整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

資産形成

テック株以外は絶好調であるという事実を知っているか?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、各方面からお叱りを受けること必至と思われる話題です。結論から申し上げますと「株式市場が調整していると思っている人は負け組確定」という過激な主張です(笑)。


かなりアブナイ主張ですね...。明日から公道を歩けないかもと思いつつ、実践投資家としての率直な意見を述べたいと思います。


テック株以外は絶好調であるという事実


日本株も米国株も冴えない展開が続いています。「表向き
はという条件付きですが。実際、冴えない展開が続いているのは株式市場のごく一部の業界に過ぎません。


具体的にはテック株です。GAFAがダメダメなのは周知の事実ですが、それ以外の業界は過去最高に近い株価水準も珍しくありません。


例えば、資源株もそのひとつでしょう。ウクライナ戦争や米中対立などの地政学的リスク+世界的インフレで手出し無用な水準にまで株価が上昇しています。


2020年4月にスロット感覚で原油ETFで数百万円スッた私ですが、それの10倍ほどの含み益を石油メジャー株などの資源株で頂いています。


日本の地銀株も日銀の YCC終了観測でウハウハです。鉄道株も然り。コロナ禍が過去のものになったため、戻りが激しいです。テック株以外はウハウハな業界だらけなのです。


指数が低迷しているのはテック株指数と化しているから


テック株以外はウハウハなのに、主要な指数が冴えないのは何故でしょうか? 小学生でも分かることですが、その理由はテック株 ≒ 指数だからです。


少し補足すると、株価指数への影響度は時価総額に比例するので、テック株など過大に評価されている値嵩株の影響を強く受けます。株価指数 ≒ テック株指数という恐ろしい事実。


つまり、株価指数に連動している銘柄とは、常に割高な買い物を強制されている 情弱向け あまりスマートではない商品なのです。


もし、あなたの株式投資の成績がこの1年で冴えないのであれば、これだけ好調な株式市場にもかかわらず、市場に劣後している理由をよく考えてみましょう。


常に割高な買い物となる指数銘柄ってどうなの?


率直に言って、指数なんて買って何が面白いの? と思っています。常に割高な買い物を強制されるとか、貧乏性の私にはちょっと無理です。


指数の取り柄は、倒産しないことぐらいでしょう。しかも、倒産しない代わりに、上場廃止リスクは低くありません。損失を抱えている状態で上場廃止とか最悪過ぎます。


ここまで指数銘柄にネガティブなことを言ったからには、明日から夜道は歩けないかもしれません(笑)。だって、世の中の多くの株式投資家は指数投資家だからです。



株価指数連動型ファンドを持ってさえいればよかった低金利・株高の黄金時代は終わり、バフェット氏のような目利き力が問われる時代に変わった――。多くの投資家はそう考えるようになっている。



上記は、日経新聞の抜粋です。私もその通りだと感じています。しかし、指数銘柄への投資は過去のものという説は、一般にはなかなか受け入れ難いのではないでしょうか。


こんな過激な意見を吐くと、各方面からお叱りを受けること必至と思います。まぁ、私が主張したところで、世の中への影響は少ないでしょうが(笑)。


しかし、せめて同業の医師だけでも、指数銘柄への妄信を解いてほしいと感じています。他人の作った指数ではなく、自らの感性を研ぎ澄ます方が有用ではないでしょうか。





管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




m3: 「投資は簡単」流行り言葉を信じてはいけない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの第54回連載企画 「投資は簡単」流行り言葉を信じてはいけない理由 が公開されました。



m3com_logo




近年の投資家界隈で人気のテーマは「シンプルな投資こそ善である」です。複雑な投資手法には近づかない方が良いというメッセージは、一般人のハートを鷲掴みにしています。


例えば、米国株のインデックス銘柄をドルコスト平均法で投資すればOKといった誰でもできそうな手法が人気を集めています。


考えてみれば、難解な手法でなければ成功できないと言われるよりも、誰でもカンタンにできます!という方が万人受けします。マーケティング的には全く正しいアプローチです。


