整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

頚椎カラー

環軸椎回旋位固定の雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の午前中は年内最後の外来でした。
7歳の子供さんが昨日の午前から首の痛みを訴えるとのことで初診されました。


斜頚になっていたので、環軸椎回旋位固定という診断をほぼ一瞬で下せました。環軸椎回旋位固定は、環軸関節が亜脱臼の回旋変形した位置で固定されることが病態です。


外見上は斜頚位(cock robin position)を呈しています。一般的には小児に発症することが多く、上気道炎や軽微な外傷が原因となることがありますが、原因不明なことも多いです。


単純X線は開口位と側面像が重要です。開口位では環軸関節と歯突起の位置関係に左右差があります。私はCTまでは施行しないですが、回旋の状態がより分かりやすいかもしれません。


治療は介達牽引が推奨されていますが実際に外来で毎日行うことは難しい場合が多いので、私は一番小さなサイズの頚椎カラーを処方しています。


数日後に再診してもらい、十分な整復を獲得していなければ発症して1週間程度をメドにして入院での持続牽引を勧めています。


今まで外来での保存治療で整復できなかった児は幸い居なかったのですが、ふと、いざ入院となった時に頚椎持続牽引セットが病院にあるのか不安になりました。


病棟で調べてもらうと、腰椎持続牽引セットはあるが頚椎は無いとのことでした・・・。新規購入は50万円程度掛かるそうです。う~ん、整復できなければ他院に紹介するしかなさそうです。


環軸椎回旋位固定で紹介したら、紹介先のドクターから苦情が来そうです。まあ、そのときは当院には頚椎牽引セットが無いことを告白するしかないのですが、少し恥ずかしいですね(笑)。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    

          
          整形外科研修ノート (研修ノートシリーズ)


環軸椎回旋位固定

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前中は外来でした。
5歳の子供さんが昨日のお昼寝後から首の痛みを訴えるとのことで初診されました。


斜頚になっていたので、環軸椎回旋位固定という診断をほぼ一瞬で下せました。環軸椎回旋位固定は、環軸関節が亜脱臼の回旋変形した位置で固定されることが病態で、外見上は斜頚位(cock robin position)を呈しています。


一般的には小児に発症することが多く、上気道炎や軽微な外傷が原因となることがありますが、原因不明なことも多いです。単純X線は開口位と側面像が重要です。開口位では環軸関節と歯突起の位置関係に左右差があります。私はCTまでは施行しないですが、回旋の状態がより分かりやすいかもしれません。


治療は介達牽引が推奨されていますが実際に外来で毎日行うことは難しい場合が多いので、私は頚椎カラーを処方しています。数日後に再診してもらい、十分な整復を獲得していなければ発症して1週間程度をメドにして入院での持続牽引を勧めています。


今まで外来での保存治療で整復できなかった児は幸い居なかったのですが、もし整復不能なまま慢性期に突入すると、環椎が頭蓋と軸椎の間でinterlockingしてしまい整復不能になるそうです。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。