整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

その他

回転性めまいは三半規管の問題という思い込みは危険

このエントリーをはてなブックマークに追加


回転性めまいは臨床では比較的よくみかける症状です。このため、患者さんに回転性めまいが出現しても、経過観察しましょうとなりがちです。


ほとんどの症例では問題ないのですが、先日脳神経外科の先生と雑談していた際に、回転性めまいと言えども、舐めていると足をすくわれる可能性があることに気付きました。


ご存知のように、突発的に発生する回転性めまいの原因は下記のごとくです。

  • 良性発作性頭位めまい症
  • メニエール病



いずれも重篤な疾患ではないため緊急性は無いのですが、この2つに加えて脳梗塞や脳出血でも回転性めまいが発生するそうです。そんなの当たり前だと思う方が多いことでしょう。


何故か私は、脳梗塞や脳出血= dizzinessと認識していました。回転性めまい(vertigo)は三半規管の問題だと思い込んでいたのです...。


我ながらこれはなかなかアブナイ思い込みでした。回転性めまいでは必ず脳疾患の除外が必要です。この歳になってこんな思い込みをしていたとはなかなか恥ずかしいですね...。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



人の行く裏に道あり花の山を観光でも実践!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第36回がアップされました。お題はコロナ禍で”鬼”の居ぬ間に洗濯を! です。



m3com_logo




緊急事態宣言が5月31日まで延長され、新たに愛知県と福岡県も追加されました。一方、コロナ禍の切り札となるワクチン接種は遅々として進みません。


いくつかの要因がありますが、1980年台に世界をリードしていたワクチン生産技術が、1990年台以降の非科学的ワクチン訴訟のために破壊されたことも要因でしょう。


子宮頸がんワクチン訴訟に加担した関係者(マスコミも含む)は、子宮頸がんに罹患して毎年亡くなられる方だけではなく、コロナ禍にも大きな悪影響を及ぼしたことになります。


これを機会に、国や厚労省も非科学的ワクチン訴訟に対して毅然とした対応を行い、将来発生する可能性のあるパンデミックに備えてほしいものです...。


さて、前振りが長くなりましたが、今回の連載ではコロナ禍で閑古鳥が鳴く観光地の話です。コロナ禍前はインバウンドで沸いた観光業界は瀕死の状況に陥っています。


日本経済低迷による円の通貨価値下落が進行しているため、欧米はもちろんのこと東アジアにおいても日本は物価の安い国になってしまいました。


日本にやってくるレベルの観光客に関しては、日本人と比べて欧米人と香港・シンガポールは2~3倍の所得、台湾・中国で1.5倍、東南アジア諸国でようやく同じぐらいです。


これは自虐的な意見ではなく、元宿泊業経営者としての客観的な顧客分析です。日本人の購買力低下は著しく、国内でさえも外国人の後塵を拝していました。


国内の有名観光地は外国人だらけで、わざわざ大混雑している国内観光地に行こうという気になれませんでした。ところが突然コロナ禍が発生して外国人観光客が消滅しました。


外国人消滅はあっという間の出来事でしたが、日本人も怖がって観光などするはずがありません。このためコロナ禍の1年間は観光地巡りにもってこいの環境になりました。


観光などに出かけたら感染を広げるだろう!という意見もあります。しかし、実際には観光地にはほぼ人が居らず、また新幹線や飛行機もガラガラです。


ほとんど人が居ない観光地を独り占めできる旅行は、今回を逃すと一生無いかもしれません。それなら感染対策を完璧に行ったうえで、今まで行きたかった所へ行ってみよう。


今回の m3.comの連載は、コロナ禍の1年間に訪れた観光地を詳述しました(2021年5月に関してはこちらです)。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




学会費納入がゆうちょ振込用紙だけってマジですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

所属している学会から年会費の請求書が届きます。しかし、何故かゆうちょ銀行の振込取扱票のことが多く、振込先確認に往生します。


いまどき郵便局や銀行に振込に行くほど暇な人は居ないと思うのですが、前例を踏襲し続ける学会事務局には困ったものです。


せめて銀行情報を掲載してもらえればネット振込できるのですが、その対応さえなされていないのが痛いです。


振込先が分からないので学会事務局に問い合わせようとしたのですが、ゆうちょ銀行では振込取扱票の記号番号から振込用の店名と口座番号を検索できるサービスがありました!



