整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

資産形成

セリクラはもう少し先か? まだ米国株式を買ってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、米国株へのインデックス投資派の人へエールを送る記事を書きました。そして今回は自分の投資スタイルで超長期逆張り投資家目線での投資戦略を考えてみたいと思います。


今年の米国株式市場は目を見張るような下落っぷりですが、実は下げ率はまだ大したことありません。株価が高値まで買い上がられているため下落幅は大きいです。


下落率は大きくないのに大幅に株価が下落しているように感じるのは、コロナ禍の短期間で大きく買い上がられたため意識が付いて行っていないからです。


つまり、まだコロナ禍前の株価水準がアタマに根付いているに株価が上昇してしまったため、株価の基準がリセットされていないのです。ここは冷静になるべきポイントです。


何が言いたいのかと言うと、超長期逆張り投資家にとっては打診買いする時期でさえないということです。まだ動くには早すぎると考えています。


私は毎日下落していく米国株を眺めていますが、決して暴落しているとは考えていません。単に下落しているだけです。その証拠に、VIXはまだまだ低水準です。


私が本格的に株式市場に参戦するタイミングはいくつかの要因が重なったときです。しかし、どの基準にも引っ掛かっていないのが現状です。


定性評価として下記3つを重視しています。
  1. NHKのトップニュースで株価下落がニュースになる
  2. 下品な大衆誌が面白おかしく株価下落を記事にする
  3. セリクラ感が株式市場に漂う


このうち最も難しいのは、3番目のセリングクライマックス感でしょう。何と言ってもセリクラ感は経験したことの無い人には分からないからです。


直近では2020年3月の4週目頃にセリクラ感を感じました。どんな感じかというと、買いのエネルギーを全く感じないものの売りが細って株価下落が鈍化する状況です。


そこに至るまでに何度も阿鼻叫喚の大幅下落が何度も続き、もうダメだとほとんどの市場参加者が力尽きます。その極限の状況で見えるかすかな光がセリクラを実感する瞬間です。


話を現在に戻すと、米国市場にセリクラ感は全くありません。完全にフツーの下落相場です。株価下落幅が大きいので騙されますが、実際には全然大した下落ではありません。


このため暇を持て余しつつ、私は米国株下落を毎日のように傍観しています。心の中では早く打診買いできる状況に至らないかなと願っていますが、そうは問屋が卸さないでしょう。


果たして打診買いを開始できるほどに米国株は下落してくれるのか? 更なる株価下落を期待しつつ、淡々と米国市場を注視していこうと思います。







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




そろそろ終了? 人生でいちばん長かった旅行バブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍の旅行歴を大公開


先週は沖縄のハレクラニに滞在していました。ハレクラニは 8ヵ月ぶり。沖縄ではブセナテラス、リッツ・カールトン、そしてハレクラニがお気に入りです。


220625 - コピー



この 3つのホテルは甲乙つけがたいですが、最も新しいホテルなのでついついハレクラニを優先してしまいます。しかし、総合力ではブセナテラスが一番魅力的かもしれません。


今回は沖縄が梅雨明けするかどうかの微妙なタイミングかつ平日の滞在でした。それにもかかわらず、ほぼ満室ではないかと思うほどの大盛況です。コロナ禍は明けたのかも...。


当ブログでも度々ご報告していますが、私はコロナ禍で旅行に行きまくりました。ほぼ 2~3ヵ月に一度は長期旅行に出かけています。



2020年1月 コロナ禍発生
2020年2月 タイ(クラビ)
2020年5月 ビワイチ(琵琶湖を自転車で一周)
2020年7月 東北(青森、秋田県の温泉巡り)
2020年8月 沖縄(ホテル日航アリビラ)
2020年9月 北海道(飲み会、旭岳)

2021年4月 北海道(ニセコ)
2021年5月 黒部立山アルペンルート
2021年8月 北海道一周旅行(キャンピングカー)
2021年9月 四国・九州旅行
2021年10月 沖縄(ハレクラニ)

2021年1月 北海道(トマム)
2022年2月 東北縦断旅行(五能線~蔵王)
2022年5月 九州一周旅行
2022年6月 沖縄(ハレクラニ) ← 今回
2022年8月 先島諸島(石垣、西表、小浜) ← 予定



これだけ激しく旅行に出かけている人は滅多に居ないのではないでしょうか。勤務医としては驚異的なペースだと思います。



コロナ禍の旅行はバブルだった?!


