整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

投資戦略

時代によって資産形成の手法は異なる

このエントリーをはてなブックマークに追加

経験の浅い者ほど成功するは本当か


昨日の資産形成のお勧め本を質問されて困った件で得たインスピレーションです。お勧めする書籍の選択は難しい理由がもうひとつありました。それは相場環境です。


ここでは分かりやすい例として、日本の株式市場を考えてみましょう。下記は1950年から算出が始まった日経平均の70年チャートです。



日経平均70年チャート




このチャートをみると、1990年のバブル極期、2002年のりそな銀行国有化、2013年のアベノミクスが、相場のターニングポイントであったことが分かります。


大局的にみると、1950年~1990年まではブル相場、1990年~2002年はベア相場、2002年~2012年は、ボックス相場、2013年~現在はブル相場です。


現在現役の株式投資家は、2013年以降のブル相場で参戦した人が多いのはないでしょうか。投資歴10年以下の「経験の浅い」投資家は、基本的にブル相場で戦ってきました。


10年もの長きに渡って一定方向の相場環境が続くと、それに順応した投資戦略を駆使する投資家が成功しやすくなります。つまり、経験の浅いことはハンディになりにくいのです。


このため、経験の浅い者ほど成功するという経験則は、あながち嘘ではないことが分かります。少なくとも現在の相場環境が続く限りは、勝ち続ける可能性があるでしょう。



ブル相場では経験の浅い方が勝負できる


ブル相場に最適化した投資戦略は下記2つの組み合わせです。
  1. Buy & Hold
  2. レバレッジをかける


①Buy & Holdは広く周知されている投資戦略です。多少のアップダウンがあっても超長期では株価が上昇する環境では、ただひたすら保有し続ける戦略は合理的でしょう。


リスクも低いため、万人に推奨される投資戦略と言えます。一方、②レバレッジをかける投資戦略はどうでしょうか? こちらは信用取引になるのでリスクは上昇します。


しかし、①Buy & Holdと比較しても、期待できる成果は巨大です。ハマれば雪だるま式に利益が増大するので、短期間で巨額の資産を築くチャンスがあります。


2013年以降のブル相場で活躍した株式投資家の多くはこのパターンです。私のように2000年から参戦したベア相場経験者は、経験が邪魔をして大きなポジションを張れません。


しかし、ブル相場しか知らない世代は怖いもの知らず。イケイケドンドンでポジションを大きくして、きっちり結果を出します。ブル相場では経験の浅い方が勝負できるのです。



ベア相場やボックス相場はベテランの出番


しかし、相場は永遠に一定方向に向かいません。10年にもわたって続いたブル相場が今後も続くとは限らないのです。10年スパンの超長期トレンドが変換するとどうなるのか?


おそらく②レバレッジをかける投資戦略を採用していた人は死屍累々となり、①Buy & Holdの人も振るわない結果に悶々とする可能性が高いです。


ベア相場はブル相場と比較して技術的に難しいです。信用売りや現物つなぎ売りで出血を抑えつつ相場反転を忍耐強く待つ。オプションのスポット併用も有効かもしれません。


ボックス相場はベア相場ほど難しくないものの、感情を排して機械的に売買できるかに勝機がかかっています。こうなるとベテラン投資家の登場ですね。



相場環境によって投資戦略が異なる


ここまで日経平均の超長期トレンドの推移、および各時期にマッチした投資戦略を見てきました。相場環境によって勝ち筋の投資戦略が全く異なることがわかります。


この点がお勧めの書籍の推薦を難しくしています。ブル相場に適した投資戦略を説いている書籍を下手に紹介してしまい、トレンドが転換したら目も当てられませんから。


そして現在はブル相場が継続するのか、ベア相場やボックス相場に転換するのかが読めない状況。大切な友人に本当にお勧めの書籍をピックアップするのは難しいと思います...。






管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




資産形成のお勧め本を質問されて困った件

このエントリーをはてなブックマークに追加

資産形成の総論を教えてくれる書籍


先日、旧友から資産形成に関するおススメの書籍を質問されました。正直言って、これはとても難しい質問でした。その理由は資産形成の知識や経験値のレベル感が分からないから。