しかし、リアルワールドにおいてこのような手法で成功している人に、私は一度もお会いしたことありません。成功者は全員、何らかのエッジを持っています。


極論すれば、教科書の内容を理解していれば医学部や東京大学に現役合格できます!と言っているのと同じです。もしくは教科書さえ読めば、THAを完璧に執刀できますとか。


そして、「シンプルな投資こそ善である」という考え方は、勉強しなくても大丈夫という誤った結論を導きがちです。本当はアタマに汗をかかなければいけないのに...


m3.comの第54回連載企画では、易きに流れる風潮に対するアンチテーゼを提示してみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




インフレ下の不動産投資は有望だがワンルームマンションはダメ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国からはインフレもピークを打った雰囲気が伝わってきます。しかし、半年~1年遅れの日本では、これからが試練の時かもしれません。


折しも、4月からは日銀も新体制入りです。緩和継続するのか YCC撤退となるのか...。金融市場が不安定化する確率が高まっています。


そんな中、ぞろぞろと活動し始めているのがワンルームマンション業者です。不動産投資はインフレに相性が良いと言いますが、実際どうなのでしょうか?



短期的には賃料の上方硬直性が不動産投資の逆風になる


意外なことに、日本では短期的にはインフレは不動産投資に逆風です。その理由は、賃料には下方硬直性だけではなく、上方硬直性も存在するからです。


賃料の「上方硬直性」とは一体何でしょうか。端的に言うと、賃料は上昇しない/しにくい性質を持っているのです。その理由は、借地借家法という法律が原因です。


借地借家法では、賃借人(入居者)は極めて厚く保護されています。賃貸人(大家さん)にとっては非人道的なほど厳しい法律ですが、家主が強かった昔の名残なのでしょう。


この法律が存在するため、インフレが発生しても賃料アップさせることはかなり厳しいです。つまり、物価が上がっても賃料だけ据え置かれる可能性が高いのです。


賃料が上がらないと、物件価格も上がりにくいです。何故なら、一時期ほどではないにしても、銀行は収益還元法(物件収益を逆算)で価格を算出する傾向にあるからです。


長期的には不動産投資は有望だが...


一方、10年スパンの長期的な目線では、不動産投資は有望です。やはり物価上昇と同じ程度には地価や物件価格も上昇する傾向にあるからです。


洋の東西を問わず、不動産で巨万の富を築いた人の多くは、好立地不動産の長期保有です。短期売買を繰り返す人は勢いがありますが、環境の変化で飛んでしまうリスクもあります。


私たちのような「素人」は、好立地不動産の長期保有を志向するべきでしょう。しかし、好立地不動産はべらぼーに高いのは事実です。都心に 1棟マンションを持つのは至難の業。


こうなってくると、好立地の投資用ワンルームマンションが候補に挙がってきます。最近の不動産業者さんのセールストークは、節税ではなくインフレ対策です。


たしかに時流に乗った素晴らしいマーケティングですが、私たち カモ は手出し無用でしょう。何故なら、インフレになっても投資用ワンルームマンションでは勝ち目無いからです。


勝ち目が無い理由は、とんでもない金額の利益が物件価格に乗っているからです。物件自体のスペックというよりも、物価価格が問題なのです。


もちろん、これ以外にも一括借り上げなので、常に首輪を付けられている状況です。しかも売却時には、実質的には販売会社経由しか選択肢が無いケースも...。


ここまでガチガチに固められているとどうにもなりません。たしかに長期的には好立地不動産投資は有望です。しかし、ワンルームマンション投資は含まないことに注意しましょう。






築古木造戸建投資マニュアル
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





起業に必須のSEO対策は不動産投資に通ずる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策をご存知でしょうか。SEO対策とは search engine optimizationの略称で、日本語で言うと検索エンジン最適化です。


検索エンジンの検索結果で、特定のウェブサイトが上位表示されるように、ウェブサイトの構成や記述を調整します。


単に勤務医をしているだけであれば不要です。しかし、開業医もしくは何らかの事業をしている人には必須の知識と言えるでしょう。


検索エンジン、具体的にはGoogleで上位表示されることは、集客において死活的に重要だからです。Googleの1ページ目に表示されない=この世に存在しない、と同義です。


