整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

最強の節税法を考えてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週号の週刊ダイヤモンドは節税特集でした。
税務署が狙う!富裕層 最強の節税 です。







永久保存版ほどの内容ではないですが、全体を網羅するうえではなかなか良い特集です。文章の稚拙さのために、節税スキームで理解することが難しい部分があったのが残念です。


現時点で節税を考えている人が新たに得る知識はありません。しかし、過去に有名だったプラチナフェニックス、名義変更、中古海外不動産等のスキームが丁寧に解説されています。


上記3つの節税手法は明暗が分かれました。プラチナフェニックスは逃げ切ったものの、名義変更は 2019年7月まで、中古海外不動産は無制限に過去へ遡及されてしまいました。


特に被害(?)が大きかったのは中古海外不動産だったようです。不動産投資としては全く割に合わない価格で購入した人が多かったため、甚大な損失を被ったようです。


やはり、①誰もが知っていて ②皆が殺到しており ③節税を除くと経済的合理性を欠く のすべてを満たしている中古海外不動産投資は、最悪の選択肢だったことが分かります。


結局、中古海外不動産投資で儲けたのは、海外不動産販売業者と 2020年までに売却して節税効果を確定した先駆者(?)だけだったようです。


希望の星(?)は仮想通貨のようですが、少なくとも国内業者はすべて塞がれています。海外業者は手付かずですが、国内に資金を還流させる段階で補足されてしまいます。


どうしても税金を払いたくないのなら、日本国籍を放棄することがベストですが、住み慣れた国を捨てるのは勇気の要る決断です。少なくとも今の私にはこの選択肢はありません。


ただし、財政破綻によって人心が荒廃した場合はこの限りではありません。絶対に日本に居なければならない状態でも無いので、最悪のケースでは日本国籍放棄も視野に入ります。




今回の特集を読んだ感想は、過去に遡及する最近の国税の強行な姿勢を鑑みると、リスキーな節税対策は墓穴を掘る可能性が高そうだということです。


適度な節税は必要ですが、常識の範囲に留める方が良さそうです。昨年はかなり納税して悶絶しましたが、納税してでも手残り資金を確保することが良いと考えることにしました。


今後の方針としては、個人所得をさらに削減して税負担そのものを減らすことです。貴重な自分の時間を費やしてまで所得を得ないのが吉です。無い袖は振れぬが最強でしょう。


一方、個人の分離課税と法人を最大限利用する方針とします。その意味で、相続を考えない場合は、個人所有の株式配当金は最強でしょう。税引き後の収益を株式に置換するのです。


法人も実質的には 3割近い税負担になるので苦しいですが、個人よりも幾分マシな状況です。資産は法人に集中させて、自分自身は稼がず所有せずがベストと考えています。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




NRIレポートにみる富裕層になるためのシンプルな手法

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の富裕層研究の資料は、野村総合研究所(NRI)が 2年毎に公表しているNRI富裕層アンケート調査が情報源であることが多いです。


最新版は、2020年10~11月に実施された2019年度版です。結果は下記のごとくで保有資産規模と世帯数がピラミッド型になっています。ピラミッド型なので比較的健全ですね。



555 - コピー

野村総合研究所のホームページより転載



さて、野村総合研究所は今回の調査結果に関して下記のようなコメントを発しています。


富裕層と超富裕層をあわせた2019年の世帯数は、2005年以降最も多かった2017年の合計世帯数126.7万世帯から6.0万世帯増加しました。富裕層・超富裕層の世帯数はいずれも、安倍政権の経済政策(「アベノミクス」)が始まった後の2013年以降一貫して増加を続けています。

過去10年近くにわたって富裕層・超富裕層の世帯数及び純金融資産保有額が増加している要因は、株式などの資産価格の上昇により、富裕層・超富裕層の保有資産額が増大したことに加え、金融資産を運用(投資)している準富裕層の一部が富裕層に、そして富裕層の一部が超富裕層に移行したためと考えられます。



ご親切にも、野村総合研究所は富裕層以上になるためのシンプルな方法を説明してくれています。端的に言うと、株を買って持ち続けろ! です。


誰でも実践できますが、本当に実践できる人は少ない手法です。多くの人は、①そもそものタネ銭が少ない ②株価が上がるとすぐに売却してしまう という二重苦に陥っています。


①②を両方ともクリアしている人は、この 10年で確実に富裕層に駆け上がれたはずです。そして今のトレンドが続く限り、10年後も同じ結果になっている可能性が高いです。


