整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

複利効果は投資だけと思ってないですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

限られた時間をいかにして有効活用していくのか? この命題には多くの人が悩んでいると思いますが、私はできるだけストックとして残る時間の使い方を心掛けています。


ストックとして残る時間の使い方とは、具体的にどのようなことを指すのでしょうか? 私の中では下記のようなことを念頭に実践しています。


  • 事業の仕組みをブラッシュアップする
  • 不動産の情報収集
  • 株式市場の情報収集+短期的な投資戦略を練る
  • ブログ記事を作成して情報と信頼性をストックする
  • 新規性のある経験にチャレンジする


1日のタイムスケジュールをみると、ストックとして後にまで残る使い方ができる時間は意外なほど少ないです。普段の食事や休憩などはフロー的なので成果物として残りません。


このため意識的にストックに変換できる時間利用法を考えないと、どんどん時間は消え去っていきます。2~3時間でもストックに変換できれば、合格点と考えて良いでしょう。


一般的に時間の有効活用として自己研鑽が推奨されていますが、私の場合は直接ストックとしての成果物を得る使い方を心掛けています。


もちろん自己研鑽を否定するわけではないのですが、抽象的ですぐに結果が出るわけではありません。限られた時間に優先度をつけるために成果物を産み出すことを優先しています。


事業の仕組みのブラッシュアップはレバレッジが利くので極めて有用な時間の利用法です。パートナーやスタッフの資質向上のために、たくさんの時間とお金を注ぎ込んでいます。


不動産や株式は代表的な不労所得となります。限られた資金で最大のキャッシュ産生能力を獲得するため、相場観や物調・銘柄調査にたくさんの時間を割きます。


情報発信もストック性の高い行為です。情報発信の手法として、ブログは古いメディアになりつつありますが、私が継続している理由は情報のストック性にあります。


Twitterや Instagramなどの SNSの方が発信力がありますが、その性質上ストック性に乏しいフロー的メディアであるため、時間の費用対効果を鑑みて取り組んでいません。


現在取り組んでいる事業のブログは週1回ペースで5年近く継続していますが、膨大な情報量が強力なフックとして引っかかるため、ロングテール的な集客に対しても効果的です。


このよう直接ストックに変換できる時間の使い方を毎日2~3時間実践するように心がけていますが、それ以外のフロー的に見える時間も新規性のある経験に使いたいと思っています。


もちろん、毎日新規性のある経験を実践するなど不可能ですが、普段通らない道を歩いたりすることもセレンディピティを得るチャンスになるかもしれません。


一方、ストックとして残る可能性の少ないことは、できるだけ取り組まない方針を堅持しています。雑用はお金を払ってでも他人に任せることで自分の時間を最大限確保します。


昔は自分の時給単価を目安に雑務を他人に発注するか否かを決定していましたが、人生の残り時間を鑑みて、今では時給ではなくストック性を重視して外注を決定しています。


蓄積したストックからはフロー所得が発生します。そのフロー所得は自分の時間を買う原資となるため、時間の経過とともにストック効果は増加していきます。


投資での複利効果はよく話題になりますが、ストック的成果物からの複利効果はあまり認識されていません。人生をうまく渡るためには投資以外の複利効果にも注目しましょう。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




あなたは医療保険の勝ち筋を知っているか?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネットの連載企画【医師のためのお金の話】第 46回が、昨日アップされました。お題は「医師の入っている医療保険」は最適か? です。



log_carenet




今回のお題は医療保険です。医療保険は、医師が知っていそうで意外と知らないモノの筆頭ではないでしょうか



毎日のように生命保険の診断書を作成していますが、その内容についてどれだけの人が熟知しているかは甚だ疑問です。


かく言う私も医療保険のトレンドについて完全に時代遅れになっていたことを告白します。医療保険に加入した当時は最先端(?)の知識を得ていると思っていたのですが...。


御存知のように、医療業界は医療財政の逼迫でさまざまな変化が押し寄せてきています。その代表的なものは、入院期間の短縮化であり外来治療の拡張でしょう。


これらの変化は当たり前のモノとして受け止めていますが、その変化が自分の加入している医療保険にどのような影響を与えるのかという視点が私には完全に欠けていました。


そしてこのことに気付いたのは、実際に自分の加入している医療保険を使う場面になってからです。せっかく加入していた医療保険がほとんど使い物にならずに愕然としました。


今回は私の手痛い失敗から学んだ医療保険の選び方です。3分で読了可能なので、ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 46回を訪問してくださいね!