事業でウェブサイトを所有している場合、秀逸なコンテンツが増えるほど雪だるま式にセッション数(訪問者数)が増加します。SEO対策は不動産投資と似ています。


ひとつひとつの物件からの収益は少なくても、たくさんの物件を所有しているとトータルでは凄まじい金額が毎月転がり込んでくるのと同じ感覚だからです。


さて、ウェブサイトのSEO対策を講じていると、たくさんのページが上位表示されるようになります。しかし、SEO対策はこれで終了ではありません。


何故なら、Googleはリアルタイム(数時間単位)でウェブサイトを評価しているからです。仮に1位表示されていても、放置していると順位が下がることは日常的に発生します。


このため、数百ある自社コンテンツの順位を毎日確認しながら、順位の下がったページに施策を講じることになります。これを延々と続けることこそが、SEO対策の要諦です。


ウェブサイト育成段階では、新規ページの作成+既存ページの監視の両面作戦を敢行しなければいけません。かなりのリソースが必要ですが、SEOを制するにはやらざるを得ません。


上位表示は全く安定的ではないことが、SEO対策で重要な点です。私が注力している領域では、1年前と比べて1ページ目の表示が全く様変わりしています。


いろいろな媒体を通じて私たちのグループが記事を複数送りこんでいる+新興勢力の台頭のため、既存のリーディングカンパニーが地盤沈下して1ページ目から消え去ったのです。


その会社もさすがに現状に気付いたようで、ウェブサイトの改修を重ねていますが、SEO対策の本質を理解していない改修のため、資金をドブに捨てている状況です。


SEO対策の世界も弱肉強食です。私たちの領域では牧歌的な世界が何年も続いていたようですが、この1年で劇的な世代交代が進行しました。トリガーは新興勢力の台頭です。


私たちのグループも、この新興勢力に負けないように玉突き的にSEO対策に全振りするようになりました。営業利益と多くのリソースを投入しての総力戦です。


客観的には私たちのグループは勝ち組ですが、とても繊細なバランスの上で立っているに過ぎません。水面下で恐ろしいほどの競争が繰り広げられている事実に愕然とします...。






管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




コラム連載で得る価値はプライスレス

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の特技は、情報を発信し続けることです。2012年から開始した当ブログは、すでに 11年にも渡って毎日更新続けています。


これほど長い期間に渡って、1日も絶やさずに書き続けてきた持久力を我ながら褒めてやりたいです(笑)。しかし継続できたことには理由があります。


それは、承認欲求の充足と実利を得られるからです。当初の実利はアフィリエイトでしたが、現在はほとんどありません。途中からマニュアル販売になり、現在も継続中です。


しかし、現時点で最大の実利は、リアルビジネスの人材集めと情報発信のスキルアップです。マニュアル販売だけなら、おそらくブログ更新は終了していると思います。


リアルビジネスでの人材集めは、不定期に募集しているアレです。一般的に医師を募集するのは容易ではありません。ところがブログを運営することで極めて容易に募集できます。


同業他社には無い圧倒的な強みであり、仮に他社が今から取り組んでも、成果が出るのに数年かかると思います。ここまで大きなエッジを捨てるわけにはいかない...。


もうひとつは情報発信スキルアップです。書き続けることで情報発信のスキルは確実に上がります。さまざまな情報発信ツールがありますが、テキストベースが最も安価で容易です。


数年すると、どうなっているか分かりませんが、全てが動画に置換されることはないでしょう。テキストベースの情報スキルを磨き続けることでビジネス上のエッジが強化されます。


そして、それなりのオウンドメディアを育成すると、商業コラム連載の声が掛かります。コラム連載によって原稿料はもちろんのこと、校正を通じてプロに「指導」してもらえます。


この指導は、何事にも代えがたいほど貴重です。何と言っても文章のプロに直接指導いただける機会などそうそうありません。しかも原稿料をいただきながら(笑)。


私は、3本のコラム連載をいただいていますが、ここで鍛えられた文章力をビジネスのオウンドメディアに惜しみなく投入しています。その効果は劇的です。


一足飛びにコラム連載は難しいと思いますが、まずは情報発信を始めることで足がかりが造れます。将来的なコラム連載を目指して頑張ってみるのも一法ではないでしょうか。






管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。