整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

学術

骨粗鬆症の逐次療法3つの戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medicla Tribuneに骨粗鬆症治療の興味深い記事がありました。
骨粗鬆症治療薬の逐次療法3つの戦略 です。


骨粗鬆症の治療は長期にわたるため、適切に薬剤を切り替えること(逐次療法)が大切です。第24回日本骨粗鬆症学会で大阪大学の蛯名耕介先生が講演された内容です。


骨粗鬆症治療薬の逐次療法では、以下の3つの戦略が有効です。

  1. 骨吸収抑制薬の効果不足なら、より強い骨吸収抑制薬へ切り替え
  2. 骨吸収抑制薬の効果不足なら、骨形成促進薬への切り替え
  3. 骨形成促進薬の終了後は骨吸収抑制薬を使う


骨吸収抑制薬の効果不足なら、より強い骨吸収抑制薬へ切り替え


アレンドロネート/リセドロネート12カ月継続群に比べ、6カ月の時点でミノドロネート切替群は骨吸収マーカーが有意に低下し、腰椎骨密度変化率が有意に上昇したそうです。


また、BP → BPと比べて、抗RANKLモノクローナル抗体デノスマブに切り替えた群は、更に有意に上昇したそうです。



骨吸収抑制薬の効果不足なら、骨形成促進薬への切り替え


BP → BPやBP → 抗RANKLモノクローナル抗体デノスマブと比較しても、BP → 副甲状腺ホルモン製剤テリパラチドの方が腰椎骨密度の増加率が有意に上昇したそうです。


骨形成促進薬の終了後は骨吸収抑制薬を使う


 副甲状腺ホルモン製剤テリパラチドなどの骨形成促進薬には、投与期間に制限があります。このため、投与期間が終了すると他剤に切り替えなければなりません。


テリパラチド終了後にBPに切り替えた群よりも、デノスマブに切り替えた群の方が、12カ月後の腰椎骨密度の変化率は有意に上昇していたそうです。


両者とも効果がありましたが、より効果があったのはデノズマブです。まぁ、臨床の肌感覚でもその通りだと思います。


問題はコストですね。後期高齢者の自己負担割合が上昇しているので、これまでのように安易に高価な薬を処方するわけにはいきません。患者さんとの協議が必要だと思いました。







医学知見探求サービス


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



ロコモの兄貴分メタボ健診は役立たずだった?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

メタボ健診はまがい物だった?!
何となく感じていた疑問が、白日の下に晒されたのかもしれません。


Medical Tribuneに掲載されていた、



今回の研究結果について、福間氏らは「現在行われている特定保健指導が医療費に及ぼす影響は限定的であることが示された」と結論。



私たち整形外科にとって、内科の「メタボ」は羨望の眼差しをもって見るべきモノでした。ネーミングの秀逸さと集患へのアピール度が尋常ではなかったからです。


メタボの二匹目のドジョウを狙った「ロコモ」のイマイチ感は否めません。やはり、元祖「メタボ」のように市民権を得るのは難しそう...。


そんな整形外科学会にとってお手本のようなメタボ健診は、実は当初期待されたようなモノではなかったというオチが今回の研究です。


そりゃ、そんなもので医療費を削減できれば苦労しないでしょ、と言ってしまいそうですが、内科医師が得た利益は大きかったと思います。


メタボ健診の化けの皮が剥がれてしまうと、私たち整形外科にも悪影響はあるのでしょうか? おそらく全く影響無いと思います。だったロコモは認知されていませんから...。






医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




子ども食堂の偏在についての医師の研究

このエントリーをはてなブックマークに追加

子ども食堂をご存知でしょうか。
子供に無料または安価な食事を提供するための社会活動です。


私が子ども食堂の存在に気付いたのは、近所を散歩していたときです。定食屋さんの軒先に「子ども食堂」という看板を掲げていました。


子どもの食堂なんて、何かのシャレかなと思っていたのですが、よく見ると他にもいくつか「子ども食堂」を発見したのです。子ども食堂とは一体何なのだ???


