整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

投資戦略

英ポンド最安値でも買い出動不発の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

最安値
...
これほど心をくすぐる言葉はありません。日経新聞に心躍るニュースがありました。




何でも、新政権が減税を柱とする経済対策を打ち出したことを嫌気して、英ポンドが売られているようです。


英国で通貨安と金利上昇が加速し、金融市場の新たな火種になってきた。ポンドは26日に対ドルでの過去最安値を更新した。トラス政権が減税を柱とする経済対策を打ち出し、財政やインフレの悪化につながる懸念を生んだためだ。英市場の動揺は、世界が直面するインフレ対処の難しさを映す。



対ドル相場で史上最安値を更新して、世界経済の新たな火種になっています。私たちにとっては円安が大問題に思えますが、世界では円ではなく英ポンドが話題が集中しています。


なるほど、通貨安で苦しんでいるのは日本だけではないようです。よく考えると英ポンドだけではなくユーロも通貨安で苦しんでいます。と言うか、米国ドルの独歩高なのでしょう。


そうか、英ポンドは安いんだ! と思って早速英ポンド相場のチェックをしました。目的はもちろん安物買いです。



220927




ところが、見てびっくり。対日本円では全然安くないじゃないですか!!!むしろ、過去10年では最高値圏で推移しています...。


こんな状況では、とても英ポンドなど買えません。たしかに米国ドルは世界の基軸国通貨なので、コモディティはすべて米国ドル建てです。


このため、対米国ドルで最安値になってしまうと、輸入物価が高くなって国内インフレの制御がますますむ難しくなります。このことも英ポンド通貨安の要因のひとつでしょう。


しかし、私の淡い期待は見事に打ち破られてしまいました。日本円の病根の方が数倍ヤバそうなことを再確認しただけです...。


う~ん、世界的にはあまりニュースになりませんが、日本はもしかしたら世界恐慌の引き金を引きかねないと感じました。トリガーはもちろん国債償還の支障です。


対米国ドルで最安値圏の英ポンドが、対日本円では最高値圏という笑えない状況...。日本円はかなり危ない状態のようです。







管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




2022年末には日本がGDP 4位に転落?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新聞に衝撃的なニュースが流れました。
円安で縮む日本 ドル建てGDP、30年ぶり4兆ドル割れ です。


ドル建てでみた日本が縮んでいる。1ドル=140円換算なら2022年の名目国内総生産(GDP)は30年ぶりに4兆ドル(約560兆円)を下回り、4位のドイツとほぼ並ぶ見込み。ドル建ての日経平均株価は今年2割安に沈む。賃金も30年前に逆戻りし、日本の購買力や人材吸引力を低下させている。付加価値の高い産業を基盤に、賃金が上がり通貨も強い経済構造への転換が急務だ。



記事のタイトルからは読みにくいですが、GDPがドイツに抜かされて4位に転落する可能性があるとのことです。リーマンショックに続き、コロナ禍でも日本は負け組筆頭なのかも。


ドルベースでの話なので、円ベースで生活している私たちの生活には直接影響無いという話もあります。しかし、それはあくまでも短期的な目線に過ぎません。


日本の物価がこれだけ安価に保たれているのは、企業努力の賜物に過ぎません。企業努力というのは少し綺麗な表現です。実態は企業の資産が国民がばら撒かれているのです。


その好例は電力会社です。電気料金は法律で急激な値上げを規制されています。このため、エネルギー価格高騰にもかかわらず、十分に電気料金を上げられない。


このため、電力各社は膨大な損失を計上しています。電気を売れば売るほど損失が増加する地獄絵図。普通の会社ならとっくに値上げしているのに、規制に縛られてできないのです。


自発的か否かにかかわらず、似たような状況が日本全国で繰り広げられています。現状は企業から個人に利益供与されている状況です。しかしこの状況がいつまでも続くはずがない。


早晩、企業に蓄積された収益が枯渇します。そうなると欧米並みの激しいインフレが発生するのは自明の理です。下記に消費者物価指数と企業物価指数の推移を提示します。



220923 - コピー

(NHKより転載)


