整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

社会

コロナワクチンバイトで舞い上がるのは勘弁してほしい

このエントリーをはてなブックマークに追加


JBpressで医師としては耳の痛い記事が掲載されました。
3回目接種開始、「時給2万円」高額バイトにまたぞろ群がる医師 です。


サブタイトルは「高額報酬が決まった途端に医師殺到、ワクチン御殿も夢じゃない
」となっており、悪意に満ちた論調です。


内容は事実誤認のものが多く、

気管内挿管を実際にやったことがある医師は極めて少ない。恐らく医師のうち10人中9人は気管内挿管ができません。


などのまともな医師が読むと失笑モノの誤認も多々あります。


医師を悪者にするロジックはハチャメチャですが、悪意のエネルギー量はハンパではありません。そのエネルギーに圧倒されて一般の方が読むとすべて真実と思ってしまいそうです。


さて全体的には読むに値しない低レベルな記事ですが、「コロナワクチンバイト」でお祭り騒ぎしている一部の医師のお行儀の悪さが、この記事の悪意の源泉になっています。


私もお祭り騒ぎをしている一部医師の振る舞いを苦々しく思っていましたが、やはり非医療者にとっては医師への憎しみに昇華させるのに充分な材料だったようです。


先日のインフルエンザの話でもそうでしたが、医師全体の信用を毀損するような行動は、同業者としてはちょっと勘弁してほしいと思います...。






管理人 お勧めの医学書

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

2年連続のインフルエンザ激減にみる医師信用度の低下問題

このエントリーをはてなブックマークに追加


師走に入り、例年であればインフルエンザの流行期入りしているのですが、今年も昨年に引き続いて極めて発症数が少ないそうです。





たしかに入院・外来患者さんでも熱発している人をあまり見かけません。本当にインフルエンザ患者さんは少ない印象を抱いています。


おそらく新型コロナウイルス感染症対策がインフルエンザにも奏功しているのでしょう。3密回避はそれなりにウイルス感染症には有効なのかもしれません。


一方、昨年の感染者が少なかったため、社会全体の集団免疫が形成されていない可能性が指摘されています。日本感染症学会が流行リスクがあることを呼びかけるのも頷けます。


これとは別の視点ですが、一般国民の間では医師に対して「また言っているよあの人たち...」といった
狼少年的な視線を注ぐ人が増加していることが気にかかります。



京都大学の西浦氏などを筆頭に、エキセントリックな脅しが注目されたため、医師に対する社会的信用が失墜したことは同業者として看過できない問題と考えています。


発展途上の研究領域だけに立脚したエキセントリックな見解で注目を集める戦略は個人としては正解ですが、医師全体の信用度を棄損するのは勘弁してほしいものです...。





管理人 お勧めの医学書

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

メディアの害毒から身を守ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加


日経新聞に良識あるニュースがありました。
子宮頸がんワクチン、空白8年の代償 です。



やはり8年にわたる空白の代償は大きい。世界では当たり前となった子宮頸(けい)がんのワクチン。国内では接種が滞り、接種率は一時1%を割った。医学の力で守れた未来の命が、将来、大勢失われることになりかねない。




非科学的な子宮頸がんワクチン論争のために、たくさんの命が奪われることが確定しています。
子宮頸がんワクチン論争を先導した反ワクチン団体や医師は猛省するべきでしょう。


そして何よりも罪深いのはメディアです。そもそもの子宮頸がんワクチン論争の火付け役になったのは朝日新聞の記事です。






朝日新聞には、その捏造記事のために日中・日韓関係を極度に悪化させた前科があります。このため「やはり...」という感慨しか湧きません。


私は特に政治的な信条があるわけではないのですが、朝日新聞ほど売り上げのためには公序良俗に反することも厭わない会社も珍しいのではないでしょうか。


子宮頸がんワクチンキャンペーンは賞味期限が切れたためにメディアも良識を取り戻しましたが、新型コロナウイルス感染症は未だに賞味期限を保っています。


メディアの目的は視聴者数や読者数を稼ぐことです。真実の報道が最優先ではないことを理解して、メディアによる社会的害毒の影響を受けないように注意する必要がありそうです。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

政府分科会のバランス感覚が素晴らしい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症に対する政府分科会が、なかなか良い提言を行いました。ワクチン接種・陰性証明で制限緩和 政府分科会が提言 です。



210903 - コピー

日経新聞より転載



かつてないほど現実的な提言であると感じました。希望者すべてがワクチン接種しても集団免疫獲得は困難という判断は、ウイルス変異速度を考えると妥当だと思います。


感覚的には、やや重篤化する確率の高いインフルエンザという位置付けでウイルスとの共生を図る方針だと受け止めました。


このシナリオでは重篤化予防にワクチン定期接種は必須となる見込みです。問題点は①財源 ②ワクチン供給 ですが、①②を一挙に解決するのは安価な国産ワクチンの開発でしょう。


一方、新型コロナウイルス感染症では、下記のような問題点があぶり出されました。
  1. デジタルトランスフォーメーションに関しては後進国であった
  2. 政治や制度の危機対応能力は不十分だった
  3. 日本の医療・科学技術水準はさほど高くなかった



いずれも激動の国際社会で日本が生き延びるためには必須の能力です。コロナ禍は国家に甚大な被害をもたらしましたが、問題点が白日の下に晒される良い機会だったと思います。


コロナ禍が無ければ問題点が全国民にはっきり認識されることはなかったでしょう。まだ十分に挽回可能だと思うので、これを奇貨として日本も復活したいところです。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



ワクチンで不妊のフェイクニュースが大問題に

このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナウイルスワクチンのフェイクニュース関連で、日経新聞に興味深い記事がありました。ワクチン不妊「誤情報」拡散 29のSNS投稿が5万件転載 です。



新型コロナウイルスワクチンを否定する投稿がSNS(交流サイト)で広がっている。日本経済新聞の調べでは、ワクチンが不妊につながるというツイッター上への投稿が1月から7カ月間で約11万件あった。

その半数の5万件超がわずか29アカウントの投稿が発端だった。誤情報の拡散は感染防止に向けたワクチン接種の足かせになりかねない。




製薬会社勤務の知人から「ワクチンの副反応として不妊があるので心配
というメッセが来たので「そんな訳無いですと返信しましたが、情報ソースがコレだったかと驚きました。



私はツイッターの情報は胡散臭いので全く見ないのですが、たった 29アカウントのならず者のために、若年者のワクチン忌避が助長されているとは由々しき問題です。


医療従事者ではないものの、一般人によりも医療情報に詳しいと思われる製薬会社勤務の人までもが、ワクチンと不妊のフェイクニュースに踊らされているのはコワい状況ですね。


医師のツイッタラーはたくさん居ると思うので、今回のような社会に深刻な害悪をもたらすフェイクニュースにはどんどん反論してほしいと思いました。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
210318
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。