整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

その他

患者さんからの「主治医交代要求」への対応法

このエントリーをはてなブックマークに追加

上の立場になって困ることのひとつに、患者さん(もしくはその家族)からの「主治医交代要求」があります。これは決して珍しくありません。


訴える患者さんにとっては一大決心なのでしょうが、言われた方もホトホト対応に困ります...。このような場合にはどのように対応すればよいのでしょうか?


周囲を見ていると、基本的には患者さんからの意見は受け入れないが良さそうです。患者さんの性格に問題がある場合には、主治医交代要求がエスカレートするからです。


一方、何でもかんでも拒否するのではなく、パラメディカルへの調査は必要でしょう。彼らに主治医と患者さんとの間柄をリサーチして、主治医に非があるか否かを調査します。


もし主治医に問題がありそうなら、主治医交代を受け入れざるを得ないかもしれません。しかし主治医に非が無い場合には、患者さんからの要望には耳を貸さない方が望ましいです。


このような場合のポイントは、脊髄反射的に患者さんからの要望を受け入れる、もしくは拒否するのではなく、パラメディカルに確認したうえで慎重に判断することだと思います。


先日もこのような案件が発生しました。患者さん家族から主治医交代の要求です。さしあたって病棟や外来でのコミュニケーションがどんな感じかをヒアリングしました。


看護師さんの主治医評価は問題なさそうとのこと。一方、主治医交代を伝えてきた患者さん家族はちょっとアレな感じが強いとの評でした。


状況的に考えて、患者さん家族からの過剰要求である可能性が高い。病院としては理由なく主治医交代はできない旨をお伝えして幕引きとしました。上の立場もメンドーだな...。





管理人 お勧めの医学書

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です




整形外科研修ノート 改訂第2版



新入医局員勧誘の武器モバイルフレンドリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、大学医局の会議に出席してきました。関連病院のトップが一堂に会して教授や医局長から教室の運営方針を伝えられる場です。


毎年出席しているので、だいたい話題は固定化しています。このためボーっとして聞いていたのですが、今年は何点か真新しい話題がありました。


そのうちのひとつが、新入医局員勧誘のための施策です。もちろん毎年がんばっているのですが、その対策としてHPに力を入れているそうです。ここまではフツーですね。


ところが、次の言葉に少し意表を突かれました。それはモバイルフレンドリーなHPにしているといったフレーズです。モバイルフレンドリーを教授自らおっしゃられるとは...。


試しにスマホから見に行っていました。おおっ、本当にモバイルフレンドリーな UIじゃないですか!少し改善の余地はありますが、なかなかの UXを得られそうです。


ただし、UIの改善をさらに進めるのかはビミョーなところです。一般的に士業などの堅い職種の人が対象の場合、あまりくだけた UIは好まれません。


まぁ、医学生は医学部に所属しているといっても学生なので、士業というよりも一般人に近い存在でしょう。それであれば、今ぐらいの UIが良いのかもしれません。


それにしても、教授自らが率先してハード面やソフト面を総動員して新入医局員勧誘を推進する様に感銘を受けました。時代は変わったものです。


たしかに毎年かなりの数の新入医局員が入局してきます。これらの地道な施策の積み重ねが医局の繁栄を下支えしているのでしょう。やはり母校にはがんばってほしいですね。






医学知見探求サービス


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



午前9時で1日が終わる? 時間の濃淡を考えた効率的な戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

1日のうちで最も貴重な時間は午前9時まで


時間は貴重ですが、その中にも濃淡があります。私にとって、1日のうちで最も価値ある時間帯は、起床時から午前 9時ごろまでです。


この時間帯はアタマが冴えているため、何でもできちゃうゴールデンな時間帯です。私は午前9時までの時間を、できるだけたくさん確保するようにしています。


そして、1日のうちで選りすぐりの業務をこの時間帯にぶつけます。具体的には深い考えや判断が必要な業務です。この大事な時間帯に雑務をするなど論外。


しかし、いくらアタマの冴えている時間帯でも、1時間以上連続で業務をしていると疲れ
てしまいます。小休憩を入れるため、2~3の最も重要な業務を選択することになります。


具体的には創造的な業務です。事業戦略や投資戦略を練るのは、この時間をメインにしています。人生にかかわるような重要な判断は、この時間帯以外では怖くてできません。



午後15時までも捨てがたい


最高の時間帯は午前 9時までですが、午前中も捨てたモノではありません。疲れてさえいなければ、それなりのパフォーマンスを叩き出すことができます。


私は午前中にも、それなりに重要な業務を入れます。具体的には事業の経営判断以外の業務です。この時間帯には、できるだけ事業や投資以外の業務は行わないようにしています。


