整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

T-スポット®.TB

T-SPOT陽性も潜在性結核感染症!

このエントリーをはてなブックマークに追加


2012.7月ごろにMTX投与前には結核の既往を調べるためにクォンティフェロン(QFT)/ T-スポット®.TB、胸部CTまで施行しろ!という文章が添付文書に記載されてしまいました。


これは某大手製薬会社の
保身による暴挙なのですが、未だにQFTやT-SPOT陽性例では副作用の強い抗結核療法を全例に施行しなければいけない状況が続いています。


先日もT-SPOTのみ陽性で胸部CTで所見の無い患者さんに対して、イソニアジド(INH)の単独予防投与を開始しました。何となく患者さんに対する罪悪感を感じます・・・。


抗結核剤の予防投与は、イソニアジド(INH)の単独予防投与です。末梢神経障害や視神経炎などの中枢神経障害予防のため、ビタミンB6製剤も併用することを忘れてはいけません。


通常、イソニアジドは6~9ヶ月投与します。法的にはT-SPOTのみ陽性で胸部CTで所見の無い患者さんに対して抗結核剤の予防投与を行う場合も「潜在性結核感染症」になるそうです。


この場合、保健所に結核発生届をしなければいけません。届出をすると抗結核療法の公的補助を受けることが可能です。しかし、T-SPOTが陽性なだけで、ここまでしないといけないとは・・・



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                            関節リウマチ治療実践バイブル


関節リウマチ: 新しい結核診断法 T-スポット®.TB の有用性

このエントリーをはてなブックマークに追加


関節リウマチの治療において結核の除外診断は必須ですが、日本ではBCGの影響でツベルクリン反応があまり意味のある検査ではありません。したがって、クォンティフェロン(QFT)を施行している施設が多いと思います。そして、2012.11.13からT-スポット®.TBが利用可能になりました。


従来のQFTは採血後に速やかに検査をする必要があります。したがって予約検査となる施設が多く、使い勝手が悪い印象でした。これに対してT-スポット®.TB は、採血後32時間まで検査が可能なため、平日なら予約なしで施行可能です。


T-スポット®.TBは、結核菌やBCGワクチン以外のほとんどの抗酸菌とは交差性を示しません。T-スポット®.TBの感度は97.5%・特異度は99.1%と報告されています。QFTは感度が90%台前半・特異度は99%です。したがって、T-スポット®.TBの特異度はQFTと同等で、感度はQFTを上回ります。注意点はQFTと同様で、結核の既感染でも陽性となることです。


気になる保険点数ですが、初回630点なのでQFTと同額です。手技の簡便さや良好な感度を考えると、今後急速に普及するだろうと思われます。関節リウマチの診療においても有用なツールの登場ですね。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                            関節リウマチ治療実践バイブル


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

30歳代で経済的自由を達成した医師起業家です。 年商10億円企業を目指して日夜奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。