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




株式投資では FIREできない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

資産形成コミュニティでは、FIRE(Financial Independence, Retire Early)を目標にする人が多いです。FIREとは、経済的に自立して早期退職する生活スタイルのことです。



参考: FIRE関連のブログ記事



医師という仕事が大好きな私にとって、FIREという概念が提唱され始めたころから、そんな生き方はつまらないと思ってきました。


一方、FIREを目指す人は、従業員としての束縛感から逃れたいという気持ちがあるのでしょう。この部分に関しては、勤務医的には同意するところもあります。


医師で FIREを本気で考えている人はあまり居ないでしょうが「いつでも辞めることができるオプション」を持つことは悪いことではありません。


そこで、実際に FIREできる状態をどうやって造るのかを考えてみました。FIREを考えるうえで十分な資産形成は必須です。最もメジャーな資産形成法は株式投資でしょう。


しかし、残念ながら株式投資で FIREできる状態にすることはほぼ不可能と言ってよいと思います。特に、VTなどのインデックス投資しか経験が無ければ絶望的と言えます。


その理由は下記の2つです。
  1. 変動率(ボラティリティー)が大きすぎる
  2. 資産形成をストックとしてしか見ていない


①ボラティリティーの大きさは株式投資の宿命です。退職後から何十年の間に、必ず暴落や天変地異が発生します。株式投資で FIREするとリスクをすべて抱え込むことになります。


②に関しては、もし株式投資でストック的な感覚しか持っていないと永久に引退できる時期はやってきません。生活する上で現金が必要ですが、ストックからは発生しないからです。


よく FIRE関係の書籍では、生活費の 25倍貯めた資金を 4%で運用すれば、運用益だけで生活費が賄えるという 4%ルールが提唱されています。


4%の運用益をコンスタントに出すことは至難の業です。短期的には配当利回り 4%越えの銘柄に置換すると達成できますが、インデックスしかやったことのない人には困難です。


考えうる最もありがちなパターンは資産を少しずつ食いつぶしていくことですが、暴落や天変地異発生時にコレをすると精神が病んでしまう危険性が極めて高いです。


このような理由で株式投資で FIREするのは現実的ではありません。一方、不動産投資では比較的容易に FIREを達成できるし、たくさんの人が実現しています。


キャッシュフローが成功のポイントとなる不動産投資では②は楽々クリアしますし、①のボラティリティーもコロナショック時でさえほとんど下落しなかったほど小さいです。


もちろん、不動産投資は株式投資ほどお気軽にできないため、すべての人に推奨できるわけではないですが、FIREを実現した人の数では株式投資を圧倒しているのも事実です。


ちなみに不動産投資で FIREするのに最もリスクが低いパターンは 5000万円の現金を複数の戸建てに変換して利回り10~15%のインカムゲインを得ることでしょう。


不動産投資では規模拡大を目指す人が多いため実践している人は少数派ですが、人生に疲れたらそのようなパターンの方が安心して余生を過ごすことができると思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




士業におかしな人が多いは定説だが...

このエントリーをはてなブックマークに追加

士業におかしな人が多いのは有名な話です。ここでいう士業とは、有力な国家資格保持者や教師のような「師」業です。


さて、士業は各種の専門資格職業なので自らの職業に対して誇りを抱いています。ここまで良い話なのですが、その誇りが変な方を向いている人が存在するのが問題点です...。


先日、社労士(社会保険労務士)でエライ目に遭いました。いくつか法人を所有していますが、いずれも小さな会社なので社労士とは顧問契約を締結していません。


就労規則改編などのスポットでお世話になる程度の泡沫客なので、先方にとって優先度が低い客なのは重々承知しています。このため必要最低限のクオリティで良しとしています。


