整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

THA

手に汗握る?!Crowe group Ⅲ/Ⅳに対する THA

このエントリーをはてなブックマークに追加


日整会誌95:622-627 2021に興味深い教育研修講座がありました。金沢大学の加畑先生による Crowe group Ⅲ/Ⅳに対する人工股関節全置換術 -術前計画と手術の実際- です。


なんともマニアックなお題ですが、股関節外科医的にはとても興味を惹かれます。冒頭で高位脱臼股の疫学を解説されています。


1970年代以降は乳児検診が一般化したことで、Crowe group Ⅲ/Ⅳの患者さんは激減しました。患者さんの高齢化も顕著で、あと20年すると日本人症例がゼロになるかもしれません。


おおっ、それは股関節外科医にとって朗報だ!と思ったのですが、加畑先生は発展途上国では依然として症例数が多く日本人医師が治療機会を失うことは無いだろうと述べています。


う~ん、Crowe group Ⅲ/Ⅳなどまっぴらごめんと思っている場末病院の股関節外科医と、大学の看板を背負っているスペシャリストの感覚の違いは大きいですね(苦笑)。


話は具体的な手術手技のコツに進みます。最大のヤマ場である寛骨臼のリーミング部分では、かつて執刀した症例を思い出してしまい、読んでいてドキドキしました(笑)。



たしかに Crowe group Ⅳのカップ設置では、寛骨臼後壁の張り出している部分を大胆に削るのが正解なのですが、紙上にもかかわらず痺れますね~。


診察の空き時間に拝読していたのですが、ひとりで手に汗握ってしまい苦笑いしてしまいました。久し振りにエキサイティングな瞬間でよかったです。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




コロンブス的発想! 人工関節周囲骨折を2期的に手術する

このエントリーをはてなブックマークに追加


人工関節周囲骨折は治療が難しいです。人工関節屋さんでなくても、人工骨頭置換術後のステム周囲骨折があるので、すべての整形外科医が症例を受け持つ可能性があります。


この歳になっても未だに人工関節周囲骨折がくると憂鬱になるのですが、その理由は手術手技の難しさと、一体どれぐらい手術時間がかかるのか予想できない点に尽きます。


インプラントと骨の安定性が毀損されると再置換術が必要です。セメントステムの人工関節周囲骨折の場合は、セメント除去+骨接合+再置換術という 3つものステップが必要です。


う~ん、考えただけで憂鬱になりますね...。できるだけ再置換術を避けたいので骨接合術に逃げがちです。しかし、海外のレジストリーでは明らかに骨接合術の成績は落ちます。


もちろん骨折型によって術式は決められるべきなのですが、現実論として待ったなしの骨折症例では各施設の能力の上限を超えている症例も多いことでしょう。


成績が不良になることを覚悟したうえで骨接合術を選択する場合が多いですが、実は一期的に手術をしてしまおうと考えるからしんどい術式になるとも言えます。


1期的にセメント除去+骨接合術+再置換術までしなくても、まずセメント除去+骨接合術を施行してから、2期的に再置換術を施行するという考え方もあります。


2期的に手術を行うメリットとしては、患者さんへの侵襲が小さいため合併症併発率を抑えられること、および専門医を招聘することで万全の体制で再置換術を実施できることです。


コロンブスの卵的な発想ですが、人工関節周囲骨折を必ず 1期的に施行しなければいけないルールがあるわけではありません。自施設の実力に応じて柔軟に考えると良いと思います。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




グラム陰性桿菌はバイオフィルムを形成しないので御しやすい?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、股関節外科医と感染症例について雑談をしていました。人工関節置換術後の起炎菌としては黄色ブドウ球菌が最多です。


黄色ブドウ球菌は毒性が強く、またバイオフィルムを形成するため鎮静化が難しいことはよく知られています。主治医にとってこんな厄介な細菌はありません。


このため術後感染が発生すると憂鬱になりますが、起炎菌が黄色ブドウ球菌ではなく、大腸菌等のグラム陰性桿菌では、意外と黄色ブドウ球菌よりも鎮静化しやすいことがあります。


その理由はグラム陰性桿菌はバイオフィルムを形成しないことにありそうです。バイオフィルムさえ形成しなければ化学療法は強力な武器となります。


もちろんグラム陰性桿菌が起炎菌ということは、それだけ全身状態が悪い症例が多いです。この点を考慮するとグラム陰性桿菌が組みやすい相手というわけではありません。


しかし、全身状態さえ改善できれば起炎菌がグラム陰性桿菌の場合はある程度希望が持てます。けっして、グラム陰性桿菌=終わったな...ではないと思うのです。



2021/10/12 午後22時追記
グラム陰性桿菌をはじめとして、ほとんどの細菌はバイオフィルムを形成するようです。結核菌はバイオフィルムを形成しないと思っていましたが、コレも怪しそうです...。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

3Dポーラスのカップは避けた方が無難そう

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、大学の先生と一緒に人工股関節全置換術(THA)に入る機会がありました。一流の術者と一緒に手術ができるのはありがたい環境です。


さて
同門とは言え、所属施設が異なる股関節外科医が集まると話題になるのは、どのインプラントを使用しているの? です。


私はセメントレス派、かつ 3Dポーラスは嫌い派です。3Dポーラスのカップは初期固定性が良いのですが、少し経過すると高率にカップ周囲の Radiolucent lineが出現します。


Radiolucent lineの出現は、某社の招待で米国のニュージャージーに行った際に、各大学の股関節外科医から相次いだ意見でした。


その印象もあったので 3Dポーラスは嫌い派になったのですが、最近では大学の先生も 3Dポーラスのカップに懐疑的になっているようです。


ソースは、がみたけ先生のブログでもご紹介されているフィンランドの国家レジストリーをもとにした報告なのでしょう。


現時点で成績が出ているのは Tritaniumだけですが、他のカップも怪しいです。3Dポーラスのカップがダメな理由はよくわかりませんが、結果は厳粛に受け止めるべきだと思います。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




関節包のみ温存THAはコスパの良い術式

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、人工骨頭置換術では短外旋筋群温存ではなく、関節包のみを温存する術式に変更しています。その理由はアウターヘッドの整復操作が少々危険だからです。


たしかに、短外旋筋群+関節包を温存すると関節安定性が向上します。しかし人工骨頭置換術では、そこまで厳密な関節制動性は不要だと思います。


どちらかを切除すればそれなりに手術はラクになりますが、どちらを切除するとよいのでしょうか? 当初は短回旋筋群を温存していましたが、最近では関節包を温存しています。


この判断の最大の根拠は、短外旋筋群よりも関節包の方が股関節安定性に寄与するというこちらの論文です。


短外旋筋群を切除するととても手術がラクになりますが、関節包切除ほどには安定性が毀損されないという夢のような状況
(?)なのです。



ラクな方向に流れる私は、ついにTHAまで関節包温存に舵を切り始めました。関節包のみ温存する術式では、短外旋筋群温存と比較して圧倒的に術野の展開が容易です。


何例か試していますが、関節包の緊張度は短回旋筋群ほどピンピンには張らないです。しかし、それなりの関節安定性を獲得できるので、初心者にはもってこいの術式だと思います。


関節包のみ温存する術式は、人工骨頭置換術では完璧な関節安定性を、THAではそこそこの安定性を獲得できる印象ですが、術中操作を含めたコスパは THAでも良好だと思います。


股関節手術で後方アプローチ派の方は、まずは人工骨頭置換術から関節包のみ温存を試してみることをお勧めします。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

30歳代で経済的自由を達成した医師起業家です。 年商10億円企業を目指して日夜奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。