午前中は外来や手術があったりするので、なかなか時間を取れないことも多いです。少し悔しいですが、勤務医でもあるので仕方ないですね...。


昼食後は少しアタマがリフレッシュします。ここの 1時間も、まぁまぁ良い時間帯です。その日の体調に応じて、それなりの業務を入れます。


ただし、午後15時以降になると、あまり使えない時間帯になってきます。この時間帯に投入するのは雑務系ですね。変化球として、連載の初稿を書き上げる場合もあります。


文章を書く場合は、一晩寝かせて推敲するのが鉄則。このため初稿は多少ボロボロでも問題ないことが多いです。これを逆手に取っての選択なのです。



午後18時以降はお楽しみタイム


私の場合、アタマのキャパが小さいのか、午後 18時を過ぎると極端にパフォーマンスが低下します。このため午後 18時以降はルーチンワーク以外はしないようにしています。


ここで無理に大事な仕事をしてしまうとロクなことが無いのです。一方、夕食からその後の団欒は人生の中でも至福の時間帯。アタマが疲れているほどお酒が美味しい?!


夕食から寝るまではダラダラと楽しく過ごしています。読書なんかもこの時間帯にすることが多い。アウトプットと比べてインプットはラクな作業です。


そして午後 22時になると、そろそろ起きていられなくなります。小学生のような健全な(?)生活ですが、ここで 1日が終わり。また明日がんばろう。







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




衝撃!患者さんの手術室入室を拒否された

このエントリーをはてなブックマークに追加


オミクロン株の新たな感染者数は減少傾向にあるものの、医療従事者のコロナ感染者数が目を引きます。その理由は、一人でも発生すると周囲に甚大な影響を及ぼすからです。


先日、大腿骨転子部骨折の患者さんを手術室に搬送した時、直前に病棟看護師のコロナ抗原検査陽性が発覚したため、手術室入室を拒否されるという前代未聞の状況が発生しました。


高齢の大腿骨転子部骨折の患者さんの手術室入室を手術室前で拒否する...。あまりにも衝撃的な状況に唖然としました。しかも「上の人からの指示」の一点張り。


上の人って誰なんだ??? 問い詰めても誰も明確には答えられません。○○さんが責任者かも、といった真偽不明の情報が錯綜しています。しかも手術が延期の可能性も...。


さすがの私もコレにはキレました。キミたちは
ナイチンゲール誓詞を忘れたのか?!暴発しそうになったので、1分ほど更衣室でクールダウンしてアンガーコントロール。


何とか怒りを制御できるようになってからもう一度手術室前に赴き、各部署の長に連絡を取りました。患者さんの置かれている状況を正確に把握している人は誰も居ないことを確認。


高齢の大腿骨転子部骨折の患者さんを第一に考えようよ! と言いたいのを必死で我慢して、主治医の私が責任を取ると宣言。その結果、手術を施行することになりました。


脳裏には、三菱自動車のリコール隠しや東洋ゴムの免震ゴム性能偽装事件が思い浮かびます。あぁ組織って、こんな風にして間違った方向に進んでいくんだ...。


組織なので(現場を分かっていないかもしれない)上の指示には従わなければなりません。しかし、目の前の患者さんへの視点が抜け落ちているのは、倫理的にどうかと思います。



最後は私が責任を取ることで手術を施行した訳ですが、この判断を咎められたとしても後悔は微塵もありません。むしろ良い機会です。医師を辞める大義名分が立つので引退しよう。






管理人 お勧めの医学書

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

先生が執刀してくれのですか?と言われて鬱になった件

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、上腕骨骨折の手術説明がありました。
あいにく手術の翌日から1週間ほど 旅行 出張に行く予定です。


主治医を変更したいところですが、他のスタッフもいっぱいいっぱいです。仕方ないので患者さんには、手術翌日から私が居ないため代診医になることをお断りしました。


ひととおり手術説明を終了した時点で「何か質問はありませんか?とお伺いしたところ、真剣な眼差しで「先生が執刀してくれるのですか?」と訊かれました。


むむっ、そう来るか! 「私が責任を持って執刀させていただきます」と申し上げたところ、安堵の表情を浮かべたのがとても印象的でした。


普通の感覚であれば嬉しいハズですが、私は少し意気消沈しました。その理由は、外見が老けた 貫禄が出ていることを実感したからです。


たしかに役職は部長なのですが、それ以上に外見の貫禄が患者さんに安心感を与えているのでしょう...。ああっ、自分もこんな歳になったんだなぁと痛感したできごとでした。






管理人 お勧めの医学書

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です




整形外科研修ノート 改訂第2版



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。