全くの初心者レベルであれば、金持ち父さん貧乏父さん隣の億万長者私の財産告白ぐらいで意識改革するのはマストでしょう。しかしこれだけでは資産形成の実践は難しい。


総論に関しては、だいたい上記3冊でOKだと思います。古典的書籍に分類されますが、現在新たに発刊される書籍も基本的には上記3冊の焼き直しばかりです。


金持ち父さん貧乏父さんはロバート・キヨサキ氏は自社商品を売るためのバイブル商法目的の書籍ですが、それ以外は結果を出した人の研究や自伝なので質が良いと思います。


もちろん、金持ち父さん貧乏父さんはバイブル商法目的と言っても内容自体はとても良くて、資産形成の考え方を根本的に変えてくれる良本です。



株式投資本は小粒な著者が多い


一方、資産形成の各論に関しては更に良い書籍を推薦するのは難しくなります。その理由は、ほとんどの著者に実績が無いことです。


つまり、結果を出していない人が一般人に説いている書籍ばかりなので、机上の空論の域を出ていないものがあまりに多いのです。


この傾向は株式投資や不動産投資本にも当てはまります。株式投資本は山ほど書店にありますが、2~3億円程度の資産規模しかない人がデカイ顔して書いているものばかり。


書籍を発刊するのであれば、最低でも独力で 10億円程度の資産規模にまで大きくした人に書いてほしいところです。本当に成功している株式投資家は本なんか書かないのでしょう。


その意味では米国人の著者による書籍は該当するものが多いですが、残念ながら時代が違ったり、日本市場や流行りのインデックス投資にはそぐわないモノばかりです。



不動産投資本はさらにタチが悪い


不動産投資本は株式投資本よりさらに酷い。「数年で資産〇億円」「家賃収入〇億円」とかいうタイトルの書籍がやたら多いです。


しかしその内情は、純資産がゼロ~マイナス、手残りのキャッシュフローが実質的にはほぼ無しとかばかり。もちろん、ときどき本物の投資家の書籍もあります。


しかしこれらの「成功」している著者によって書かれた書籍は、残念ながら自らの集客目的で執筆されたものが多いです。つまり広義のバイブル商法なんですね。


不動産投資家も本当に儲かっている人は本なんか出版しないです。何故なら出版しても何のメリットも無いから。自分の投資手法を公開してもライバルが増えるだけです。


知人には「本物」の不動産投資家がたくさん居ます。しかし、その誰もが書籍など発行していません。敢えて言うなら猪俣淳氏の書籍がお勧めですが、難解なのが玉にキズです。



まとめ


資産形成を志す人にお勧めの書籍を紹介することは意外なほど難しいです。その理由は、紹介する人のレベル感が分からないことと、成功者による書籍が僅少であるためです。








管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




医師に大人気の米国株ETF積立投資はこのまま堕ちてしまうのか??

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国株への資金還流はウクライナ侵攻で根幹から崩れた


4月22日のニューヨーク株式市場は大幅に続落しました。下げ幅に目が行きがちですが、S&P500種株価指数は週間ベースで3週連続で下げています。


直接の原因は期待外れの企業決算ですが、積極的な利上げへの警戒感が投資家のマインドを冷やしているのでしょう。利上げ速度が読めない状況では、株価下落も仕方ないですね。


しかし、今回は米国株式市場への資金流入量自体も考慮する必要があります。その原因はもちろんロシアによるウクライナ侵攻です。


ロシアへの制裁の一環として、ロシア中央銀行のドル・ユーロ建て資産の凍結、ロシアの銀行のSWIFTからの締め出しが実施されました。


ロシアのような大国に対する制裁は初めてです。そしてこの制裁は、米国が point of no returnを越えたことを意味します。


中露のような米国と敵対する国家群や、米国と距離を置きつつある湾岸諸国は、米国への投資を忌避するでしょう。これは純粋に米国株式への資金流入が細ることを意味します。


世界中から資金を集めて株高を演出する仕組みが根幹から崩れてしまいました。この影響は米国株相場に大きな負の影響を与えます。



バフェット指数に見る米国株の異常さ


バフェット指標とは、名目GDPに対する株式時価総額の割合です。実態経済と比較して、株式時価総額がどの程度膨らんでいるのかを判断できます。


一般には 100%を上回れば株価は割高、下回れば割安と判断します。現在のバフェット指数はいかほどでしょうか。


220424



上記のチャートのごとく、2022年4月時点で 186%もあります。歴史的にみても、ヤバいほど米国株式市場が過熱していることが見て取れますね...。


2020年のコロナショック直前時点でも、バフェット指数は市場最高値でした。本来ならこの時点で米国株高が崩壊してもおかしくありませんでしたが、まさかのコロナ禍です。


想像を絶する金融緩和が世界的に実施された結果、米国株は崩壊するどころか更に上昇速度を加速します。客観的に見るといつ何が起こってもおかしくない状態と言えるでしょう。



医師は米国株ETF積立投資を続けても良いのか


VTI、VOO、QQQなどの米国株ETFの積立投資が流行しています。VTも実質的には米国株投資なので、これらを合わせると相当数の医師が米国株投資を実践していると思われます。