555 - コピー




上記サイトに、学会から送付されてくる振込取扱票の記号番号を入力すると、振込先が判明します。これで郵便局に振込に行くというバカげた行動から解放されました。


最後は愚痴すが、学会費請求書を郵送で、しかもリアル店舗でしか振込できない形式で送りつける行為は時代遅れも甚だしいです。学会事務局はアタマを使ってほしいですね...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




プロテインで 7kgのダイエットに成功!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私事で恐縮ですが、4ヵ月ほどで約 7㎏のダイエットに成功しました!2019年12月からダイエット目的でボクシングジムに通い始めたところ、逆に 5kg太るという失態を犯しました。


週2回ペースでボクシングのトレーニングをしていると筋肉はつきますが、脂肪が全然落ちないのです...しかもトレーニング後は食欲が増進します。


気が付けば力士のような体型になっていました。これはヤバイ...。しかし、有効な手を見つけられずに漫然と日々を過ごしていました。


そして、自分が太ってきたことが気にならなくなったある日、筋肉をつけるにはプロテインを飲むと良いことを知りました。当たり前過ぎて「こいつバカなの?」状態ですね(笑)。


そこでプロテインを1日2回飲むようになったところ、プロテインだけでお腹が膨れることに気付きました。トップバリュのヨーグルト味はおいしいし、しかも結構腹持ちが良いです。


そこで、思い切って朝食と昼食をプロテインにしてみました。朝は忙しいのでプロテインを1杯グビッと飲むだけで時短になります。昼食もそこそこ忙しいのでプロテインは好都合。


夕食は相変わらず暴飲暴食していますが、実質的に1日1食生活です。すると、みるみる体重が減ってくるではないですか! しかも筋力の衰えはなさそうです。


そして、最盛期(?)には 72kgだった体重が、2021年3月現在で65kg(夕食後)になりました。健診ではコレルテロールも含めてすべて正常化していました。


飲み過ぎると腎機能障害を併発しそうですが、普通飲みであれば問題ないと考えています。時短グッズとしても、朝食だけでもプロテインを試してもよいかもしれませんね。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




医師のリモートワーク失敗談

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍がもたらした最も大きな影響のひとつにリモートワークがあります。医療は現場に居る必要が多いですが、それでもコロナ禍前と比べて明らかな変化があります。


オンライン診療に関しては、少なくとも私の周囲では期待ほどには普及していません。これは対象患者さんが高齢者であるためオンラインを望んでいないことが原因でしょう。


しかし、患者さん家族への説明業務に関しては、リモートワーク(?)が普及したように思います。例えば先日 3件の手術を執刀しましたが、ご家族への説明はすべて電話でした。


メインの勤務先のコロナ対応が厳密なので、術後であってもご家族の病棟内への立ち入りが禁止されています。このため、やむを得ず電話で説明するのですが、コレが結構快適です。


これまでは、家族が病院に到着するのが遅れると都度説明に行かなければなりませんでした。しかし、今では帰室直後に電話するので、こちらの時間効率が非常に良いのです。


もちろん、患者さんが元気なことを確認したい気持ちはあるでしょうが、ご家族は忙しい人も多いため決して評判は悪くありません。コロナ禍が無ければ実現不可能だったはずです。


そんな感じで意外にもコロナ禍のおかげで業務が簡略化されたりスムーズになることも多いことを実感しています。これもリモートワークの一種といって過言ではありません。


一方、展開中のビジネスはもともと完全リモートワークですが、大口取引先に関しては毎月訪問していました。ところがコロナ禍のため事務所からのビデオ面談に切り替わりました。


先方は東証一部上場クラスの規模なので、スタートアップとは言え面談時にはワイシャツを着用しています。しかし、窮屈な服装が嫌いな私はワイシャツを羽織っているだけです。


下半身はジーンズなのですが、画面上は上半身だけなので真面目くさい体裁です。しかし、先日は PCの調子が悪く、代替機を取りに行く必要がありました。


無造作に席から立ちあがったのですが、ワイシャツを羽織っているだけのことがモロバレしてしまいました...。上半身だけのなんちゃって正装時は注意しなければですね(笑)。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。