知識が流入し続けるので知識のアップデートおよび相場観の維持も自動的に実践されます。


例えば 2020年3月のコロナショックの際に、私は躊躇なくJ-REITをはじめとする普段から深堀している領域の株式に1億円近い資金をぶち込みました。


傍からみると、2020年3月第3週の阿鼻叫喚の状況でこのような投資行動を採るのキチガイ以外の何者でもないと思います。


しかし後出しジャンケンではないですが、当時の私はとてつもない恐怖感に苛まれていたものの、比較的自信を持って暴落する市場に大量の資金を投入しました。


その理由はカラーバス効果によって 2008年から10年以上も市場をウォッチし続けた相場観と圧倒的な知識がベースにあったからです。


長期間にわたって特定の領域を追い続けることのメリットは極めて大きいです。ウォッチする期間が長くなるほど、その領域にチャンスの窓が開く時期に遭遇しやすいからです。


投資成果のかなりの部分は参戦する時期に依存します。ひとつの領域を深堀して追い続けることで投資成績が向上することは理解いただけたでしょうか。


ここまでカラーバス効果の効用を説明してきましたが、アタマの良い方は資産形成のスノーボール理論と同じであることに気付いたかもしれません。


資産形成のコツは小さな雪だるま(=タネ銭)を造ってゴロゴロと転がしていくことです。そして知識や経験も同様で、カラーバス効果で自動成長させることがポイントなんですね!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




現役医師がオーナーのラーメン店を訪問!

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月後半のシルバーウィークに、以前から行ってみたかったエリアへ旅行に出かけました。旅の最大の目的は、岡山県のラーメン店 代打は俺 を訪問することです。



1 - コピー




ご存知の方も多いと思われますが、友人の博士@整形外科医が店主です。日曜日の11時の開店前に現地入りしましたが既に長打の列...。めちゃくちゃ流行ってるじゃないですか!


店のオペレーションはほぼスタッフで回しているようで、博士@整形外科医は監督みたいな感じです。ドスの利いた「いらっしゃいませ!」が現役の医師とは思えません(笑)


ラーメンですがお世辞抜きで美味しかったです。仙台の名店、魔界ラーメン月光のレシピを戴いたとのことで話題性だけでなく商品性もレベルが高い。う~ん、さすがです。


おいしいラーメンをいただいた後は、しまなみ海道に向かいました。シーニックな風景に感動しましたが、来島海峡SAに掲示されていた表を見て微妙な気持ちになりました。



2 - コピー



しまなみ海道の建設は成功だったアピールのようですが、よくグラフをみると本州四国間の交通量増加のほとんどは神戸淡路鳴門自動車道によるものです。


交通量増加という観点では明らかな失敗事業ということになります。こんな分かりやすいレトリックを使って成果をアピールするとは国も信用できないと感じました...。


その日は松山市の道後温泉の駐車場で車中泊しました。北海道旅行で車中泊の醍醐味を知ったので、ランクルでも是非やってみたいと思っていました。



3 - コピー



夕暮れ時の空を見ながら飲むビールは最高です。しかし車中泊そのものは苦行でした。キャンピングカーと異なりとても寝苦しい...。何事もやってみないと分からないものです。


翌日は佐多岬半島に向かいました。目的は九州に渡るフェリーです。佐多岬半島は魔女の爪みたいな面白い形をしています。地図からは平坦な場所をイメージしていました。



4 - コピー




ところが実際には海からそそり立つ山でできた半島です。実際に行ってみないと分からないものですね。佐多岬半島の三崎港から九州の佐賀関までたった 70分の船旅でした。


佐賀関から別府入りして白菊という老舗ホテルに泊まりました。もともと高級ホテルなのですが施設の老朽化は否めません。これだけなら残念なホテルなのですが白菊は違いました。


別府市内を一望する最上階をクラブフロアのようなラウンジにして無料でアルコールやスイーツを振る舞っているのです。それだけでなく館内のいたる所に無料サービスがあります。


創意工夫で施設の古さをカバーしている白菊にはとても好感が持てました。事業を展開している身としては、手持ち資源に限りのある中で創意工夫で戦う姿にとても共感します。


翌日は関門海峡に向かいました。今回の佐多岬半島もそうですが私はいわゆる交通の要衝が好きです。学生の頃に南米のマゼラン海峡や中東のボスポラス海峡へ旅行したほどです。



5 - コピー




交通の要衝は土地の希少性のため、その存在だけで価値があります。何の努力をしなくても立地自体が価値を産み出し続けるので、こんな美味しいビジネス(?)はありません。


私は不動産投資において立地を最重要視していますが、交通の要衝に魅せられたメンタリティが不動産投資戦略に影響しているのかもしれません。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




いつの間にか進んでいた実質的円安の恐怖

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新聞に興味深い記事がありました。
まさかの「黒田ライン」割れも 次期首相を襲う実質円安 です。



黒田ライン――。外国為替市場にそんな言葉がある。2015年6月10日、黒田東彦日銀総裁が国会で円安けん制と受け止められる発言をした時の相場を指す。ドル・円相場では1ドル=124円台半ばから後半。円の下限と解釈されてきた。



2021年9月現在のドル円相場は1ドル=110円前後で推移しているので、黒田ラインからは程遠いと思いがちですが、実質実効相場でみると風景が一変します。


実質実効相場とは、貿易量や物価水準を基に算出された通貨の実力を測る総合的な指標です。2010年を100とした実質実効相場では黒田ラインは68でした。


黒田ラインの68の水準は1973年に為替が変動相場制に移行したころとほぼ同水準です。一方、2021年8月の実質実効相場は71と黒田ラインの68に肉薄しています。


この事実にかんしてはこちらでもご紹介していますが、現在は極度の円安状態であることを十分に認識しておく必要があるでしょう。


円安になれば輸出産業が利益を産み出すので日本には良い状況ではないかと思いがちです。しかし、海外生産を増やした企業が多く、国内産業は空洞化しつつあります。


このため企業単体の円建て利益は増加するものの、国内雇用の創出には貢献せず日本国民は円安メリットを享受しにくい構造になりました。現状では円高=日本にとって善なのです。


円安になっても海外移管した企業以外の輸出企業の利益にならない構造は、キャピタルフライトが発生しやすい素地になりつつあります。


2000年代初頭に国家破産説が流行りましたが、その時はおとぎ話と思っていた状況がいつの間にか出現しているのです。う~ん、これはとても恐ろしいことです。


実質円安による価格上昇が顕在化すると、日本が営々と築き上げてきた年金システムが実質的に無意味化されてしまいます。個人レベルの対策が必須だという思いを新たにしました。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

30歳代で経済的自由を達成した医師起業家です。 年商10億円企業を目指して日夜奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。