整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

クリニック開業

ポストコロナの病院ダウンサイジングで生き残れるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、病院経営幹部向けのセミナーに参加しました。私は公的基幹病院のサラリーマン経営者を少しバカにしていましたが、講師陣はマトモなことを言っています。


新鮮な驚きとともに、起業をスケールさせた小さな成功体験にうぬぼれて不遜になっていた自分を少し反省しました。


さて1日がかりのセミナーでしたが、テーマはポストコロナに向けての病院経営の課題です。すでにご存じの方も多いかもしれませんが、コロナ禍では下記の状況が発生しました。

  • コロナ禍で病院は患者数減少にもかかわらず補助金のおかげで収益が大幅に好転した
  • 慢性疾患を中心に不要不急の受診抑制
  • 2022年になってもコロナ禍前の受診抑制が持続している
  • 補助金による高単価の終了は目前に迫っている


現状は上記のような危機的状況といえます。表面上は各病院とも潤っているものの、好況は1年ほどで終了する見込みです。


その先にどうするべきかが今回のセミナーのメインテーマでした。講師陣の回答は「ダウンサイジング」でした。とにかく固定費を下げて、来るべき医業収入減少に備えろと...。


端的に言うとリストラですね。光熱費などの固定費削減は言うに及ばず、医師や看護師の生産性を上げる(=要するに人減らし)を強力に推進するしかないという結論でした。


たしかに経営者目線では反論の余地もありません。少し暗鬱な気持ちで病棟回診していたところ、看護師さんから理事長に賃上げしてと伝えて! と冗談っぽく言われました。


う~ん、上と下では考えている方向性が真逆だなと更に暗鬱な気分に(苦笑)。そんなこんなでグタグタな感じの1日でしたが、ある意味社会勉強になった1日でした。





医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




医師がコロナに感染すると何が起こるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

医師がコロナに感染すると大変!


最近、周囲の医師もしくはその家族が、バタバタと新型コロナウイルス感染症に罹患しています。幸い、軽症もしくは無症状の人ばかりですが、感染した影響は極めて大きい。


もちろんその理由は隔離です。2022年5月現在の行政によるコロナ感染後の職場復帰の考え方は下記のごとくです。


濃厚接触者

コロナと診断された人の発症日を0日目として8日目に解除

無症状

最初の検体採取日を0日目として8日目に解除

有症状

発症日を0日目として10日目かつ症状軽快日から72時間(3日間)が経過した日に解除



ただし、上記はあくまでも一般の人対象の基準です。医療機関の場合は、感染源になると社会に甚大な影響を及ぼします。


このため、期日が経てば自動的に職場復帰ではなく、期日が到来した時点でコロナの抗原検査を実施して、陰性を確認している施設が多いのではないでしょうか。



勤務医と開業医では医師が罹患した影響に大差あり


5月下旬に、私の周囲では勤務医、開業医とも新型コロナウイルス感染症に罹患しています。両者とも影響が大きいですが、やはり開業医はハンパ無い負の影響があります。


まず、クリニックの臨時休診の告知に始まり、スタッフや予約患者さんへの連絡に追われます。自分が罹患して発熱していると、とんでもない状況になるのは容易に想像できますね。


収益面、風評被害でも甚大な悪影響を被ります。もちろん、2020年の頃のような最悪なレベルではありませんが、今でも大変であることは論を俟ちません。


一方、勤務医も隔離期間は大変ですが、周囲の医師がそれなりにサポートするので開業医ほど甚大な悪影響はありません。収入(給料)が減るわけでもないので気楽なものです。


実際に勤務医と開業医の2パターンを間近で見て感じたのは、開業医は身体が資本であることです。勤務医的には羨ましいことも多いですが、自分が倒れると終わってしまいます。


私は気楽に生きていたいので、開業はできないなと改めて感じました。開業医の先生には本当に頭の下がる思いです。







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アフターコロナを見据えた固定費削除は病院経営として正しい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍は医療機関にとって干天の慈雨?


コロナ禍で医療機関が焼け太っている話題です。当初、コロナ禍は医療機関に大打撃を加えました。しかし、その後に急回復しています。その理由は病院とクリニックで異なります。


  • 病院:補助金
  • クリニック:新型コロナウイルス感染症のワクチン接種


特に、新型コロナウイルス感染症患者の専用病棟を持つ重点医療機関では、1病院あたり約10億円にもおよぶ補助金が投下されました。


そのおかげでコロナ禍前まで赤字に喘いでいた大規模公的基幹病院が息を吹き返しました。大赤字を計上していた市立病院や日赤が軒並み黒字を確保したのです。


患者数の減少を補って余りある収入です。病院では患者数が減ったのに医業収入が増えています。中で働いている人にとって、業務が減少したのに黒字確保は夢のような話ですね。



大病院と中小医療機関では経営方針は真逆


一般的な医療機関に対する認識は前述のごとくでしょう。表面的にはコロナ禍は医療機関への追い風でした。しかし、まともな経営者であれば強烈な危機感を抱いているはずです。