尚、野村総合研究所の調査は金融資産がメインですが、不動産を含めるとその傾向がもっと明確になるはずです。何と言っても、都心地価の上昇率は株式以上ですから...。


いずれにせよ、富める者がますます富むという身も蓋も無い現実です。しかし、この状況に対して愚痴を言っても仕方ありません。


残念ながら北欧を除くと日本以上に社会主義的な国は存在しません。この世界で生きていく以上は、まずタネ銭を集めて資本主義のゲームに参加する資格を得ることが先決でしょう。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




食っていける国家資格+起業=最強の戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、来年に大学受験予定のお子さんを持つ方から、子どもの進路先についての相談がありました。現時点では、国公立医学部はなんとか合格できそうな学力だそうです。


訊きたい内容を端的に言うと、医学部と東京大学のどちらに進学するのがお勧めかという点です。これについては語り尽くされた感がありますが、やはり判断は難しいですね。


私は医師なので医学部推しだと思われがちですが、実はそうでもありません。今から医師になるのは明らかにリターンが少ないので、強く推奨する気になれないからです。


かと言って、東京大学推しというわけでもないのが難しいところです。現時点で言うと、やはり医学部>東京大学の期待値だからです。


企業の寿命が極端に短命化している現在では、終身雇用は事実上崩壊しています。このため、東京大学卒であっても、実力が無ければ社会を渡っていけません。


東京大学卒でも専門的なスキルを身に着けて転職しながらキャリアアップする方針となります。ジェネラリストでは生きていけないので、必然的にスペシャリストを目指します。


同じスペシャリストを目指すのであれば、東京大学卒業よりも医師免許の方が年収の下限が担保されています。このため、現時点では医学部の方がお勧めではあります。


しかし、医師免許の神通力にも陰りが見えます。いくつか原因がありますが、代表的な下方圧力として医師人口の増加と日本の財政問題が挙げられます。


医師人口増加は必ず来る未来ですし、財政問題が解決される可能性は極めて低いです。このため、医師の平均年収が減少するのは必至です。


私たちの世代ほどは 100%稼げないので、今から大学入学する世代は医師の将来は暗いことを知っておくべきだと思います。


しかし、それでも私は医学部を推奨したいと思います。ただし、単に医師免許を取得して臨床医もしくは研究医として終えることを推奨しているわけではありません。


もっとも期待値の高いキャリアパスは、医師免許を取得して最低限の収入を確保しつつ、起業して青天井のアップサイドを狙うという戦略です。


この戦略は、ブラックスワンの著者であるナシーム・ニコラス・タレブの言う「バーベル戦略」です。医師起業家は、一般人と比較して低リスクに起業できるので非常に有効です。


そして、医師免許ほどではないものの、弁護士・公認会計士・弁理士・税理士・司法書士・歯科医師・薬剤師・獣医師・看護師免許を取得している人はバーベル戦略を利用できます。


つまり、食っていける国家資格+起業=最強のキャリアパス ということになります。上記で挙げた食っていける国家資格の下限は看護師免許だと思います。


看護師免許以上を取得できる学力がある人には、バーベル戦略を採ることを強くお勧めします。そして、既に上記の国家資格を持っている人は、バーベル戦略を検討してみましょう!







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




株式投資の成功体験が通用しなくなる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊ダイヤモンド 2021/4/3号に掲載されていた、政策マーケットラボというダイヤモンド社のコンテンツ紹介(?)に興味深い記事がありました。


ピクテ投信投資顧問のグローバル資産運用部長の松元浩氏による「積立投資」は株価下落まで待つべきか?今から始める人の3つの注意点 です。


この記事の趣旨は、下記3点です。
  1. ひとたび積立投資を開始したら頻繁に相場をチェックしない
  2. 相場の下落を待ったなら積立金額を増やして始める
  3. 相場の下値と時期のめどをあらかじめ想定しておく


今回の松元氏の投資戦略は、基本的にドルコスト平均法での投資を前提にしています。このため、タイミングと資金配分を重視する私の投資戦略とは相容れない考え方です。


しかし、②③にかんしては他では見たことの無い主張であり、ドルコスト平均法を実践するうえでは、投資戦略のキモとなることは疑う余地もありません。


ドルコスト平均法を主力に据えようと考えているにもかかわらず、まだ投資を開始できていない人は必ず覚えておくべき事項です。


さて、今回私がこの記事に注目した理由は、③相場の下値と時期のめどをあらかじめ想定しておく、を読んでインスピレーションを得たからです。


それは記事内容とは直接関係無いことなのですが、これまで私が15年間にも渡って堅持してきた「超長期逆張り投資」はそろそろ賞味期限が到来するかもしれないという予感です。