現時点の現役医師のほとんどは、1990年代以降に働き始めています。この時期は米国株の超長期上昇開始と一致します。


つまり、医師になったどの時点からであっても米国株投資を始めていれば、誰でも勝てたことになります。これって一種のユートピアですね。


後方視での素晴らしい結果は、この状態が未来永劫続くという予想を私たちに感じさせます。果たして本当に米国株は永久に上がり続けるのでしょうか。


たしかに米国という国の総合力には目を見張るものがあります。地政学的にも極めて有利。しかし、資金流入システムの破綻とバフェット指数の異常さは糊塗できません。


数十年単位では上昇するのでしょうが、10~20年スパンでは1970年代の「株式の死」が再来する可能性があります。10~20年の長期停滞は私たちの人生計画に影響を及ぼします


そのような可能性が決して低くないことを、現役の医師は認識するべきだと思います。少なくとも米国株ETFに積立投資していれば絶対勝てるとかは、お花畑過ぎて危ないでしょう。



まとめ


米国への資金還流システムはロシアのウクライナ侵攻で破綻した可能性が高いです。バフェット指数も史上最高値付近です。米国株は株式の死を迎える可能性があると考えています。







管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




節税の核弾頭、オペレーティングリースはどうなった?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍の航空業界不況に苦しめられる


ちょうど1年ほど前に禁断のオペレーティングリースに手出ししました。法人の決算月が近づくにつれて、膨大な納税額に対する恐怖感が増します。


当初は為す術もなく税金を召し上げられるつもりでした。しかし、歯を食いしばりながら収益を積み上げてきた思い出が蘇ります。やはり何とかしなければ...。


切羽詰まった状態で藁にもすがる気持ちで取り組んだのがオペレーティングリースです。このときは精神状態が少しおかしかったのかもしれません。


私の身の回りでも、オペレーティングリースの経験者は皆無。名前はよく聞くものの、実際にオペレーティングリースに取り組んだことのある人は極めて少数派なのでしょう。



オペレーティングリースは節税の核弾頭!
デルタ株でオペレーティングリースは風前の灯



私は上記記事のように、オペレーティングリースの経験者です。数千万円のキャッシュを突っ込んでしまったため、運を天に任せています。


現状はデルタ株からオミクロン株へと変貌を続けるウイルスのために、未だに航空機需要は回復には程遠い状況です。このためほとんどの航空機会社の株式は低迷しています。


リース先の航空会社のチャートは 10年来最安値付近で、いつ破綻してもおかしくないレベルの株価です。もしリース先が破綻すれば 70%程度しか返却されません。


このため、寝ても覚めてもリース先の航空会社の動向が気になって仕方ありません。節税対策で行ったオペレーティングリースのために精神が病んでしまいそう...。



まったく想定していなかったウクライナ戦争


オペレーティングリースに取り組んだ当初の頃、最大の懸案事項は新型コロナウイルス感染症でした。とにかくコロナ禍を生き延びてほしいとしか考えていませんでした。


ところが今年の2月に、突如としてロシアがウクライナに侵略を開始しました。これに対して欧米諸国は対ロシア制裁を劇化します。


その報復として、ロシアは元国営企業のアエロフロートがリースしている航空機を返却せずに国有化するという前代未聞の事態になりつつあります。




オペレーティングリースに取り組み始める際に、担当者から分厚い説明書(?)を逐一説明を受けて契約書に署名・捺印しました。


ところが、その分厚い書類の中にも、今回のロシアによる航空機国有化リスクに関する記載はありませんでした。そりゃ、想定外でしょうね...。


日常的なメンテナンスから、航空機の墜落や撃墜といった重大な事故にまで事細かく規定されており、そのすべてがリース先負担もしくは保険でカバーされていました。


おそらく想定外の事態なので、保険でカバーされていないオペレーティングリース契約が多いと思われます。返却率 70%どころか、全く返済されない可能性が高いのです。


オペレーションリース最低 3000~5000万円ぐらいからで、1億円以上も珍しくありません。コレが一瞬にしてゼロになるという恐ろしい状況です。


幸い、私のオペレーティングリースはロシアではなかったのですが、ロシアのアエロフロートへのオペレーティングリースであれば大損害必至です。


リース先がアエロフロートでなかったのは単なる幸運です。むしろワケの分からない小規模な LCCよりもアエロフロートの方が優良リース先でした。


もし、今のリース先(某LCC)とアエロフロートを選択できたのであれば、確実にアエロフロートを選んでいたはずです。数千万円の現金がパーとか、怖すぎて考えたくないです。



円安も想定外だか唯一の心休まるイベント(?)