子ども食堂は、無料または安価な食事を提供するための施設ですが、その目的は貧困家庭や孤食の子どもへの援助、そして虐待防止などの意味があるそうです。


そうか、そんなに深い意味のある社会活動だったとは...。2022年10月号の日本医師会雑誌にも「子ども食堂」に関する会員投稿があったので興味深く拝読しました。


子ども食堂の形態はさまざまで統一されたものは無いようです。そして、地域によって子ども食堂はかなり偏在しています。


人口当たりの子ども食堂が最も多いのは都市部です。そして、過疎地に行くにしたがって減少していきます。何故、都市部に子ども食堂が多いのでしょうか。


都市部の方がマンパワーがあるためなのか、もしくは過疎地では他の形態のセーフティーネットが存在するためなのかは不明です。著者は、正直に研究の限界だと吐露されています。


しかし、子ども食堂に社会的意義を見出して、その現状を丹念に調べる医師が居ることに、同業者として少し誇らしく思いました。医師も捨てたものではないですね。







医学知見探求サービス


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



BCGワクチンのオフターゲット効果がファクターXなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneに興味深い記事がありました。
実証!BCGワクチンのコロナ予防効果 です。


BCGワクチンは結核予防のため世界的に広く用いられ、既に30億〜40億人が接種し、毎年1億2,000万人の新生児が接種しているという。これまでにランダム化比較試験(RCT)や疫学調査により、BCGワクチンは上気道感染症、ハンセン病、マラリアなど多くのウイルスおよび細菌感染症の予防効果を有することが明らかになっており、この広範な感染予防効果のメカニズムについて、現在活発に研究がなされている。



本研究の要旨は下記のごとくです。
  • BCGワクチンにはオフターゲット効果(結核予防という本来の目的を超えたウイルスおよび細菌感染症予防)が示唆されている
  • BCGワクチンの予防効果は92〜100%
  • 初回接種から2年で感染予防効果が最大となる


n数が少ないことが気になりますが、BCGワクチンは、いわゆる「ファクターX」の要因のひとつなのかもしれません。


もしそうであれば、BCGワクチンのオフターゲット効果は、未知のウイルスに対する最初の防波堤になる可能性が高そうです。古い医療も捨てたモノではなさそうです。







管理人 お勧めの医学書

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

ハイテク靴下論文に見る勝ち筋情報の大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネットで興味深い記事がありました。
ハイテク靴下で高リスク患者の転倒を予防 です。


米国では年間70万~100万人の患者が入院中に転倒を経験する。転倒はさらなる健康悪化のきっかけとなることが多い。しかし、これまで転倒減少につながる有効な方法はほとんどなかった。こうした中、入院患者がベッドから起き上がろうとすると、ソックスに内蔵された圧力センサーが反応してアラートを送信する「スマートソックス」が入院患者の転倒防止に有効である可能性を示した新たな研究結果が報告された。



なるほど、スマートソックスですか...。やや斬新なアイデアではあります。しかし、類似商品に離床センサーマットがあります。


素人的な感覚では、離床センサーマットでも充分な転倒予防効果がありそうです。そこで、PubMedで fall preventive movement sensorを検索してみました。


いくつか文献を読んだのですが、たしかに有意差の無い文献ばかりです。そこで日本語論文にもあたってみました。こちらは、7つヒットしました。


ただし、離床センサーマットの有効性を検討した研究は、2文献だけでした。そのうちのひとつは下記です。





離床センサーマットの有効性は有るとの結果です。しかし残念なことに、n数がとても小さいです。しかも日本語論文しか無さそう。これでは世の中に存在しないのと同じですね。


米国の研究は「スマート」「ウェアラブル」というキャッチーで時流に乗ったキーワードを散りばめた上で、どかんと n数をかき集めて英語論文で仕上げています。


考察等に要する時間はあまり変わらないと思うので、これだけ話題性に差が出るのは非常に残念です。やはり勝ち筋を知らなければいけないと痛感しました。


もちろん、日本人著者は有名になろうと考えていなかった可能性が高いです。しかし、せっかくの研究内容なのに、ほとんど日の目を見ずにもったいない話です。


少し話が脱線しましたが、何がスマートなのか分かりませんが、
離床センサーマットのような仕組みは転倒予防に一定の効果がありそうです。勉強になりました。







管理人お勧めの医学書
  


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



 






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。