2022年になって急激に2つの物価指数の差が広がっていることが分かります。つまり、企業は高騰する仕入れに四苦八苦しているものの、物価に転嫁できていないのです。


こんな状況が永続するはずありません。企業の体力が尽きた時点で消費者物価指数が上昇します。いつ欧米並みに物価が上昇するのかは時間の問題なのです。


このまま物価が上昇しない narrow pathとして、企業体力のあるうちに米国の金融政策が奏功してエネルギー価格高騰が鎮静化されるパターンでしょう。


しかし、確率的には低いと言わざるを得ません。やはり日本自体が主体的に、経常赤字に陥ってしまう産業構造、エネルギー政策、規制動向を抜本的に改革するべきでしょう。


ここまでボロボロになっているので、そろそろ国民全体がヤバい状況に気付いてくれる可能性があります。今私たちに必要なのは、痛みを伴う改革なのです。


さて、エネルギー企業などからおこぼれを貰って生活している私たちは、安くて快適な生活をしています。たった 8ドル(1000円)でランチを食べられる日本の安さは異常なレベル。


早晩、修正されることを前提に、この「安さ」を楽しむのも一手かもしれません。しかし、残念ながらすでにアップルなどの海外企業は、為替相場に応じた値上げを始めています。


以前であれば為替相場の変動は、企業が損失を被っていました。しかしその許容範囲を超えた状況+日本市場の地盤低下で、日本の状況はあまり考慮されなくなっているのです。


相当ヤバい状況に突入しつつあるため、不安が無いと言えば嘘になります。しかし、これまで周到に準備してきた人にとっては一攫千金のチャンスの時期到来かもしれません。


通貨価値下落に対して抵抗力のある「モノ」に現金を交換しつつ、本当の買い場が来るのを虎視眈々と狙いたいと思います。







管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




2022年は変化が激し過ぎる! 30年分の綻びが一気に現実化

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年は、私たち日本人の周囲でも急激な変化が発生しました。これまでの常識を覆すイベントの目白押しです。


  • 遂にインフレがやってきた
  • 日本円の実質実効為替レートが半世紀前まで落ちた
  • 韓国にまで1人当たりGDPで抜かれた


いずれもバブル崩壊後 30年間変わらなかったことですが、ここに来て急激に変化が起こっている印象を受けます。


特に衝撃的だったのが、韓国に1人当たりGDPを抜かれたことです。30年前には比較することすらバカバカしかったことが現実化してしまいました。


これってかなりヤバイことじゃないでしょうか。そしてこの数年間で更に危険な状況になっていきそうな雲行きです。


  • 台湾への中国軍の侵攻を契機とした日中開戦
  • 長期金利上昇による財政危機の顕在化


いずれもかなり高い確率で発生しそうです。いずれも日本の国力減弱化が遠因と思われます。何故、日本の国力が低下し続けたのか?


私の感覚では、変化を嫌う国民性が国全体の衰退を招いたのではないかと考えています。例えば電力危機。今年の冬は深刻な電力危機が発生する確率が高いです。


しかし即効性のある原発再稼働は見込めていません。今年の夏は薄氷を踏む状況でしたが、全然懲りていないようです。今すぐ解決できるのに何もしないって一体どうなんでしょう。


あと、未だにコロナに拘泥しているのにも本当に呆れてしまいます。中国ほどではないですが、誰得な自縄自縛は明らかに国家の損失でしょう。


安全第一で何も決められず変わらずでここまで来てしまった30年。ここに来てこれまでの綻びが顕在化しました。このままではちょっとヤバいことになりそう...。


私には、米国の新型コロナウイルス感染症の推移を見て感心したことがあります。
  • コロナ禍初期には世界最多の感染者数と死者を出した
  • コロナショック初期には失業率が一気に15%に跳ね上がった
  • 新規感染者数が高いにもかかわらず世界最速でコロナ対応を終了した


