整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

社会

過度の感染予防対策は免疫力を弱める?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナウイルス感染症の裏側で、インフルエンザ、感染性胃腸炎、水痘、手足口病、流行性角結膜炎などの感染症が激減したことは良く知られています。


その理由として、ウイルス干渉という仮説を唱える人もいますが、新型コロナウイルス感染症の有病率や罹患率が極めて低い日本においては該当しない可能性が高いです。


おそらく、マスク着用、手洗い、社会的距離の実践などの新型コロナウイルス感染症対策が、他の感染症流行の抑制に効果があるのでしょう。


一般的に、感染症流行激減は喜ばしいこととして受け止められています。しかし、本当に社会にとって望ましいことなのでしょうか?


私は整形外科医なので、小児科や内科などの感染症激減が経営に直結する科ではありません。このため、第3者の立場で意見を述べてみたいと思います。


まずこの1年間で自分の身に起こったことを振り返ってみます。新型コロナウイルス感染症対策が実施され始めた2020年3月から今年初頭までは、感冒症状が全くありませんでした。


ところが、3月ぐらいになってから熱発しないまでも軽い咽頭痛などの感冒様症状をときどき自覚するようになりました。


2020年3月以降はウイルスや細菌に暴露される機会が激減したため、極論すると無菌室に居るような状況でした。このため以前に比べて免疫力が落ちたのではないかと考えています。


この状態が1年続くと、免疫力が落ちた状態が恒常化してしまうため、より少ないウイルス量でも感冒症状を惹起するようになったのではないでしょうか。


このことは幼児で特に問題になりそうです。例えば、水痘ウイルスに暴露されて免疫を獲得するべき時期に、過度の感染対策のために暴露されず将来に禍根を残す可能性があります。


今のような異常な状況が永続するとは思えません。いずれかの時期に withコロナとなって、現在の状況が緩和されるはずです。


その時には、社会全体で低下してしまった免疫力のために感染症が大流行してしまうことを危惧しています。何事もやり過ぎは大きな副作用を産んでしまうと思います。


私は、1990年台にインド、中国、アフリカなどに1~2ヵ月の間、バックパッカーとして何度か行きました。当時は衛生状態が極めて不良だったので渡航当初は体調を崩しました。


しかし、1ヵ月も現地に滞在していると身体も不衛生な環境に慣れてしまいました。このような経験から、私は日常的にウイルスや細菌に暴露されることに寛容です。


単に衛生観念に乏しいと言ってしまえばそれまでですが、過度の感染予防対策は種としての免疫力を弱めてしまう可能性があることを危惧しています。


もう少し、ウイルスや細菌などの汚いモノ
(?)に対して、寛容になってもよいのではないでしょうか。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

5時ピタで帰る欧米人が結果を出す理由

このエントリーをはてなブックマークに追加


リウマチNEWS LETTER 69で、興味深い海外留学体験記がありました。産業医大第一内科の園本先生による「集中しすぎて見えていなかったもの
」です。


3年間のドイツ留学中は、8か国の出身者から成る研究グループに所属していたそうです。園本先生は、メンバーの普段の振る舞いを観察し、①アジア型 ②欧州型に分類しました。


  • アジア型:脇目もふらず集中して、夜遅くまで土日なく仕事をする
  • 欧州型:助け合いながら和気あいあいと仕事をして17時には退勤する


中国人や日本人には黙々と自分一人で仕事を行うアジア型が多いですが、データを出してくるのは欧州人および欧州型の中国人だそうです。


なぜ結果をだせるのかの理由をきくと「一人でやるよりみんなでやった方が早いでしょ」という返答だったそうです。園本先生も欧州型に転向して、充実した留学生活を送りました。


今回の話は含蓄に富むと思います。方法論が確立されている大学受験までは、アジア型が強いと思います。日本・中国・韓国のような激烈な受験戦争を勝ち残るのはこのタイプです。



しかし、実社会や研究などの複雑系が支配する未知の領域を手探りで進む場合には、自分独りで黙々と仕事をするアプローチは多様性が無いため、実は効率が悪いです。


受験競争の勝者である医師は、日本人の中でも更にアジア型の強い人が多い傾向にあります。しかし昔勝った方法論を実社会にまで引きずっていると結果を出すことはできません。


臨床・研究も含めたリアルワールドで結果を出すためには、周囲と協業していく姿勢が重要です。今回の海外留学体験記はなかなか味わい深いと思いました。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です

ケンカして水に流すなどありえない!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、オンラインサロン内でお勧め書籍を紹介するテーマがありました。私は10冊ほど購読してみたのですが、下記の書籍はなかなか味わい深かったです。







キャッチィーなタイトルとは裏腹に、世の中の真実が記載されている箇所が多いのです。その中でも「一度敵対すると関係が修復されることは無い」という部分が腑落ちしました。