何故なら補助金がいつ何時終了するか分からないからです。今回の新型コロナウイルス感染症の補助金は、政治的パフォーマンスおよび政策誘導的な意味合いが強いです。


しかし、新型コロナウイルス感染症の弱毒化と相まって、急速にその目的を達成しました。すでに充分な新型コロナウイルス感染症対策が完成しています。


こうなると、医療機関経営者の関心は、いつ補助金が終了するのかに移行します。現時点でウハウハだからといって、浮かれるわけにはいかないのです。


しかし、ここで大規模公的基幹病院と市中の中小病院とでは真逆の反応になりました。大規模公的基幹病院では、ここぞとばかりに「箱物」の整備に余念ありません。


単年度で利益を計上しても経営に関係無いので仕方無いかもしれません。しかし補助金を控除すると信じ難いほど経営が悪化しているのに、箱物を買い漁る姿に嫌悪感さえ抱きます。


一方、
市中の中小病院は生き残りに必死なので、大規模公的基幹病院のように箱物を買い漁るなどありません。現実を見据えて粛々と対策を打っています。


例えば、私の勤めている病院。血も涙もないレベルの事務方のリストラを断行して、正職員を派遣社員に置き換えていきました。当初は気でも触れたのかと思ったものです。


コロナ禍では補助金のおかげで潤ったはずと思っていました。しかしあくまでもこの状態は一過性。アフターコロナを冷徹に見据えた生き残りを賭けた決断だったようです。


もちろん経営陣に対する職員の評判は、芳しくないとか言うレベルではありません。しかしこれほど恨みを買ってまで固定費削減に血道をあげる姿はある意味立派だと思いました。


冷静な現状分析とエキセントリックな組織改編。経営センスは悪くないと思いました。
私ではここまで苛烈なことはできないなぁ...。






医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




医療機関ならプランBの策定を!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、メイン勤務先の医療機関で電子カルテのサーバーがダウンしてしまいました。これまでも小さなダウンはありましたが、今回は本格的なダウンで数日復旧しませんでした。


普段は電子カルテの存在など気にもかけないのですが、完全に使用できなくなると不便を通り越してまったく業務遂行が不可能になってしまいます。


電子カルテ(+オーダリングシステム)ってこれほど重要なモノだったのか...。泥縄式に紙運用で対応しましたが、必要最低限の治療しか実施不可能でした。


昔、病院が火事になったときには、患者さんの次にカルテを運び出すという話をきいて驚いたものですが、たしかにカルテが無いと診療が始まらないことを痛感しました。


さて電子カルテという医療機関の基幹システムがダウンした場合のプラン Bを策定しておくことは、医療安全上も必須と言えます。しかし現実的には困難を極めます。


院内に予備サーバーを維持しておくなどコスト負担に耐えられませんし、そもそも電力系統のトラブルで電子カルテがダウンする可能性もあります。


ローカルサーバーのトラブルに依存しない電子カルテとしては、クラウド型電子カルテがあります。現時点では診療の継続性を担保するための第一選択になるのではないでしょうか。


もちろん電子カルテの導入時にはリスク管理を考慮して電子カルテの選定をするのでしょうが、実際に大規模にダウンしてしまうと、本物のプラン Bの有無が死活問題となります。


残念ながら今回私が経験した電子カルテのダウンではプラン Bが存在しなかったのですが、人の命を預かる立場なので、泥縄式であってもプラン Bは策定しておくべきだと思います。







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




医療機関が DXに踊らされるとロクなことが無い

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、医療機関でも DXというキーワードが浸透してきました。DXとはデジタルトランスフォーメーションの略称ですが、世界から周回遅れの日本ではバズワードになっています。


経営層が DXの切り口で語るときには、時流に乗ったカイゼンをしている意識があります。旧態依然とした医療業界ではそれもアリですが、往々にして?な施策のことが多いです。


DXを推進しなければいけないのはアナログなレガシー組織なのですが、果たして医療機関がどこまでデジタル化にマッチするのかを考える必要があります。


病院やクリニックなどの医療機関は、科にもよりますが最終的には人が相手のビジネスです。身体を見て触ってナンボの世界なので、そもそも論として完全な DXは不可能です。


しかも実臨床では定型的したりデジタル化できる業務も限られるため、RPA(ロボットによる業務自動化)でさえハードルが高いです。


そのような事情を理解しているのかさえ怪しい経営陣が、医療機関の DXを連呼するのは相当な違和感を感じます。


私は 5年前にデジタルネイティブ企業を創業しましたが、必要に迫られたからデジタルネイティブな仕組みにしたに過ぎません。業態がたまたまデジタルにマッチしたのです。


デジタルネイティブなので DXもクソも無く、最初からすべてデジタルなのですが、逆にクリニックの開業をしようとすると、当然デジタルネイティブな仕組みは困難です。


このように、まずその業態がどの程度デジタル化に対応できるのかを把握したうえで DXを計らないと、組織を混乱させるだけで終わってしまいます。


医療機関の経営陣は、DXというバズワードに踊らされること無く、冷静に自分の医療機関の業態を見極めたうえで、できる範囲でデジタル化を進めていくべきだと思います...。






医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。