日本と比較にならないほどドラスティックな状況だったにもかかわらず、悪い状況を受け入れて前へ進む姿です。


翻って日本では、感染者数や死亡者数は極めて少ないにもかかわらず、鉄壁の守り(?)で委縮してしまい、気付けばコロナ禍の負け組に転落している有様です。


おそらく米国のような状況になったり、米国のような対応をすると政権が倒れる可能性が高いのですが、そのあたりの国民性も現在の結果に結びついているのだと思います。


安全第一に徹して変化を拒む社会を維持する余力は、コロナ禍でさらに無くなってしまいました。そろそろ本当にヤバいレベルの国家財政危機です。


そして財政破綻だけなら耐えることができるかもしれませんが、戦争が起こると国家の存亡にかかわります。とにかく変化を受け入れて前へ進むしかないと思います。


2022年は歴史のスピードが加速し始めていることを実感します。国民全員に10万円ばら撒くバカなことをしている余裕は無い。今回の黒船襲来も何とか乗り切りたいところですね。







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




バリュー株には好調が続く2022年の金融資産投資

このエントリーをはてなブックマークに追加

金融資産投資が好調なワケ


2022年になって、日本を含めて世界の株式市場は総じて軟調です。しかし、私自身はかなり成績が良いです。2021年8月の時価総額比で、2022年8月時点では約110%でした。


しかもこの1年間で物件を2つ購入しています。現金購入したものもあるので、もし不動産投資をしていなかったら、1年前に比べて120%の時価総額だったことになります。


この数字はなかなか良いと思います。何故なら何もしていないのに、1年前と比べて金融資産の規模が 10~20%増加しているからです。


一方、2022/9/16の NY市場も軟調な結果でした。パウエル議長の高金利維持発言の影響は、株式市場にとってかなり深刻な印象を受けます。


米国株や世界株へ投資している人には苦難の時期です。株価下落がどのレベルで底打ちするのかは、全く予断を許さない状況です。


そんな八方塞がりな状況下で、なぜ私の金融資産投資のパフォーマンスはそれなりの結果を出しているのでしょうか。その理由は、メインポートフォリオがバリュー株だからです。


昨今の株価下落(暴落?)で最も被害を被ったのはグロース株です。米国市場のグロース株は散々な結果に終始しています。果たしてグロース株の下落はいつまで続くのでしょうか。


この答は明確です。FRBの利上げ終了宣言がターニングポイントとなります。ただし、その時期がいつかは定かではありません。その時期まではバリュー株優位は動かないでしょう。


バリュー株投資の醍醐味


一方、バリュー株というフレーズを聞くと、良いイメージを抱く人は少数派でしょう。バリュー株って、衰退しつつある銘柄の代名詞だからです。


しかし、投資家目線ではこの評価は正しくありません。バリュー株は格安なので「投資効率が非常に良い」銘柄が多いからです。

例えば、現在の私は〇千万円の資金を地銀株に投下しています。クソみたいな業界に投資する目的はリバウンド狙いです。とにかく本来の価値から著しく低い評価なんです。


一時期に比べるとかなり上昇していますが、それでもPBR 0.5以下の銘柄ばかりです。あのめちゃくちゃな状況の電力株よりも更にひどい...。


不当な安値で株価が放置されているので、配当利回りは未だに高い銘柄が多いです。ちなみに2022/8月末時点での私の実績は、株主優待を含めると 5.61%です。


5%を超える配当利回りって驚異的だと思いませんか? 銀行口座にお金を入れていてもほとんど利息がつきませんが、その銀行の株を買うと数百倍の配当をもらえる...。


もちろん元本保証ではありませんが、株価下落リスクを受け入れられるのであれば、こんな美味しい状況はそれほど無いでしょう。


今はコモディティとVTの下落待ち


さて、金融資産投資に関しては目下絶好調のワタクシですが、現在の状況はすでに「終了した」投資の成果を得ているだけです。


今後どう動けばよいのか? についての考察を続けています。世界の状況はあまり良いとは言えません。インフレ、政治的不安定、戦争、異常気象など問題のオンパレードです。


世界はどこに向かっていくのか? その方向性を読むことが地雷を踏まないためにも大切です。大きな方向性は下記の2つでしょう。


  • 通貨価値は下落し続ける
  • 世界はますます不安定な状況に向かう


この状況が現実化すると、もっとも悪い打ち手はひとつの国の通貨を現金で所有することです。日本円はもちろんのこと、米国ドルの長期保有も悪手でしょう。


そして、資産を託す船はどこにあるのか? 私は人の知識や経験と、コモディティだと考えています。具体的にはこれらの所有する株式銘柄です。


虎視眈々とFCXなどのコモディティ銘柄やVTなどのインデックスを狙っていますが、かなり下落したとはいえ、コロナバブルの影響でまだまだ高値です。


買いたい病を抑えながら、チャンスの窓が開くのを待っています。それまでは、金融資産投資以外に注力ですね。






管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




医師なら資産形成の少数派「フロー戦略」の選択もアリ?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資産形成には下記のように 2通りの考え方があると思います。