パンデミックなのに頻回に旅行に行っている私はアタマのおかしい人なのでしょうか。まぁそういう説もありますが、本人的には極めて理性的かつ常識的な人間だと認識しています。


私は今回のコロナ禍をある種の「バブル」だと考えています。もちろん株式などの資産バブルを意図しているのではありません。コロナ禍を「旅行バブル」だと考えているのです。


コロナ禍でボロボロになった旅行業界がバブルなワケないだろう!というお叱りを受けること必至ですね。しかし私はいたって真剣です。


私がコロナ禍の2020~2022年を旅行バブルだと思っているのは、あくまでも旅行者の視点です。コロナ禍は旅行好き人間には絶好の機会を提供してくれました。


とにかく、どこに行っても人が居ない。しかも激安価格で旅行ができる...。インバウンドで日本中が湧いた時期からは想像もできないほどの好条件が出現しました。


しかもコロナ禍での旅行は、危機に瀕した旅行業界を救う大義名分まで立ちます。人助けのためにもコレは行くしかないでしょ! という状況だと判断しました。


もちろん、感染を広げてはなりません。しかしコロナ禍に旅行した人なら分かると思いますが、誰も居ないから感染しようが無いんです。


そして今回は、私の人生 2度目の旅行バブルでした。1回目は2008~2009年のリーマンショック時でした。この時は高級ホテルを中心に宿泊料金が暴落しました。


リーマンショック後の 1年間で、私は首都圏、関西圏を中心に数十か所のクラブフロア巡りをしました。2007年以前では想像もできないほど安価な価格でのクラブフロア三昧。


こんなチャンスは二度と巡ってこないだろうなと思っていたら、まさかのコロナ禍です。しかし、今回は感染対策のため、クラブフロアにチャンスの窓は開きませんでした。


その代わりに、有名観光地や人気の高級リゾートホテルを極端な割引価格で、しかもほぼプライベート感覚で楽しめるビックチャンスが到来しました。


例えば、2020年5月にはビワイチついでに京都の伏見稲荷の千本鳥居に行ってみました。文字通り人っ子一人居ない千本鳥居でフォトジェニックな写真を大量にゲットしました。


コロナ禍直前まで身動きとれないほど大混雑していた千本鳥居。おそらく未来永劫こんなチャンスは無いと思われます。これをバブルと言わずして何をバブルというのでしょうか。



旅行バブルもついに終了へ


コロナ禍が始まって2年半が過ぎようとしています。世界は正常化に向けて動いている。日本は最後尾に近いですが、それでも日常生活が戻りつつあります。


今回のハレクラニ滞在ではその思いが確信に変わりました。そろそろ旅行バブルも終了だな...。あとはインバウンドが戻ってくるまでの期間をできるだけ楽しむしかない。


今年の年末年始は微妙な感じだと考えています。まだ何とかインバウンド増加は回避できるかもしれないので、ニセコ等の外国人に人気のエリアは最後のチャンスかもしれません。


折しも極端な円安が進行しています。オーストラリア人はもとより、ほとんどの中国人よりも購買力が下かもしれません。そうなると国内なのにニセコに行けなくなります。


コロナ禍でチャンスの窓が開いていた旅行バブルが閉じようとしていることを明確に認識しつつ、最後の残渣をできるだけ楽しみたいと思います。


人の行く裏に道あり花の山は投資だけではありません。私たちに身近な旅行さえも、周囲の人と同じ行動を取らない方が良い結果を得られるのではないでしょうか。







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




ウクライナ侵攻で注目のアノ銘柄には注意しろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの第48回連載企画 今買うと負け組一直線!?「あの株」にご注意 が公開されました。



m3com_logo




今買うとヤバイ「あの株」って気になりますよね? 隠しても仕方ないので、あっさりお教えしましょう。それは今話題のコモディティ関連銘柄です。


もしかしたら、コモディティとは何ぞや?という人がいるかもしれません。コモディティとは、ウクライナ侵攻で話題になった原油や小麦などの商品取引所で取引される物資です。