一方、もう一つの荒波は急激な円安です。こちらはコロナ禍やウクライナ戦争と異なり、良い方(?)の影響がありました。何故ならオペレーティングリースは
ドル建てだからです。


そもそもオペレーティングリースは投資の建付けではあるものの、投資という観点からは全く儲かりません。投資的利益のほぼすべてがリースの組成先に流れる仕組みだからです。


お前ら節税できるんだからそれで充分だろ? という感じでしょうか(苦笑)。リースの組成先はノーリスクで膨大な利益を得られるのです。人の弱みに付け込んだボロい商売だなぁ


ところが今回の円安です。投資する前はいくらまで円高が進めば節税効果が帳消しになるのかのシミュレーションばかりしていました。円安になるなどアタマの片隅にもありません。


100円台でオペレーティングリースに投資したため、現時点では1000万円近い含み益があります。節税のはずが、更に利益が出て首が回らなくなる...。


嬉しいのか悲しいのかよく分かりません。よく考えるとオペレーティングリースはドル建てなので、巨額の外貨投資であることを改めて確認しました。


半損型の法人生命保険もドル建てで、そこそこの残高があります。普通の海外株式や通貨だけではなく、特殊なジャンルの外貨投資が多い、異形のポートフォリオのようです。



結局、オペレーティングリースってどうなの?


ここまで見てきたように、唯一円安だけが救いであるものの、コロナ禍の航空会社破綻リスクと、降って湧いたような強権国家による超法規リスクでビビりまくっています。


今はまだ円安ですが、日銀が金利上昇圧力に屈するのも時間の問題と思われます。このため、いつ何時円高に振れてもおかしくありません。


結局、オペレーティングリース償還時のドル円レートだけが問題なので、ほぼ半丁博打の世界です。ああ、ストレスはどこまでも続くようです。まさに人生はいばらの道だな...。








管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




意外にもデジタルネイティブ世代は仕事ができない?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルネイティブ世代とは


デジタルネイティブ世代とは、1990年代後半以降に生まれた世代です。1990年代半ば以降にインターネットサービスが普及したため、幼少期からインターネットに接しています。


インターネットに接することが当たり前の環境で育ったため、生まれながらにして情報通信技術(IT)に親しんでいます。


1990年代以前の世代と比較してデジタルデバイスを自然に使いこなしており、よりグローバルな視野を持っていると言われています。


そんなすごい世代が続々と日本にも誕生しているのはとても喜ばしい。オールド世代出身としては、明るい未来が見えた気がしました。



デジタルネイティブ=スマホ世代である


歳を重ねるにつれて新しい技術にキャッチアップする能力は低下します。一方、若い世代は年齢による能力の高さに加えて、デジタルデバイスを身体の一部のように使いこなせます。


現在のような高度情報化社会では、デジタルネイティブ世代が圧倒的有利に思えます。年齢差別するわけではありませんが、私もスタッフ採用は若い人しか見ていません(笑)。


採用の前提条件を 20歳代として人材を探しています。目ぼしい人がいると積極的に声掛けするのですが、意外な事実に気付きました。あまりにも ITスキルの低い人が多いのです。


デジタルネイティブ世代なのだから、WordやExcelはもちろん、各種のクラウドサービスは当然体得していると思いがち。しかし実際にはほとんど何もできない人が多いのです。


病院勤務もしているので、優秀な事務員にも気軽に声掛けしています。しかし、院内では優秀に見える彼女たちも、リモートワークでは全然使えません。


その理由は、彼らが慣れ親しんでいるのはスマホのみだからです。スマホですべての情報を得ており、一見すると ITスキルが高そう。しかしスマホは基本的に消費するモノです。


プロダクトを作成する技術や能力はスマホでは育ちません。デジタルネイティブ世代と言っても単なる「情報消費者」が大量生産されているだけ...。衝撃の事実でした。




二極分化が著しいデジタルネイティブ世代


なんだ、デジタルネイティブ世代と言っても全然使えないじゃないか。今どきの若い者は...というフレーズを呟いてしまいそうですね。


デジタルネイティブ世代は幻影かもしれませんが、全員が使えないワケではないです。むしろ、昔は存在していなかった超優秀層がそれなりに居ることに気付きました。


例えば、近所に住んでいる中学生は、まだ 2年生なのに高1の履修範囲をラクラクこなしています。これだけなら昔からいる優等生ですが、趣味に関する HPを作成していました。


コードの書き方はネットで調べてテキトーにマスターしたそうです...。もちろん生まれ持った才能がベースですが、デジタルネイティブな環境の影響力も大きいと思います。


デジタルネイティブ世代の全員が凄いといのは幻影ですが、超優秀層の数は確実に増加していると思います。


それにしてもこの格差...。単にスマホで情報を消費する大多数の人と、少数ではあるもののデジタルを自分の手足として使いこなしてプロダクトを作成する技術を持つ超優秀層。


なかなか凄い世の中になってきました。経営者/投資家としては、当然後者の超優秀層とかかわっていきたいモノです。






医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。