多くを望まないので多少の失敗には目を瞑るようにしていますが、一般常識を逸脱した行為をされた場合には、毅然とした対応を取るべきか否かの判断を迫られます。


ここで毅然とした対応を取らざるを得ないときは...心情的には面倒で嫌々ではありますが、こちらの評判を守るためにも受けて立たざるを得ません。


このようなケースでは、どのように手を打っていけばよいのでしょうか? まず彼らの誇りと飯を食べている源泉である国家資格と同業者間の評判がポイントになります。


自分の専門性を隠れ蓑にしてこちらを煙に巻こうとするので、交渉相手としては少々やっかいにみえます。そこで、こちらもそれなりの戦略を策定しなければなりません。


まず最終的な落としどころを決定します。そこに向けて駒を進めますが、彼らのウィークポイントである国家資格と同業者間の評判が攻めどころです。


今回のケースでは契約書に記載されている内容さえ守られていない明らかな注意義務違反があり、被害総額は 100万円弱です。


最終的な落としどころが金銭面の補償であれば訴訟もアリですが、そうではなくこちらの名誉回復が目的であれば、社会保険労務士会への苦情相談をネタに謝罪を促します。


今回は金銭的解決ではなく名誉回復が目的なのですが、それでも開き直る不埒な対応を取られた場合は、弁護士に依頼して訴訟対応のポーズをせざるを得ません。


う~ん、面倒くさい...。しかし、人生には逃げてはいけない場面が確実にあります。たぶん今回はそれに該当するのでがんばってみようと思います。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




世の中で最も多くの人がデカイ資産を築いている方法はコレ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療では少し違いますが、居酒屋やラーメン店などの一般的な事業では、一度成功モデルを確立するとベルトコンベヤー式に資産形成することが可能となります。


その手法は、
  1. 1店舗目から安定的なキャッシュフロー(CF)を得ることに成功
  2. 1店舗目成功をエビデンスに2店舗目の融資を受けて1店舗目のCFを運転資金にする
  3. 3店舗以降もこの繰り返しで10店舗ほどのチェーン店にする
  4. 数億円程度でチェーン点を一括売却してEXIT確定


もちろん机上の計算なので実際にはこんなに簡単にはいきませんが、上記のステップで最も難しいのは②の2店舗目の開業です。


難しさの最大の要因は人のマネージメントです。1店舗目は自分の目が行き届くので従業員のマネージメントは比較的容易ですが、2店舗目はリモートの要素が増えます。


1店舗目と2店舗目の間に横たわる深い深い谷を乗り越えることができれば、事業の売却で富裕層の仲間入りできるチャンスが出てきます。


2店舗目を軌道に乗せることができるか否かが運命の大きな分かれ道なのです。最初に医療とは少し違うと言いましたが、実はクリニックの多店舗展開も理屈は同じです。


クリニックでは人のマネージメントというより医師のリクルートがボトルネックになります。集患できてかつコメディカルのマネージメントまでできる医師は希少なので...。


このため、クリニックの多店舗展開に成功している医師は、一般的な事業に比べて少ないと言えます。しかし、自院がひとつしかないと医業収入に見えない天井があります。


では、私たち医師はどうやってこの天井をぶち抜いて更なる上を目指せば良いのでしょうか? ここでは一度基本に戻りましょう。


一般事業が規模を拡大するのは②の段階ですが、ポイントは 1店舗目で稼いだ資金を事業に再投資している点です。医師の確保が難しいクリニックではどうやってクリアするのか?


私であれば、1店舗目で稼いだ資金を2店舗目に突っ込むのではなく、不動産や株式に投資します。たしかに2店舗目に投資するより投資収益の低下は否めません。


しかし、不動産や株式は事業に比べて市場性があるため売却が比較的容易であること、およびマネージメントはさほどしなくても CFを得ることができるメリットがあります。


このようなことを理解しているクリニックの院長は、多店舗展開を目指すのではなく自院の収益を不動産や株式に注ぎ込んで事業-不動産-株式というポートフォリオを形成します。


もちろん、勤務医が給与を用いて同じことを実践することも可能ですが、絶対的な CFが開業医と比べて少ないので到達点は低いと言わざるを得ません。


ここをカバーするのは投資技術の向上なのですが、こういう方向に話が進むと最後は投資技術云々に行き着くのでかなり考え方が変質してしまいます。


本日は、大きな資産をつくる仕組みで最もメジャーなものをご紹介しました。もちろんスタートアップで大きく売却する方法もありますが、難易度は更に高いことは論を俟ちません。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。