正確には、これまでの運用ルールにおける相場の下値基準を見直す必要があるかもしれないと考えたのです。


私の日本株に対する大局的な相場観は、10年スパンの超長期であってもボックス圏内に留まるというものです。この状態が維持されている限り、勝ち続けることが可能です。


しかし、今回のコロナ禍で前提条件が変わった可能性があります。具体的には、米国のような通貨価値下落に伴う株価の右肩上がりトレンドとなる可能性です。


そうなった場合には、株価の下値は切り上がっていくので、日経225が○○○○○円まで下落すれば買い出動しよう!という戦略では投資機会を逃すことになります。


これを防ぐためには、指数の絶対値ではなく、直近高値からの下落率を買い出動のトリガーとする必要があります。


実際、今回のコロナショックでは個別業界への投資ではほぼ満足できる成績を獲得したものの、iDeCoで積み上げた定期預金を VTに変換するチャンスは逃してしまいました。


iDeCoへの投資金額は極めて少額なので笑い話で済みますが、主力部分で投資機会を逸すると生涯成績に大きなマイナス影響を与えてしまいます。


今回の松元氏の記事は、これまでの私の戦略を変更するべき時期に差し掛かっている可能性について検討するきっかけを与えてくれました。


これからは指数の絶対値ではなく、下落率を超長期逆張り投資開始のトリガーポイントと考えよう...。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




週刊ポストとアサ芸に加えてイケ〇ヤに注目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、某プラットフォームの美人担当者様と連載のお題について意見交換する機会がありました。この方はプロなので、効果的にPVを集める知見をお持ちです。


文章の表現法や構成について、いつも勉強させていただいているのですが、PVを集める際に最も重要な要素のひとつとしてタイトルがあります。


連載のタイトル次第で PVの集まり方が全然違うとのことです。そして、PVを集めやすいタイトルとしては、時流に乗っているもの、取り組みやすいもの、が挙げられます。


その観点では、現在は株高が話題なので株式投資や仮想通貨が王道です。ところが、不肖の私は不動産投資の話題を提出してしまいました...。


困ったヒトを地で行っているので申し訳無さでいっぱいです。しかし、ご迷惑をおかけしていることは理解しているものの、私は株式や仮想通貨を煽ることに拒否感を抱いています。


その理由は、株式や仮想通貨に参入するべき時期ではないと思っているからです。もちろん私が逆張り投資家であることが理由のひとつですが、順張りであっても危険な状況です。


一応、プロ投資家を自任しているので、利益獲得に対しては執念を抱いています。このため、この時期に私が株式市場や仮想通貨市場に参戦することはありません。


もちろん、株式や仮想通貨の話題は注目を集めやすいですが、自分が絶対に投資しない時期に買い煽りをすることはポリシーに反します。


もし私が順張り投資家だったら、ガンガン行ってるかもしれないので、もう少し面白いことも言えるかもしれませんが...。


しかし、順張り投資家で結果を出し続けるには相場の流れを読む才能と損切りを厳格に実行できる精神力が必要です。非才の身にはハードルが高いと言わざるを得ません。


暴落時に買い下がれる鋼のメンタル(?)だけが取り柄の非才としては、精神的にはもっともキツイけど投資の才能に乏しい人でも勝てる可能性が高い逆張りを推すしかありません。


そのようなことを考えながら、今現在どんな人が株式や仮想通貨を買い煽っているのかを確認すると、超目立っている人が居ました! イケ〇ヤさんです!


この人、復活してたんですね~。仮想通貨暴落で自分の信用と資産(?)を失ったと思っていましたが、めちゃくちゃ勢いがあります(そう見えるだけ?)。


非常に貴重なオピニオンリーダーを再発見しました。私は「ニュースセブンと週刊ポストの法則 ※」を提唱していますが、週刊ポストやアサ芸に加えてイケ〇ヤさんもウォッチしよう。


※ NHKのニュースセブンで株価下落が連日報じられると買い出動のタイミングであり、週刊ポストやアサヒ芸能のような大衆誌で株高が取り上げられると相場は天井付近という法則






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。