整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

フリーランス医師

フリーランスは麻酔科だけではない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、フリーランスとフリーターの違いをご存知でしょうか? ざっくり言って下記のような違いがあります。似て非なるものですね。


  • フリーランス: 得意分野の知識や技術を生かし、独立して仕事を請け負う個人事業主
  • フリーター: アルバイトやパートとして働いて生計を立てている人


医師の世界でも、一か所の医療機関に固定せずに複数の医療機関から収入を得ている医師が存在します。代表的なものとして麻酔科のフリーランス医師が有名です。


麻酔科医師は患者さんを継続的に診る必要が無いので、場所を選ばずに業務を遂行できます。このため、フリーランス医師といえば麻酔科医師というほどメジャーです。


一方、医師の世界にはフリーランス医師ではなく、フリーター医師も存在します。医師の世界でのフリーランスとフリーターの違いは下記のごとくです。


  • フリーランス医師: 専門医としてのスキルを売る
  • フリーター医師: 医師免許があれば誰でもできる仕事を扱う


専門的な技術の有無が、フリーランス医師とフリーター医師との違いです。医師であれば、一度はブラックジャックのようなフリーランス医師に憧れたことはないでしょうか?


しかし、実際にフリーランス医師になれる人や科は限られています。ほとんどは麻酔科なのですが、なんと整形外科医の中にもフリーランス医師が存在します。






ブログ主のフリーランス整形外科医先生は、私自身も直接何度もお会いしたことがあります。漠然とした世界だったフリーランス医師の世界を、赤裸々に紹介されています。


フリーランス医師になるためには、その前提条件として強力な武器となる医療技術が必要です。そしてその技術を使って、道なき道を歩んでいくイメージです。


普通の医師では経験できないことがたくさん紹介されているので、少しでもフリーランス医師に興味のある方には、おススメのサイトだと思います。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アーリーリタイア: 年金と保険の最適解は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

医師がアーリーリタイアする場合、もしくは大学医局の人事を離れてフリーランス医師に転向するに際しては、年金と健康保険も問題になります。


尚、アーリーリタイアやフリーランス医師ではなく、単に医局人事を離れて常勤医として転職する場合は、新しい勤務先の年金と健康保険に加入することになるので選択の余地がありません。


アーリーリタイアやフリーランス医師への転向に際して、
年金と健康保険はの組み合わせは下記のようなパターンとなります。


① 法人を利用して 「厚生年金+協会けんぽ」
② 個人として 「国民年金+国民健康保険」




健康保険の考え方


このうち、健康保険の考え方は非常に簡単です。何故なら保険料と給付の間に何の関係も無いため、基本的にはできるだけ保険料の安い健康保険に加入することが望まれるからです。


まず、国民健康保険(市町村国保)ですが、保険料はその世帯所得と加入者数によって決定します。世帯所得や加入者数が多ければ多いほど保険料が高くなります。


ただし、際限なく上がるわけではなく上限額が設定されています。上限額は医療分(67万円)と介護保険分(14万円)に大別され、上限額は40~64歳で計81万円、65歳以上では67万円です。


一方、協会けんぽは40~64歳の保険料率は11.70%で、上限は1698840円です。尚、自分で経営している法人を前提にしているので、169万円は折半額ではなく全額での保険料です。




年金の考え方


次に年金ですが保険料と給付に相関はあるものの、個別性が高くてシュミレーションが難しいです。また年金制度の継続性に疑義があるため、現時点のシュミレーションは意味がありません。


まず国民年金ですが、支払はシンプルで15250円/月(183000円/年)です。ただし配偶者の年金も支払う必要があるので、配偶者の居る世帯は30500円/月(366000円/年)となります。


一方、厚生年金ですが、201324円~1273728円まで標準報酬に応じて差があります。尚、厚生年金に加入していると、自動的に本人・配偶者とも国民年金にも加入していることになります。


配偶者が居る場合、厚生年金の保険料が国民年金とほぼイコールになるのは、標準報酬18万円(所得216万円)です。これよりも低い所得では厚生年金の方がトクと言えるでしょう。


※ 正確には厚生年金分の給付が上積みされるため、
   もう少し上の標準報酬でイコールになります。




管理人のお勧めパターンは?


ここまで年金と健康保険について概説しましたが、現時点での保険料の安さでは「国民年金+国民健康保険」がベストだと思います。年金の不足分は個人型確定拠出年金でカバーします。


個人型確定拠出年金は個人型401kとも呼ばれ、掛金が全額所得控除のうえ、運用益(キャピタルゲイン)は非課税なので、節税をしながら年金作りが可能です。


運用を自分で行う必要がありますが(といっても商品を選択するだけです)、私ならGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)にお任せの厚生年金よりも自分の運用能力を信用します。




結論


アーリーリタイア、もしくは大学医局の人事を離れてフリーランス医師に転向するに際して、
私なら  「  国民年金 + 国民健康保険 + 個人型確定拠出年金  」  を選択します。





                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。