コモディティはETFや投資信託を通じて投資できますが、よりメジャーなのはコモディティを取り扱う企業の株式です。具体的には下記のごとくです。

  • 原油:エクソンモービル(XOM)、シェル(SHEL)、英国石油(BP)
  • 金:ニューモントマイニング(NEM)、バリックゴールド(GOLD)
  • 鉄:BHP、リオティント(RIO)


いずれも海外の巨大企業です。コモディティ関連株式はもともと高配当銘柄が多いです。それに加えて昨今の株価上昇。高配当と含み益の両取りできるおいしい状況ですね。


まさに既存株主の立場では笑いが止まらない。しかし、今からコモディティ関連銘柄に投資するのはどうでしょうか? 私は決してお勧めできないと考えています。


m3.comの第48回連載企画では私見を記載してみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




突然の狂い咲き?! 父から届いた意外なメール

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然の狂い咲きが身近に起こる


先日、実父からメールが届きました。この年代の人からメールをもらう機会は、父以外ではありません。フツーに大腿骨近位部骨折や圧迫骨折で入院している人の多い年代です。


メールの内容は、某団体から感謝状が届いた報告でした。きれいな PDFまで添付されています。ふ~ん、こんなものを貰えるんだと思いながら長文メールを読み進めます。


一般的には第一線で働いている人はほぼ皆無であろう世代にもかかわらず、3つの事業を並行して進めているとのことです。


実際に実家に帰った際に見せてもらったことがありますが、あのプロジェクトを進めているのかと頭が痛くなる規模の事業です。


父は私が社会人2年目の時に会社を潰しました。凄まじい金額の負債を抱えての倒産でしたが、ここ数年でようやくきれいな身体になったようです。


実父ながらメンタルがかなり強いようで、倒産後も新しい会社を立ち上げていろいろな事業をやっていましたが、鳴かず飛ばずの時期が延々と続きます。


このため社会人2年目以降はずっと私の収入の方が上でした。ところが 2年前から異変が起きます。なんと父の収入が私を上回ったのです!


2年前の年末に両親に温泉旅行をプレゼントしました。一緒に旅行に行ったのですが、その際に節税の相談を受けて事の真相を知りました。


当初、このヒトが節税ってどんなセコイ金銭感覚だと思っていたのですが、話を聞いていると私を遥かに上回る収入があることに気付きました。本当に儲けているんだ...。


そして昨年も父に負けました。私も結構いい線いっていると思ったのですが、それを上回っていたのです。この年代としては驚異的。人生、何が起きるか分からないものです。



説教メールの内容


さて、実父ながら私以上に元気そうなのですが、メールの後半では意外なメッセージがかかれていました。それは下記のような文言です。



まだまだ35年は働き続けるベシ、人生リタイヤ後の悠々自適の生活等考えないこと。




はっ? それ自分を基準にしていないか?! そもそもそんな年齢まで生きているかもアヤしい...。どうも事業がうまくいくと気が大きくなるようです。


苦笑しながらメールを読み進めると、私の祖父をネタにして商売のコツをポツポツ書いています。何度か聞いたことがありますが、祖父ってこんなことしてたのか。


祖父が一代で築いた会社を父が潰したワケですが、祖父が成り上がった過程を詳細に書いています。要約すると、情報を人よりも早く仕入れたことが成功の要因だったようです。


メール内では何度も情報の重要性を繰り返していました。こんな昔から情報が重要だったとは、なかなか感慨深いものがあります。そして、最後に意外な一文がありました。



ただし、○○(祖父)は、良い発想をするが、組織をつくりが下手で、良き従業員に遭遇出来ず、常に一匹オオカミであった。

○○(私)も情報の重要性、人のまねの出来ないことをする、相違工夫する。チャレンジする。お金は、ついて回る。守銭奴になる必要がない。楽して金をもうけるな。良き組織を作る。