  • ストックを積み上げる
  • フローを大きくする


ストックを積み上げるとは、資産の時価総額を大きくすることを意味します。具体的に言うと、株式の積立投資やキャピタルゲイン目的の不動産投資です。


いかにして換金性の高い資産を殖やすのかを追求するゲームと言えます。不動産投資では売買を繰り返して手元キャッシュを積み上げていきます。


不動産投資家は買いっぱなしなイメージですが、実際にメガ大家やギガ大家と呼ばれる人の多くは、売却益を次の投資の原資にして規模を拡大していきます。


一方、フローを大きくするとは、資産からのキャッシュの流入を増やすゲームと言えます。具体的には、配当目的の株式投資や賃料収入目的の不動産投資です。


表面上は両者の違いが分かりにくく、またお互い密接にリンクしています。しかし、資産形成を実践している人のアタマの中では、どちらかに比重を置いていることが多いです。


それでは、どちらの資産形成戦略が望ましいのでしょうか? 一般的には、①ストックを積み上げる戦略が多数派であり、また資産形成のスピードも速いでしょう。


一方、農耕民族である日本人の習性として(?)、フローを大きくする資産形成戦略も一定の支持を得ています。感覚的にもフローの方が安定していそうですね。


ただし、フローを大きくする戦略には致命的な欠点があります。それは資産形成のスピードがとても遅いことです。


実際、この戦略に100%依存していると、命が尽きるまでに資産形成が完了しません。世の中では複利の素晴らしさが話題にのぼりますが、実践するのは容易ではありません。


このように、資産形成で最も採用されているはストックを積み上げる戦略であり、人生の長さを考えると合理的戦略と言えます。


しかし、当然のごとくストックを積み上げる戦略にもデメリットがあります。それは投資のセンスと精神力の強さが必要とされることです。


株式投資ではどんな状況でも積立し続ける強固な精神力が必要ですし、不動産投資では割安な物件を探し出して高値で売却する技術が必要です。


多くの人は、両方とも十分と言えるほどの資質を持ち合わせていないため、その成果は死屍累々となっています。なかなか現実は厳しいですね...。


それでは、フローを大きくする戦略が望ましいのかというと、前述のように資産形成のスピードが遅すぎるデメリットがあります。


結局は①②の組み合わせで、どちらかに比重を寄せることが現実的な考え方です。ちなみに私の場合は、②フローを大きくする戦略が 8割ぐらいウェイトを占めるイメージです。


おそらく医師ではなく会社員であったなら、今レベルの資産規模になるのは数十年先だったと思います。つまり、医師の立場では②フローを大きくする戦略も合理的戦略なのです。


その理由は若い時から圧倒的なキャッシュ産生能力を有することが可能だからです。20歳代で年収1000万円をほぼ確実に超えることのできる職業は医師以外はあまり無さそうです。


しかも医師になるのに特別な才能は必要ありません。数年に渡って寝るとき以外はひたすら勉強する根性さえあれば、多くの人はクリアできる可能性が高いです。


もちろん、その根性が一種の才能という話もありますが、とにかくプロ野球選手になるような特殊能力は必要無いことだけは事実です。


ここまでの話でだいたい今日の結論は読めたと思いますが、医師であれば②フローを大きくする戦略を採用する選択肢があります。


実際、フローが大きくなってくると「人生あがったな」と強く感じるようになります。リーマンショックやコロナショックが来ても、フロー収入はさほど影響を受けませんから。


①ストックを積み上げる戦略であれば、リーマンショックやコロナショックが来ると真っ青でしょう。こんな状態では、おちおちリタイアもできません。


せっかく死ぬほどの努力を重ねて医師になったのであれば、②フローを大きくする戦略を採用しても良いかもしれません。


ちなみに医学部入試を突破するのに死ぬほどの努力を要したのは、アタマのスペックが乏しい私だけかもしれませんが...。






管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。