整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

ペンチ

U字スプリントにも意外な弱点が...

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、足関節脱臼骨折の患者さんに外固定を施行しました。3果骨折なので、半端なくグラグラです...。手術まで数日あるので外固定を実施しました。


私は、足関節周囲の外傷ではU字スプリントを愛用しています。もちろん、今回もU字スプリントなのですが、翌日診察すると足関節の上方が当たって痛いとおっしゃられます。


確認すると、両果部の少し中枢側でU字スプリントが少々当たっていました。ここで手が止まってしまいます。U字スプリントなので調整が難しいのです。



U字スプリントではない通常のシーネの端が当たって痛い時には、私はこちらで紹介したようにペンチを用いてギプスシーネの角の部分を折るだけで済ましています。 


以前は、ギプスカッターで角取りしていましたが、粉が飛散するし時間もかかります。フェルトパッド部をめくって、ファイバーグラス部をペンチで折る方法がベストだと思います。



フェルトパッドを剥がすのが面倒なら、フェルトパッド越しにファイバーグラスを折ってもよいでしょう。 これだけでも十分に目的を達成できます。


しかし、U字スプリントでは足関節を包込むように覆っているため、本体部分の修理が難しいのです。そもそもギプスシーネでは足関節部分を圧迫することもありません。


無理矢理、U字部分を広げましたが固定性がイマイチになりました。今回の修繕に関してはギプスシーネの方が楽だったと思います。


足関節の腫脹が強くなり過ぎると、U字スプリントでは調整が困難になる...。U字スプリントの意外な落とし穴かもしれません。

 





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



U字スプリントの修理は難しい?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、腓骨遠位端裂離骨折の患者さんを診察しました。
私は足関節周囲の外傷ではU字スプリントを使用しています。


今回の方も例に漏れずU字スプリントなのですが、小柄な方のため通常のシーネでは少し幅が広すぎたようです。このため、前方部分が折り返されて下腿前方に当たって痛いとのことでした。


シーネの端が当たって痛い時には、私はこちらで紹介したようにペンチを用いてギプスシーネの角の部分を折るだけで済ましています。 


以前はギプスカッターで角取りしていましたが、粉が飛散するし時間もかかります。フェルトパッド部をめくって、ファイバーグラス部をペンチで折る方法がベストだと思います。



フェルトパッドを剥がすのが面倒なら、フェルトパッド越しにファイバーグラスを折ってもよいでしょう。 これだけでも十分に目的を達成できます。


ただし、今回の方では少し苦戦しました。 シーネの前方部分が折り返されていたため、ファイバーグラスがなかなか折れなかったのです・・・


ファイバーグラス1枚だけなら難なく折れるのですが、 折り返されて2枚になるとなかなか折れないのです。毛利元就の「3矢の教え」を地で行っています(笑)。


苦労して何とか折りましたが、今回に関しては正直言ってギプスカッターの方が楽だったと思います。U字スプリントの意外な落とし穴かもしれません。 





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



シーネの修理はペンチで充分

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のことですが90歳台後半の超高齢者の膝関節周囲骨折に対してギプスシーネを巻きました。ほぼ寝たきりの方で、骨折の転位も少なかったので保存治療を選択しました。


ほとんど動いていない方だけあって下肢の軟部組織が非常に少なく、大腿骨両顆・腓骨頭・足関節両顆などが非常に出っ張っている「るいそう」体型でした。


受傷直後は局所が腫脹しているのであまり問題無いのですが、局所の腫脹が軽減してくるとギプスシーネの角が当たって褥瘡を併発するケースが出てきます。


以前は、ギプスシーネの角が当たって褥瘡を併発しそうな場合にはギプスカッターで角取りしていました。しかし、最近はペンチを用いてギプスシーネの角の部分を折るだけで済ましています。


フェルトパッド部をめくって、ファイバーグラス部をペンチで折るのがベストですが、フェルトパッドを剥がすのが面倒なら、フェルトパッド越しにファイバーグラスを折ってもよいでしょう。


ギプスカッターで角取りするよりも、ファイバーグラスの角を折る方が時間の節約ができる上、ギプスの粉が飛散しないので後片付けも楽です。我ながらお勧めの方法だと思います。



             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



                  
 


          
DVDで学ぶ 理論と実践!治療的テーピング




シーネのカド取りは切るより折ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は外来でした。
脛骨遠位骨端離開で保存治療を行っている患児がいます。


私は、上腕骨顆上骨折や脛骨遠位骨端離開などの、隣接関節の角度を至適に保つことで整復位を維持できる可能性が高い骨折は、ギプスではなくギプスシーネ固定を選好しています。


そして、同一シーネを4~6週間利用することが多いです。このような場合、局所の腫脹が軽減してくるとギプスシーネの角が当たって痛いと訴えるケースが出てきます。


この患児もギプスシーネで保存治療をしていますが、本日の診察の際にギプスシーネの中枢側の角が下腿に当たって痛いと訴えました。皮膚が少しだけ発赤しています。


以前は、ギプスシーネの角が当たって痛い場合にはギプスカッターで角取りしていました。しかし、最近ではペンチを用いてギプスシーネの角の部分を折るだけで済ましています。


フェルトパッド部をめくって、ファイバーグラス部をペンチで折るのがベストですが、フェルトパッドを剥がすのが面倒なら、フェルトパッド越しにファイバーグラスを折ってもよいでしょう。


ギプスカッターで角取りするよりも、ファイバーグラスの角を折る方が時間の節約ができる上、ギプスの粉が飛散しないので後片付けも楽です。我ながらお勧めの方法だと思います。




             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



                  
 


          
DVDで学ぶ 理論と実践!治療的テーピング




簡単にシーネを矯正する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前は外来でした。
腓骨骨折を合併していない脛骨螺旋骨折の7歳の児を、ギプスシーネで保存治療しています。


細い足なのですが固定性を上げるために5号のオルソグラスでシーネを作成しています。ちょうど外果の部分がシーネの折り返しになるため、気をつけないとシーネが外果部に当たってしまい褥創を併発してしまいます。


この場合、外果が当たっている部分をギプスカッターで切除してもよいですが結構面倒です。そこで私はシーネが外果に当たっている部分をペンチで摘んで、部分的に”パキッと折って”います。


部分的に折るだけなので全体の固定性に影響を及ぼしません。折れたシーネの端は害が無いので、そのままフェルト下に残しておきます。こうすることで素早くギプスシーネの不具合も矯正できて外来時間を短縮できます。


ギプスの場合にはギプスカッターで圧迫部分を切除するしかないのですが、ギプスシーネの場合にはこのような簡易な方法での対応も可能です。この方法を思いついて、少しだけ外来スピードが速くなりました。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    

          
          整形外科研修ノート (研修ノートシリーズ)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。