整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

薬物治療

腰部脊柱管狭窄症に最適な薬物治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の日整会誌(Vol.89 No.10 October 2015)のJOS掲載原著論文要旨に、腰部脊柱管狭窄症の治療において症例に最適な薬剤の選択を促す という論文が紹介されていました。


著者は美濃市立美濃病院整形外科の中村正生先生です。この研究では複数指標による比較検討を同時に行えるNMatrixを用いて症例に最適な薬剤の検討を行っています。


腰部脊柱管狭窄症の薬物治療において、整形外科の日常臨床では主に下記の4製剤が処方されるケースが多いと思います。


1. PGI2 (ドルナー)
2. EPA (エパデール)
3. SGL (アンプラーグ)
4. PGE1 (オパルモン)


中村先生の研究では、PGE1は間欠性跛行を有意に改善するまでに他剤よりも長期間有すること、EPAは他剤に対して各時点で改善傾向を示すという結果でした。


この研究結果から、主訴が起立動作が困難な症例にはPGE1を、主訴が間欠性跛行の症例にはEPAを優先処方するなど、症例に最適な薬剤を選択することができると結んでいます。


今回の研究目的は、同効同種の治療法を客観的・多面的に相互比較するNMatrixの検証ですが、題材に使われた腰部脊柱管狭窄症の薬物治療でも有意義な結果が示されています。


私は、いままでEPAをあまり積極的に使用していなかったのですが、次の外来からは他の3剤に加えてEPAも症例に応じて処方していこうと思います。


       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
 一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。


                      

 症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け―経験とエビデンスに基づく適切な処方





姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。


                       


       類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる



腰痛の治療では患者教育が重要

このエントリーをはてなブックマークに追加


整形外科外来をしていると、腰痛の治療を行うことが非常に多いです。整形外科医的な疼痛治療の柱は薬物療法ですが、最近になって患者教育も重要ではないかと思うようになりました。


特に、画像診断などで腰痛の原因が特定できない非特異的腰痛ではその傾向が顕著な気がします。非特異的腰痛は腰痛疾患の85%を占めると言われています。


腰痛患者さんには安静が一番と思っている方が多いですが、非特異的腰痛では過度に安静にしているよりも、痛みに応じて普段通りの生活を行う方が治癒率が高いです。


このことから、私は非特異性腰痛の患者さんには下記のようなことを言うようにしています。
① 安静にする期間はできるだけ短い方が良い
② できる範囲で、普段通りの生活を送る方が良い
③ 痛みに応じて消炎鎮痛剤を服用してください


治療のゴールは、痛みをコントロールして普段の生活に戻ることです。無理に痛みをこらえるのではなく、消炎鎮痛剤を使用してできる範囲で普段の生活を送る方が治療成績が良いです。


ただし、治療開始後4~6週間経過しても疼痛が改善しないようなら、MRIなども検討するべきだと思います。ときどきですが、転移性脊椎腫瘍などが痛みの原因であることがありますから・・・



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。




                     


                  
Critical thinking脊椎外科



                        

慢性腰痛に対する薬物治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は、外来をしていました。
外来をしていると、いつも腰痛の患者さんが多いです。


急性腰痛にはロキソニンを処方しますが、慢性腰痛にはモービックを分1夕後に処方することが多くなりました。感覚的には60-70%程度の方に効果があるように思います。


モービックを1-2ヵ月連続処方して終了すると、そのまま痛みも軽快したままのことが多いです。
昔からある薬ですが、私の中では魔法の薬です。


モービックでも効果の無い方にはリリカも検討しようと思います。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。