う~ん、今苦しみながら少しずつ前進していることを見透かされたかのようなメールに思わず唸ってしまいました。良き組織を作るか...。至言だな。



まとめ


父から意外なメールを貰ってびっくりしましたが、下手な文章の中には数十年にわたって独立独歩で生きてきた人の知恵があるように感じました。


  • 事業では情報が大事
  • 良き組織を作る


いずれも本質をついていそうです。父は決してお手本にできるような人ではなく、傍目にはハチャメチャな人生を歩んできました。


父のようになってはいけないと、安全・確実そうな医学部に進学したワケですが、気付けば父と同じように事業に取り組んでいました。血は争えないのかもしれませんね。








医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




米国株インデックスへの積み立て投資派は今こそ○○しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国株は歴史的な下げ幅が継続中


今週に入って、株式市場ではなかなか厳しい下げが続いています。特に米国市場の下げはキツく、FRBの利上げの影響の大きさを実感します。


さて米国市場が下落し始めて半年が経過しました。この間の下げ幅(下落率ではない)は歴史的な水準です。成層圏の高さまで上昇していたので仕方ありませんが胃が痛いですね。


さて、株式投資家には試練の時期が到来しています。現時点での投資スタンスは、あなたの株式投資が成功するか否かの試金石になると思います。


昨年までは米国株インデックスへの積み立て投資が流行っていました。何も考えずにひたすらVTIやQQQを買い続けるだけなので、こんなラクな方法はありません。


ところが今年になっての歴史的な米国株下落です。客観的にみてセリングクライマックス感が全然無いので、まだ底が見えない状況に思えます。


コロナショック時のようにセリクラ感がはっきり分かるとやりやすいのですが...。現在のようにダラダラ下げ続ける相場において、どのように行動すればよいのでしょうか。



米国株インデックスへの積み立て投資派がやるべきこと


リーマンショック時以降で株式市場に参加した人にとって、今回の米国株の下落幅は初めての経験かもしれません。


そんなシビアな状況だからこそ、株式投資家として成功できるか否かの真価が試されています。あなたが米国株インデックスへの積み立て投資派であるなら何をするべきなのか?


もちろん、従前の投資方針を継続して下げ相場に負けずに、米国株インデックスへの積み立て投資を毎月継続することです。コレしか無いと言えるでしょう。


米国のインフレが沈静化する気配がないので積み立て投資を少し休憩するという選択肢はありません。何故なら、あなたは超長期では米国株が永遠に上昇し続けると考えていたはず。


だからこそ、米国株インデックスへの積み立て投資を実践してきたのでしょう。決して上昇相場のおかげで、買えば買うほど資産価値が増加したことが理由ではないはずです。


積み立て投資(ドルコスト平均法)にとって、今のような下落相場にこそ最大の旨味があります。もちろんその理由はユニット数を稼げるからです。


下落相場では毎月購入できるユニット数が増加します。この事実を素直に喜ぼうではないですか。時価評価がすごい勢いで溶けていくことは気にしない方がよいでしょう。



米国株インデックスへの積み立て投資は決して楽な戦略ではない


すでに半年にも渡って痛めつけられてきた人は実感しているでしょうが、米国株インデックスへの積み立て投資は決して楽な戦略ではありません。


むしろ下落相場では苦難に満ちた戦略です。苦しい理由は、下落相場がいつ終わるのか、そしてどこまで下落するのかが事前には分からないことです。


2000年の ITバブル崩壊では、最高値から約70%下落して、下げ止まるまで3年近くを要しました。凄まじいまでの大規模かつ長期間の暴落ですね。


仮に今回の下落が ITバブル崩壊と同じ状況になれば、NASDAQ100は5000ポイントまで下がり、あと2年は下げ続けることになります。恐ろしいことですね。


それでも、米国株インデックスへの積み立て投資を敢行する決意をしたのであれば、「投資を休憩する」選択肢はありえません。それでは単なる高値掴みですから...。


もちろん、米国株インデックス積み立て投資派を自任していた人の多くが、すでに積み立て投資を停止していることは承知しています。この事実が株式投資の勝者が少ない理由です。


本気で米国株インデックス積み立て投資を世の中で最高の投資戦略だと考えたのであれば、今買わないでいつ買うのでしょうか。今こそユニット数を増やす絶好のチャンスなのです。






管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。