著者は元国会議員ですが、豊富な人生経験から一度壊れた人間関係が修復されることはなく、「無かったことにして水に流す」ことは無いとおっしゃられています。


私の経験からも、ほぼ真実だと感じました。過去には若気の至りでコメディカルと衝突したこともありましが、一度心にできた溝が氷解したと感じたことはありません。


医師は院内での立場が強いので「暴君」になりがちです。正面切って逆らう人は少数派でしょうが、一度でも怒りを向けられた人の心は、一生氷解することは無いと思います。


こうなると厄介で、基本的にサボタージュされてしまうので業務がどんどんスムーズに進まなくなっていきます。最近業務が滞りがちだと感じている人は胸に手を当ててみましょう。


また、数は少ないですが、医師同士でケンカする人もいます。これは本当に最悪で、実害がモロに出るので深刻です。特に他科医師とのケンカは、強者同士なので悪影響が甚大です。


特に患者さんが急変した場面では、積極的な協力を得られないこともあるため非常に大きなダメージを被ります。しかし、一度ケンカすると氷解は無いので打つ手がありません。


このことから得る教訓は、職場では絶対にケンカしたり、感情にまかせて怒らないことだと思います。相手に非があれば怒るのではなく冷静に指摘する。


常に実践するのは難しいですが、自分や患者さんの身を守り、業務をスムーズに回すためには必須のコツだと思います。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



新型コロナは場末でも蔓延期に突入

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、新型コロナウイルス感染症に罹患した患者さんや職員さんがいる医療機関が増加しました。罹患していない人が居ない医療機関の方が少なそうな印象を受けます。


いよいよ、場末病院でも新型コロナウイルス感染症が身近になってきました。毎日のように外来では PCR検査を行っており、結構な頻度で陽性者がでているようです。


もはや、新型コロナウイルスはいたるところに蔓延していると考えるべきでしょう。今までは他人事な感覚もありましたが、このような状況になると日々ストレスを感じています。


おそらく新型コロナウイルス感染症で命を落とすことはないのでしょうが、もし罹患すれば周囲にかける影響の大きさは相変わらずです。


このような不確実性の高い状況になってくると、じっくり自分の生活を考える余裕が無くなっていることに最近気付きました。


この状況には既視感があります。それは、まだ私が卒後5年目ぐらいで、3次救急の基幹病院で365日働きづめだった時代の状況です。


忙しすぎて周囲の状況を冷静に見つめることができず、知らない間に毎日が過ぎ去っていました。あのまま何も考えずに日々の業務に忙殺されていれば今の自分は無かったはずです。


当時の多忙さとは少し異なりますが、新型コロナウイルス感染症に感染しないように注意を払いながら業務を続ける状況はかなりのストレスで、思考停止に陥ってしまいそうです。


すでに十分な資産を形成しており、金融資産や不動産投資もそこそこのレベルに達しているので冷静に周囲を観察できますが、そうでない人は思考停止してしまう状況だと思います。


おそらく数年後には「たいしたことなかったな」ということになっているのでしょうが、現在進行形で新興感染症と対峙するストレスを日々感じています。


皆さんにおかれましても、非常にストレスが多い状況だと思いますが、明けない夜はありません。冷静さを維持しつつこの難局を乗り越えていきましょう。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




公式の医師数は 57万名だった!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新聞で興味深い記事がありました。
医師・看護師を一元把握、緊急時に備え マイナンバーで です。


厚労省によると19年末時点の国家資格保有者は医師が57万人、看護師が207万人だ。死亡者を含む数字で厚労省は「遺族の9割が届け出ていない」と推測する。

18年末の看護師の就業者数は121万人だ。19年末の207万人とは90万人近い差があるが、その中に死亡者や復職の可能性がある人がどれだけいるかはわからない。



これには本当に驚きました。この程度のことが管理されていないとは...。医師免許保有者が57万人ということは、現在の医師数の約 2倍です。


これほど数が増える理由は、死去しても医師免許が返納されないことが原因です。たしかに、死亡したら(家族が)医師免許を返納したという話は身近で聞いたことがありません。


当然のごとく、勝手に医師免許も抹消されるものと思っていましたが、縦割り行政ではそのようなことさえもが出来ていなかったようです...。


よく考えると、家族が死亡した際には、各役所にいろいろな届け出を提出する必要があることを思い出しました。数が多くて混乱してしまいます。


特に社会保険関係は、これまでも死亡したにもかかわらず家族が年金受給停止を申告しない例が全国的に多発していました。すべて縦割り行政の弊害と思われます。


そして今回判明したことは、縦割り行政のために医師数も把握もしてこなかったという信じ難い状況です。いろいろ議論はありますが、マイナンバー導入が急がれますね...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。